【超次元GENJIビート】

《爆竜 GENJI・XX》超次元呪文から展開される強力なサイキック・クリーチャーを駆使したビートダウン自然で組まれるのが一般的だが、サイドカラーをまたはにした変則的なものも存在する。

爆竜 GENJI(ゲンジ)・XX VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/フレイム・コマンド/サムライ 7000
K・ソウル
スピードアタッカー
このクリーチャーが攻撃する時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。
W・ブレイカー

変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード UC 水文明 (7)
サイキック・クリーチャー:サイバー・コマンド 5000
このクリーチャーはブロックされない。
バトルゾーンにある自分のクリーチャーを相手が選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃してもよい)
覚醒前⇒《時空の英雄アンタッチャブル》

デッキの流れは、《青銅の鎧》などのマナブーストから各種超次元呪文に繋ぎサイキック・クリーチャーを展開。流れるように強力なフィニッシャー《爆竜 GENJI・XX》で殴りかかる。
同じ【青赤緑ビートダウン】である【マルコビート】と比べると、アタッカーの質や量に優れている点、進化元が不要なので、その分のスペースを自由に扱える点(基本的にS・トリガー獣が入る)で優れている。

主要カード

《爆竜 GENJI・XX》主力アタッカー。
《超次元シューティング・ホール》主力 ガイアール・カイザーにアクセス
《超次元エナジー・ホール》主力 アンタッチャブル・パワードに直アクセスできる
各種超次元呪文好みに合わせて
《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》等各種サイキック・クリーチャー
《クゥリャン》手札補充持ちクリーチャー
《アクア・ハルカス》
《青銅の鎧》定番ブースト獣
《シビレアシダケ》軽量ブースト獣
《幻緑の双月》
《大冒犬ヤッタルワン》
《霞み妖精ジャスミン》手札消費を気にする場合はこちら
《フェアリー・ライフ》

候補カード

コストパフォーマンスに優れたカードを惜しむことなくデッキに搭載でき、一時はメタゲームに大きく食い込んだものの、やはり【ドロマー超次元】の執拗なハンデスに対処することが難しく、また主力の《爆竜 GENJI・XX》によって突破することが困難な《時空の支配者ディアボロス Z》の登場により、一線からはやや退いた形になる。
しかし2011年7月23日から《時空の支配者ディアボロス Z》《超次元バイス・ホール》とのプレミアム殿堂超次元コンビに指定された点、さらには《超次元シューティング・ホール》から呼び出すことができる強力なサイキック・クリーチャー《ガイアール・カイザー》の登場により、再び活躍の場を広げた。

色が合うため《ボルバルザーク・エクス》《サイバー・N・ワールド》等のカードが追加される場合も多々ある。そちらに軸を置き、マナカーブ等を見直したデッキが【Nエクス】

対策

超次元呪文の詠唱を阻止しようにも、《聖霊王アルカディアス》《聖鎧亜クイーン・アルカディアス》は共にコストが6なので間に合わないことが多い。その上、相手のGENJIに対しては何の対策にもならず、有効な対策とは言えない。(一応両者共にGENJIへ殴り返すことはできるが)

効果的なものとしてハンデスが挙げられる。青赤緑墓地回収を苦手とする色であり、《シビレアシダケ》《幻緑の双月》などの「手札マナに変換する能力」に対する妨害も同時にこなすことができる。マナブーストの妨害には軽量ハンデス、GENJIのような主力カードの破壊にはピーピングハンデスのように使い分けて対処したい。

参考


Last-modified: 2018-11-07 (水) 23:53:37