【ペテルギウス・ファイナルキャノン】

《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》特有の能力であるメガメテオバーン6を使うことを目指すデッキ

超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン SR 水文明 (6)
進化クリーチャー:フェニックス 15000
進化GV−自分のグレートメカオー、グランド・デビル、ポセイディア・ドラゴンのいずれか3体を重ねた上に置く。
自分の他のクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにこのクリーチャーの下に置いてもよい。
メガメテオバーン6:このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを6枚、墓地に置いてもよい。そうした場合、相手はバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーすべてとマナゾーンにあるカードすべてを手札に戻す。
T・ブレイカー

時空工兵タイムチェンジャー R 水文明 (3)
クリーチャー:グレートメカオー 2000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の進化クリーチャーを1体選ぶ。そうした場合、自分の山札を見てその中からクリーチャーを2体まで選び、相手に見せてから、選んだ進化クリーチャーの下に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。

ブロッカーと軽量進化クリーチャーに恵まれ、《時空工兵タイムチェンジャー》を有するグレートメカオーを中心に、サポートとしていくつかのグランド・デビルを取り入れて組まれることが多い。

《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》除去耐性がないため、デッキの大半は召喚したターン中か、遅くとも次のターンメガメテオバーン6を使うことを目的に組まれる。
主な方法としては、

メガメテオバーン6は片手間で使用できる能力ではないため、基本的にデッキの勝ち筋はメガメテオバーン6だけであり、ハンデスランデスを初めとした妨害、あるいは進化元を根こそぎ奪う全体除去などに打たれ弱いのが難点で、この部分への対策をいかに補強するかが最も重要といえる。

《ペトリアル・フレーム》クロスしておけば、ある程度の除去耐性を付加できるため、安心してメガメテオバーン6を使用する準備を進められる。デッキの構成に応じて投入を検討しても良いだろう。

非常に手間がかかるが、メガメテオバーン6さえ使用できればよほどのことがない限り負けることはない。一瞬にしてバトルゾーンマナゾーンにある相手のカードが空になるのは非常に豪快かつ爽快で、一度経験する価値のある能力といえる。

参考


Last-modified: 2018-11-11 (日) 00:53:58