メガ・コマンド・ドラゴン

DMR-16真で初登場した種族

レッド・コマンド・ドラゴンガイアール・コマンド・ドラゴンに続いて登場した3つ目のコマンド・ドラゴン
進化クリーチャーが主な種族で、非進化はDMR-17の時点で《メガ・マナロック・ドラゴン》しかいなかったが、DMR-18で一気に増えた。現時点ではほとんどが単種族であるか、革命軍との多種族であり、一部にハムカツ団を併せ持つものがいる。

命名ルールは非進化は革命軍の有無にかかわらず「メガ・○○○・ドラゴン」。
進化は革命軍があると「革命龍 ○○○」、革命軍を持ってない場合「ゴウ・○○○(ド)ラゴン」となる。
「ドギラゴン」の名を持つドラゴンはこれらの命名ルールの例外となる。
DMR-21にて多色での冠詞が「激龍」と判明。

ボルシャック・ドギラゴン LC 火文明 (7)
進化クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍 12000
革命0トリガー―クリーチャーが自分を攻撃する時、自分のシールドが1枚もなければ、このクリーチャーを手札から見せてもよい。そうしたら、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードが火の進化ではないクリーチャーなら、バトルゾーンに出し、このクリーチャーをその上に置く。
進化−自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

メガ・マナロック・ドラゴン SR 火文明 (6)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、相手のマナゾーンから光、水、闇、火、自然のカードをそれぞれ1枚ずつ選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、それらのカードはアンタップしない。

蒼き団長 ドギラゴン剣(バスター) LC 火/自然文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 13000
革命チェンジ―火または自然のコスト5以上のドラゴン
自分の多色クリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。
T・ブレイカー
ファイナル革命―このクリーチャーが「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た時、そのターン中に他の「ファイナル革命」をまだ使っていなければ、コストの合計が6以下になるよう、進化ではない多色クリーチャーを好きな数、自分のマナゾーンまたは手札から選び、バトルゾーンに出す。

革命編での主力だけに、種族の大部分を占める進化クリーチャーのほとんどが革命能力を持ち、シールドが減ることにより高いコストパフォーマンスを発揮する。逆に言えば、革命条件を満たしていない状態ではほとんどが準バニラとなってしまう。
非進化のものはメタカード色の強いものが多い。

メガ・コマンド・ドラゴンの進化

参考