エターナル呪文(じゅもん)

DM-11で登場した、「エターナル」の名を持つ多色呪文の通称。
「○○と××の△△」というのは多色呪文命名ルールだが、その読み仮名として「エターナル・〜」と付くカード群を指す。

DM-11のものは、いずれもスーパーレアベリーレアという高レアリティサイクルである。
それ以降に登場したエターナル呪文はこれらを名前だけオマージュしたものであることから、DM-11のものだけをエターナル呪文と呼ぶ事も多い。

魂と記憶の盾(エターナル・ガード) VR 光/水文明 (3)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
バトルゾーンにある、進化ではないクリーチャーを1体選び、裏向きにして、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに加える。
※殿堂入り

破壊と誕生の神殿(エターナル・サンクチュアリ) SR 火/自然文明 (6)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
パワー5000以下の相手のクリーチャーを1体破壊する。相手がそのクリーチャーを墓地に置いた時、自分の山札を見る。その中から、墓地に置かれた相手のクリーチャーとコストが同じクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。

どのカードも性能はバラバラであり、「エターナル」の名を持つ多色呪文である以外には特に共通点は無い。

ただし、聖拳編カードらしくどのカードスペックは高い。中でも《魂と記憶の盾》《英知と追撃の宝剣》に関しては、前者は低コストで干渉しづらいシールドに除去でき、後者は相手の4枚のカードに干渉できるという高いスペックから殿堂入りとなった。

他には、除去リクルートを行う《破壊と誕生の神殿》、相手のシールドを自分の枚数と同じにしてしまう《憎悪と怒りの獄門》、指定した文明クリーチャー攻撃できないようにする《調和と繁栄の罠》が存在する。

数少ないベリーレア以上の呪文であり、漢字で連なるカード名のかっこよさから現在でも人気は高い。
マナゾーンに埋めれば色稼ぎに使えるという利点もあり、ゲームでの利便性も高い。今後も多くのデッキで使われていくだろう。

エターナル呪文の一覧

参考


Last-modified: 2018-12-04 (火) 17:32:17