【ロック“SPK(スピーク)”スピーカー】

《ロック“SPK”スピーカー》ツインパクトカードの特性を組み合わせたコスト踏み倒しデッキ。
基本的に、もしくは赤白のどちらかにをタッチして組まれる。

概要

《ロック“SPK”スピーカー》の能力でツインパクトカードがめくれた場合、最初のコスト判定時にクリーチャー呪文どちらのコストを参照にしても良い裁定を基に、主に低コストの呪文側を参照に見せたクリーチャーをすべて踏み倒せる。
それを利用して、デッキの《ロック“SPK”スピーカー》以外のカードをコスト2以下にする事で、ほぼ毎回コスト踏み倒しを行うことができる。

ロック“SPK”スピーカー VR 火文明 (4)
クリーチャー:ビートジョッキー 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。この3枚のコストの合計が6以下なら、その中のクリーチャーをすべてタップしてバトルゾーンに出す。その後、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。

ケタノッコ・タンク C 自然文明 (8)
クリーチャー:グランセクト 13000
T・ブレイカー
ケタノビール・ランサー C 自然文明 (1)
呪文
このターン、自分のクリーチャー1体のパワーを+4000する。

ヘブンズ・フォース UC 光文明 (2)
呪文
S・トリガー
コストの合計が4以下になるように、好きな数の進化ではないクリーチャーを自分の手札からバトルゾーンに出す。

主要カード

《ロック“SPK”スピーカー》核。合計コスト6以下ならクリーチャーを踏み倒せる
《ヘブンズ・フォース》2ターン目に《ロック“SPK”スピーカー》を踏み倒す

候補カード

コスト1

《卍 ギ・ルーギリン 卍/卍獄ブレイン》自分のクリーチャーアンブロッカブル
《キリモミ・チュリス/キリモミ昇チュー拳》《スピーカー》で踏み倒せる最軽量W・ブレイカーのツインパクト
《ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー》《スピーカー》で踏み倒せる最軽量T・ブレイカーのツインパクト
《フンバルさん/フンバ・フライ・ダイ》S・トリガークリーチャーにして最軽量火力持ち
《アクア忍者 ライヤ》もう一度《スピーカー》の能力を使う
《フェアリー・ギフト》5枚目の《ヘブンズ・フォース》として
《凶戦士ブレイズ・クロー》速攻でお馴染み最軽量アタッカー
《予言者クルト》
《赤攻銀 カ・ダブラ》デメリット持ちの光W・ブレイカー

コスト2

コスト3

基本的に事故要因になるので採用する場合は1コストクリーチャーを多めに入れる必要がある。

《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》クリーチャー側、呪文側ともに優秀なツインパクト
《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》呪文封殺、呪文側はほぼ役に立たない
《偽りの名 13/種族選別》《スピーカー》で呼べる中では最大サイズ、呪文側も悪くはない

このデッキの回し方

2ターン目に《ヘブンズ・フォース》を使い、《ロック“SPK”スピーカー》を踏み倒す。能力で《ケタノッコ・タンク/ケタノビール・ランサー》もしくは《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》を2体以上並べたらそれらで押し切ってしまおう。

長所

早期にW・ブレイカーT・ブレイカーが大量に並ぶため、一度《ロック“SPK”スピーカー》を着地させると次のターンにはダイレクトアタックまで持っていくことができる。
構築費が比較的安く済むのも利点。

短所

基本的に自身のターンにコスト踏み倒し能力を使うため、《異端流し オニカマス》《洗脳センノー》《オリオティス・ジャッジ》などを使うデッキと相性が悪い。
手札補充も乏しい為、除去されきってしまうとそれっきりになることも多い。
除去能力も優れてはいない為、コスト踏み倒しメタなど厄介なクリーチャーを出されると排除困難となる。

参考