ネ申(カリスマ)・マニフェスト》 [編集]

ネ申・マニフェスト VR 水文明 (3)
クリーチャー:トリックス/レクスターズ 2000
このクリーチャーが出た時、カードを3枚引き、その後、自分の手札を2枚捨てる。
シンカパワー:このクリーチャーが進化する時、次の自分のターンのはじめまで、このクリーチャーはブロックされず、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。

DMRP-17で登場したトリックス/レクスターズ

cip《サイバー・チューン》と同等の手札交換ができる。シンカパワーアンブロッカブルアンタッチャブル得る

シンカパワーを考慮しなくとも、《フェイト・カーペンター》よりドローできる枚数が1枚増え、パワーも1000上がった上位互換強制ドローする枚数が1枚増えたことはデメリットにもなり得るため、厳密には《フェイト・カーペンター》の方にも差別化点が存在するが、実際のところこのカードの登場により《フェイト・カーペンター》は5枚目以降のこちらという立ち位置となったであろう。

1枚で手札交換墓地肥やしの役割をこなしつつクリーチャーバトルゾーンに残せる。コスト3のクリーチャーでありながらcipコスト3呪文と同等の効果が使えるため、そのコストパフォーマンスは凄まじい。

【墓地ソース】ではクリーチャーが付いている時点で《サイバー・チューン》より優先されるが、3コストとなると文明違いだが《龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢》という鉄板の存在が大きい。

似た手札交換手段には《*/弐幻サンドロニア/*》がある。あちらは進化とは無関係なデッキでも使える様々な効果を持つが、オーラであるためメタカードの影響を受けやすく、安定性に劣る。
オリジナルでは《*/弐幻サンドロニア/*》を使えないため、オリジナルにおけるあちらの代用としても採用が見込める。

  • 「ネ申」は、漢字の「神」を他の文字で表現したもの。同様の手法はクサチュー語などの俗称で呼ばれている。
  • ネットスラングとしては程度が高い様子を意味し、信仰などにおけるに対しては用いられない。
  • 読み仮名の「カリスマ」は他人を引きつける才能……ではなく、フレーバーテキストによると「ち組ーダー&ーパースター」の略であるらしい。

サイクル [編集]

DMRP-17で登場したレクスターズ化した十王篇キングマスターカードサイクル
光:《「正義星帝」》《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》
水:《ネ申・マニフェスト》《マニフェスト <マルコ.Star>》
闇:《虚∞龍 ゲンムエンペラー》《ゲンムエンペラー <デスザ.Star>》
火:《大爆龍 ダイナボルト》《ダイナボルト <エタフェニ.Star>》

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-17
    レクスターズの力を手に入れたマニフェストは勝ち組リーダー&スーパーマスター、略してカリスマと名乗ることにした。その力は、文明の民を守るためにあるのだ!

収録セット [編集]

参考 [編集]