デッキ進化

DM-32で登場したキーワード能力
自分の山札の上から1枚目を表向きにし、そのカードクリーチャーであれば、そのカードの上に重ねつつバトルゾーンに出す。クリーチャーでない場合、バトルゾーンには出ずに手札に戻る。
神化編のみの登場で数は少ないが、どれも文明単色である。

超竜B(ボルメテウス)クリムゾン P 火文明 (8)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 9000
デッキ進化−自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードがクリーチャーであれば、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。そのカードがクリーチャー以外であれば、このクリーチャーを自分の手札に戻す。
自分のファイアー・バードがシールドをブレイクする時、そのシールドを見る。そのシールドに「S・トリガー」が付いていれば、相手の手札に加えるかわりに墓地に置く。「S・トリガー」が付いていない場合、相手はそれを手札に加える。
W・ブレイカー

山札の一番上にあるカード進化元に使うこと以外に関しては、通常の進化クリーチャーと同じである。

カードクリーチャーでなかった場合、バトルゾーンには出せず、手札に戻る。このルールは「手札から召喚する場合」以外(「手札以外から召喚する場合」や「手札から直接バトルゾーンに出す場合」)でも適用される。例えば、何らかの能力墓地から場に出す場合に山札の一番上がクリーチャー以外ならば、墓地から手札に戻ることになる。

なお、表向きにしたカードクリーチャーではなくバトルゾーンに出なかった場合でも、支払ったコストは戻らない

  • DMR-19より登場した革命0トリガー持ち進化クリーチャーも革命0トリガー宣言時にデッキトップ1枚目から進化元を用意する。デッキ進化との相違点として進化元のcipを使用できる、革命0トリガー以外の時は通常の進化となるなどがある。

参考


Last-modified: 2018-08-29 (水) 23:51:15