【サザン・ルネッサンス】

強力なコスト軽減手札補充能力を持つ《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》を軸に据えて、ウィニーの大量展開によって勝利するデッキ
デッキカラーは基本的に白単ないし白青で構成される場合が多い。

【白単速攻】とコンセプトは似通っているが、こちらはコントロール寄りの構成であり寧ろ【ジェスターソード】に近い。

ドレミ団を主軸とする場合はそのまま「ドレミ団」という名前で呼ばれる。

共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス VR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 7000
ブロッカー
シンパシー:光のコスト3以下のクリーチャー(このクリーチャーの召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分の光のコスト3以下のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない)
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の光のコスト3以下のクリーチャー1体につき、カードを1枚引いてもよい。
W・ブレイカー

《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》コスト3以下のクリーチャーの数だけコスト軽減され、cipでその数だけドローできる。この能力はそれぞれシナジーしており、ウィニーを大量展開する戦術と非常に相性がいい。

《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》能力を最大限に活かすために文明を軸に組まれる。ウィニーを並べることに成功したならば、そのまま一斉に殴るか、《ダイヤモンド・ソード》を撃ってとどめを刺す。

DMD-23を元にして、S・トリガーを多めに入れた【トリガービート】のような構成にするのもいい。

主要カード

コスト3以下の光クリーチャー候補

その他クリーチャー候補

水文明

多色

呪文候補

進化の候補

超次元関連

このデッキの使い方

序盤からの小型を展開し、《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》シンパシー元を確保する。

以外の呪文を重くする《剛厳の使徒シュライバー》ブロッカーパンプアップする《光陣の使徒ムルムル》cipドローできる《ガガ・ピカリャン》など、選択肢は多い。特に《一撃奪取 アクロアイト》コスト軽減し、《栄光の翼 バロンアルデ》は条件付きマナブーストが可能。《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》をテンポ良く出すのに役立つ。

この他、《導きの精霊龍 サリヴァン》で更なる展開を行ったり、《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》を出してフリーズするなどしてバトルゾーン制圧する。《無敵城 シルヴァー・グローリー》要塞化するだけでも十分に強烈である。

DMD-23をベースにするならば、《聖霊龍王 ミラクルスター》などの進化クリーチャーを出して殴るのでもいいだろう。《聖球 シルドアイト》《守護聖天タテブエ・ヤッホー》を使えば自分のシールドを増やせるので、粘り強く戦うことができる。

最後に並べたクリーチャーで一斉攻撃してフィニッシュ。攻撃できないブロッカーが多いならば《ダイヤモンド・ソード》を撃ち込めばよい。

《時の法皇 ミラダンテXII》の登場以降は、1コストクリーチャーから繋いで最速で3ターン目に《ミラダンテXII》に革命チェンジしてそのまま相手の召喚を封じつつ殴り切る、というコンセプトでデッキを組むことも可能になった。

DMRP-04裁期の【サザン・ルネッサンス】では《光牙忍ライデン》《タイム3 シド》の複合でタップキルを行うという、【ジョーカーズ】を仮想敵に定めた構築が一般化している。《光牙忍ライデン》ニンジャ・ストライクで打点計算を狂わせることができるので無駄が無い。

このデッキの弱点

【白青コントロール】で組む場合、マナブーストが難しいので、早いデッキに対しては出遅れがち。《マナ・クライシス》などを喰らうと、もたもたしているうちに《解体人形ジェニー》などのハンデスで動きを止められることもある。

ウィニーが多いデッキなので全体除去に弱い。《ボルシャック・スーパーヒーロー》《猛虎ライガー・ブレード》の他、《暴走龍 5000GT》を出されると致命傷になり得る。ブロッカーが多くなるので《超爆デュエル・ファイアー》《熱血龍 GENJI・XXX》などを使う相手も苦手である。

また、全体的にパワーラインが低く、そこそこ中型サイズのブロッカーが出るだけで大きく減速してしまう。攻撃を通そうとしたら、タップフリーズに頼り切るしかない。


【白緑サザン】

【白緑メタリカ】の登場以降、白緑メタリカの機構をベースとしつつメタリカの枠をそのまま、メタリカには存在しない光の1コストクリーチャーに入れ替えたタイプのデッキが生まれている。《一番隊 クリスタ》のコスト軽減ありきである【白緑メタリカ】とは、1コストクリーチャーがコスト軽減を必要としない点で差別化している。

《龍装者 バーナイン》のような手頃なサイズの置きドローソースを持たず、《共鳴の精霊龍 サザン・ルネッサンス》と《ジャスト・ラビリンス》を頼りにドローするため、プレイングは【白緑メタリカ】よりも難しい。

場持ちの良さを優先して《星珠の守護者パラ・プロキオン》《白金の守護者ラ・ブール》などのデメリットや条件が付くがそれに目を瞑ればパワーが2000のラインを超えるプレイヤー攻撃制限ブロッカーを主軸としてメタをカットした構築、攻撃可能クリーチャーを主軸としてオーソドックスなサザン・ルネッサンスに寄せた構築などが存在する。


その他

  • 「全国大会2014デュエマ甲子園 日本一決定戦」オープンクラス準優勝の実績を残したほか、「デュエル・マスターズ全国大会2016革命ファイナルカップ 日本一決定戦」ではベスト8の内2人が使用していた。

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 01:11:33