ターンエンド

(相手のターン終了ステップ*1
(相手のターン開始ステップ*3
ターン開始ステップ
ドローステップ*2
マナチャージステップ
メインステップ
攻撃ステップ
攻撃クリーチャー指定ステップ
ブロッククリーチャー指定ステップ
バトルステップダイレクトアタックステップ
(ダイレクトアタック/シールドブレイク)
攻撃終了ステップ
ターン終了ステップ

ターン最後のステップ。公式では「ターン終了ステップ」と呼称され、アタックステップの後に行われる。

基本的には自分のターンの終了を宣言し、相手にターンを渡すだけのステップであり、カードのやり取りは伴わない。

ただし、カード能力には「ターンの終わりに誘発する」「ターンの終わりまで有効」といったものが存在し、これらが絡んでくると話は違ってくる。

このステップの詳細な流れは以下の通り。

  1. ターンの終わりに」誘発する能力を解決する。
  2. 1によって誘発した能力が誘発するなどした場合、それを解決し、新しく能力が誘発した場合、これを繰り返す。
  3. 「このターン」または「ターンの終わりまで」の効果を終了する。
  4. 3によって新たな処理を行う場合、それを行う。これによって「ターンの終わりに」誘発する能力が新たに生成した場合、2へ戻る。
  5. 相手のターン開始(→相手ターン開始ステップへの移行)となる。

例えば、

  1. 自分のターンの終わりに、《時空の斬将オルゼキア》覚醒させる
  2. このとき、《魔刻の覚醒者 G・オルゼキア》能力で2ハンデス
  3. 《クエイク・ゲート》によりパワーが上がっていた《スピア・ルピア》が相手の《ローズ・キャッスル》により破壊
  4. 《スピア・ルピア》pigで自分の山札から《黒神龍ジャグラヴィーン》サーチ
  5. 相手のターン

ここに絡んでくるカードの数が多いほど処理はややこしくなっていくので、よく順番を確認しておきたい。

「ターンの終わりに」能力のタイミングについて

  • よく勘違いされがちだが、このステップ時にバトルゾーンに出た「ターンの終わりに〜」能力を使うことができない。
    この手の能力はこのステップが始まるまでにバトルゾーンに出ている必要がある。ただし、ターンエンド時に条件を満たす場合はその効果を使うことができる。
    例えば、
    1. 自分のターンの終わりまでに《煉獄刃 ヘルフエズ》を装備したクリーチャーと他のクリーチャー4体。そして《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》がバトルゾーンにある。(このステップまでに相手のクリーチャーを破壊していないと仮定する)
    2. 《ウェルカム・ヘル》が龍解条件を満たしている為、《ヘルフエズ》を装備したクリーチャーを残しつつ龍解。
    3. 龍解時、《極・魔壊王 デスゴロス》の能力により相手のクリーチャーが破壊される。
    4. 相手のクリーチャーが破壊されたことにより、《ヘルフエズ》の龍解条件を満たしたため龍解。
    はできるが、
    逆に《Dの地獄 ハリデルベルグ》がある状態で
    1. 自分のターンの終わりまでに《煉獄刃 ヘルフエズ》を装備したクリーチャーと他のクリーチャー3体。そして《極魔王殿 ウェルカム・ヘル》がバトルゾーンにある。(このステップまでに相手のクリーチャーを破壊していないと仮定する)
    2. 《ウェルカム・ヘル》が龍解条件を満たしている為、《ヘルフエズ》を装備したクリーチャーを含めて破壊して龍解。
    3. 龍解時、《極・魔壊王 デスゴロス》の能力により相手のクリーチャーが破壊される。
    4. そのあと《ハリデルベルグ》のDスイッチを起動。
    5. このターン破壊された《ヘルフエズ》を装備していたクリーチャーを含めた4体がバトルゾーンに。
    6. 《ヘルフエズ》を装備していたクリーチャーもう一度《ヘルフエズ》を装備。

《ヘルフエズ》の龍解条件は満たしているように見えるが、ターンエンド時にバトルゾーンを一度離れているので実際には龍解できない。

その他

  • 「ターンの終わりに」誘発する能力を持ったカードを使っている場合、ターン終了を宣言しているにもかかわらずアクティブ・プレイヤー側の処理を続行することになるため若干ややこしくなる。

参考


*1 ただし、エクストラターンを得ていた場合はこの限りではない。
*2 先攻の最初のターンのみ、このステップは存在しない。
*3 ただし、エクストラターンを得ている場合はこの限りではない。