【ヤサカノフカランデス】

相手の山札をごっそりと墓地に送る、強烈な山札破壊能力を持つオリジンクリーチャー《猛菌魚雷ヤサカノフカ》フィニッシャーとしたランデスデッキ

猛菌魚雷ヤサカノフカ UC 水文明 (6)
クリーチャー:サイバー・ウィルス/ゲル・フィッシュ/オリジン 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
ブレイク・ボーナス
BB−相手は自身の山札の上から4枚を墓地に置く。

基本的にランデスハンデスにより相手の行動を封じてからヤサカノフカでライブラリアウトを狙いつつ、状況によっては殴り勝つデッキであるため、【黒ランデス】の亜種といった趣の構成になる。

本来の黒ランデスとの違いは、フィニッシュ手段の多様性、《解体人形ジェニー》より《パクリオ》が優先されること、カードパワーが通常より低めになるということ等が挙げられる。

墓地肥やしの基本は《カラフル・ダンス》《ダンディ・ナスオ》《エマージェンシー・タイフーン》など山札を消費しての肥やしのため、《パクリオ》等墓地以外へのハンデスを主としていることも含めリアニメイト系のギミックが投入されたデッキには好相性を誇る。反面、かなり早くから決着をつけていく【速攻】ビートダウン系のデッキにはヤサカノフカの能力が無意味になることも多く、元の【黒ランデス】より更に苦手な傾向にある。

主要カード

《猛菌魚雷ヤサカノフカ》フィニッシャー
《パクリオ》相手のシノビを封じつつ安全なシールドを作る
《バキューム・クロウラー》パクリオやランデスクリーチャーを回す
《フェアリー・ライフ》【速攻】への耐性も兼ねて《青銅の鎧》より優先
《龍神メタル》ランデスカード、状況によりフィニッシャーにも
《龍神ヘヴィ》龍神メタルと合わせて
《コーライル》ヤサカノフカと合わせると強力な除去カードに

参考


Last-modified: 2018-11-08 (木) 00:53:22