デュエル・マスターズ プレイス [編集]

2019年12月18日配信のデュエル・マスターズのスマートフォン用ゲームアプリ。AndroidとiOSに対応する。タカラトミー(開発はトミーサイドが担当)とDeNAの共同開発で、Wizards of the Coastも協力として参加。スマートフォン端末ではエントリーゲート オブ ドラゴンサーガ以来2度目の対戦ゲームとなるが、本作はプレイヤー間対戦とアプリ内課金の要素があるソーシャルゲームとなった。
正式名称は「DUEL MASTERS PLAY'S」と英語表記で、公式による略称は「デュエプレ」、「DMPS[1]」。以降、このページではTCG版デュエル・マスターズを「TCG版」、デュエル・マスターズ プレイスを「デュエプレ」と表記する。

プレイスとは遊ぶ(plays)と居場所(place)のダブルミーニングである。

ゲームは1試合が7分で終わるようにデザインされている[2]

ゲームシステム [編集]

基本的にTCG版のルールが踏襲されている。その上で主にゲームテンポの向上や操作の省略を目的としたルール変更がいくつかある。
また、「攻撃等をスキップしたときに警告を表示する」「できることがなくなった時に自動ターンエンドする」といったサポート機能を利用したり、CPU戦では更なる省略ができる(設定でON/OFFの切り替えが可能)。

また、カードのスペックやレアリティにTCG版から調整が加えられているものが多く存在する。詳細は下記を参照。

ゲームモード [編集]

ゲームモードはストーリーモードや、複数人で戦うレイドバトル、ランクマッチなどの対人戦も実装される。デュエマシティという架空の都市を舞台に独自のストーリーが展開される。
プレイヤーは自身のアバターを自由にカスタマイズすることが可能。

登場キャラクター [編集]

  • ジャマー団

クリーチャーの声・効果音 [編集]

クリーチャーにはそれぞれ声または効果音が設定されている。
固有の声が設定されているものと、共通の声または効果音が設定されているものが種族単位で分かれている。
前者の種族のみ、カード情報の欄にCVの記載がある。
後者の種族は、基本的に一つの種族に対して一種類の効果音が設定されている。ただし、複数の種族に同じ効果音が割り当てられていたり(スターライト・ツリーバーサーカーメカサンダーなど)、同じ種族でも異なる効果音が割り当てられていることがある(ツリーフォークなど)。

拡張パック [編集]

参考 [編集]

タグ: アプリ


[1] 公式サイトURL
[2] 参考:www.famitsu.com/news/201909/26184071.html