【転生サイクリカ】

《転生プログラム》《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の組み合わせを活かしたデッキタイプである。
【超次元転生】の派生形で、メインデッキのクリーチャー《龍素記号Sr スペルサイクリカ》のみに絞り、他のクリーチャーの枠を7コスト以下の多種多様な強力呪文に置き換えている。

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》4枚以外のスロットをすべて呪文に割くと、《転生プログラム》を一度撃つだけで墓地に多彩な呪文を落とした上で《サイクリカ》の能力を使うことができる。
すなわち、状況に即した強力呪文をほぼ確実に撃つことができる。【超次元転生】と同様の流れで《サイクリカ》を出す流れを作れれば、最速4ターンで《ロスト・ソウル》《ガンヴィート・ブラスター》《超次元ガード・ホール》《超次元ロマノフ・ホール》《英知と追撃の宝剣》などのラインナップの中から好きに撃つことができる。

もしお望みの呪文がまだ落ちていなかったとしても、最低限《転生プログラム》だけは墓地に置かれているはずであり、《ロジック・サークル》によって原則山札の中身は事前に把握済みであるため、出す呪文に困るということはまずあり得ない。
一度でも成功すれば、相手はズタボロの状況に陥る。相手が陣営を立て直す前に各種呪文で妨害を繰り返し、《超次元エクストラ・ホール》《超次元ドラヴィタ・ホール》を使い回して、相手のライブラリアウトを待つのが理想的なフィニッシュである。

弱点としては【超次元転生】と同様、踏み台となる《時空の英雄アンタッチャブル》が維持できなくなる《ローズ・キャッスル》、および《ロジック・サークル》で呼び出された《転生プログラム》を序盤からピーピングハンデス可能な《マインド・リセット》《ヤミノカムスター》など。先に対策を取られるとマナを増やすまでに動きが大幅に鈍化し、その隙に《ヴォルグ・サンダー》を撃ち込まれようものなら悲惨。最低限の対策は必要であろう。呪文が主体を占めるため、各種呪文メタも当然厳しい。
また、最速でオールハンデスするという動きを鈍化させるという意味では、呪文アンタッチャブルを持つハンデス対策の《墓守の鐘ベルリン》もやや厳しい。
《デュエマの鬼!キクチ師範代》などで最速の《転生プログラム》を防がれることもある。その場合は、逆に相手の《デュエマの鬼!キクチ師範代》を利用して自分のライブラリアウトを防ぐプレイングに移行するのも一つの手である。

主要カード

候補カード

参考


Last-modified: 2018-11-12 (月) 00:34:15