ブレイク・ボーナス

攻撃終了時に攻撃したクリーチャーバトルゾーンに残っていれば、その攻撃中にブレイクしたシールドの枚数だけ効果を使える能力。このwikiでは効果を"BB"と表記する。

猛菌魚雷ヤサカノフカ UC 水文明 (6)
クリーチャー:サイバー・ウィルス/ゲル・フィッシュ/オリジン 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
ブレイク・ボーナス(このクリーチャーが攻撃し終わった時、このクリーチャーがまだバトルゾーンにあれば、その攻撃中にブレイクしたシールド1枚につき、次のBB能力を1回使ってもよい)
BB−相手は自身の山札の上から4枚を墓地に置く。

DM-33で登場した能力。能力を発動させるためにはシールドをブレイクする必要があるため、相手の手札を増やしたくないときや、相手のシールドが無いときにはほぼ使えなくなってしまう。
また、ブロックされたり、S・トリガーシノビ除去されてしまっても能力は発動できず、総じて使いにくい面が目立つ。安定して活躍させたいなら、最低でも《ペトリアル・フレーム》《インビジブル・スーツ》は必須。

今のところ、メタに強力に食い込めそうなカードは少ないが、今後の新カード次第では化けるかもしれない。

しかし、これらのクリーチャーがシールドをブレイクしたシールドトリガーで《デーモン・ハンド》などが飛んできたとき、能力が使われるのがイヤという理由でこれらのクリーチャーが狙われやすくなるため、他のクリーチャーへの身代わりとオトリになってくれる。
同様に、相手のブロックを誘うブラフとしても機能する。そのためだけに採用するのは無駄が大きいが、無理なく組み込めるデッキではプレイングの幅が広がるだろう。

  • 現在ブレイク・ボーナスを持つクリーチャーはすべてW・ブレイカー以上を持つため、通りさえすれば2回以上能力を発動できる。そもそも1枚しかブレイクできなければ「このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかったとき」に勝る点が無くなってしまうため当然とも言えるが。
  • ブレイク・ボーナスという名前はハッタリが効いて強そうではあるが、基本的に発動条件は《聖剣炎獣バーレスク》《極仙龍バイオレンス・サンダー》などに代表される「このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかったとき」の下位能力でしかない。
    そちらもそもそもアタックトリガーの下位能力であると考えると、かなり大きなリターンがなければ到底実戦レベルとは言えないだろう。
    しかし、成功したときのリターンはアタックトリガー以上に大きいため、いかに成功させるかがプレーヤーの腕の見せ所である。
  • 《超銀河剣 THE FINAL》などのシールドブレイク枚数を増やす効果を持つカードや、《パクリオ》などの相手のシールドを増やしてしまうカードと相性がいい。ただし、《超銀河剣 THE FINAL》でブレイクした自分自身のシールドの枚数は反映されない。

参考


公式Q&A

Q.ブレイク・ボーナスを持つクリーチャーが攻撃中、S・トリガーなどでバトルゾーンを離れた場合、ブレイク・ボーナスは使えますか?
A.使えません。ブレイク・ボーナスは攻撃が終わった時に発動する能力なので、その時点でクリーチャーがいなければ使えません。


Last-modified: 2018-10-28 (日) 23:05:07