超竜(ちょうりゅう)バジュラ》 [編集]

超竜バジュラ SR 火文明 (7)
進化クリーチャー:アーマード・ドラゴン 13000
進化−自分のドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを2枚まで選んでもよい。相手はそれを自身の墓地に置く。
T・ブレイカー
※殿堂入り

DM-08で登場した進化アーマード・ドラゴン

相手に2枚のランデスを行う強力なアタックトリガー能力を持つ。

非常にシンプルな効果だが、内容は非常に強烈なものである。
2枚のランデスというのは、通常のチャージを超える速度でマナを奪っていくということである。早期に除去できなければ、手札除去札を使うマナすらなくなってしまう。単体で相手を完封しつつ殴りきってしまう可能性を秘めた、凶悪なフィニッシャーである。

進化クリーチャーのため召喚酔いが無く、タイムラグなしにアタックトリガーを使用できるのが強さの理由だろう。場に出したターンに2マナランデスできるので、仮に返しのターンS・トリガー除去されても最低限のテンポアドバンテージは稼げる。
次のターンまで生き残れば4枚ランデスである。ここまでくると除去されたところでそうそう巻き返されないほどの差がついてしまう。

進化ドラゴン限定かつ7コストと重めだが、この効果にパワー13000のT・ブレイカーと考えれば妥当だろう。登場した時期から考えれば破格である。
《闘龍鬼ジャック・ライドウ》など使いやすいドラゴンも増え、サイキック・クリーチャー等メインデッキ外から進化元を用意することも可能。場に出す難易度自体は大幅に下がっている。

【ドラゴンランデス】【ターボバジュラ】【連ドラ】環境を蹂躙したが、2008年4月15日極神編の終わりに、《インフィニティ・ドラゴン》《魂と記憶の盾》など、他不死鳥編から続くメタデッキのエース達と共に殿堂入りした。

その後も【ターボロマネスク】【ロマネスクリアニメイト】を始めとして、進化元となるドラゴンが用意できかつ重さをカバーできるデッキにはフィニッシャーとして採用され、定期的に結果を残している。

殿堂解除が実装された後も殿堂入りのままであるが、環境からは身を引いている。周りのカードパワーが相応に上がっていることを考慮しても、過去の活躍によるランデスの危険性が重く見られているということだろう。

ランデスと強力な進化ドラゴンの象徴として、ドラゴンの人気を集め支えてきたカードでもある。デュエルマスターズの歴史を語る上では偉大なカードの1枚といえるだろう。

環境において [編集]

DM-08にて登場。効果の凶悪性はこの頃からプレイヤー間を通して認知されていったが、結果を残すにはかなりの時間を要することになる。

闘魂編ドラゴン自体が希少種であり、相性の良い進化元がほとんど存在しなかった。また、【青黒赤ライブラリアウト】【除去ドラゴン】等といった【除去コントロール】の代表格達や、【イニシエート】【アクアンホワイト】及び【アクアンブラック】等の盤面制圧に長けたビートダウンが活躍しており、《超竜バジュラ》の活躍は難しかった。

聖拳編に突入するとかの有名な《無双竜機ボルバルザーク》が登場。
環境《無双竜機ボルバルザーク》【除去コントロール】もとい《アクアン》の二極化になっており、【速攻】程度しか付け入る隙がなかった。

転生編にでは《超竜バジュラ》を元にして生まれたクロスギア《バジュラズ・ソウル》が登場し、《無双竜機ボルバルザーク》と融合して【除去バジュラズ】として先に出現することになる。これは不死鳥編に続くランデスデッキ人気の発端となった。

不死鳥編DM-20にて《緑神龍ミルドガルムス》が登場。これで《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》《緑神龍ミルドガルムス》《緑神龍ザールベルグ》というランデス定番のマナカーブが形成され、そのフィニッシャーとして《超竜バジュラ》が採用、はれて【ドラゴンランデス】が成立。《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》がいた間はフィニッシャー枠の奪い合いをしていたが、そちらがプレミアム殿堂入りしたことで確固たる立ち位置を取得した。
DM-22にて《インフィニティ・ドラゴン》が登場すると【連ドラ】環境入りを果たし、そちらのフィニッシャーとして採用されることもあった。

極神編にて《龍仙ロマネスク》が登場し【ターボロマネスク】が誕生。《龍仙ロマネスク》《母なる大地》及び《母なる紋章》とのプレミアム殿堂コンビすると、そちらのフィニッシャーとしても選択肢に挙がるようになった。
【連ドラ】《龍仙ロマネスク》を取り込んで白入り【連ドラ】に発展。《超竜バジュラ》も活躍の場を広げることになる。
DMC-40が出ると、【ドラゴンランデス】新たなランデスの選択肢として《龍神メタル》が登場。ミラー相手に《バジュラズ・ソウル》をメタることが可能になった。

そして2008年4月15日、《魂と記憶の盾》《インフィニティ・ドラゴン》《インフェルノ・ゲート》らを含めた不死鳥編メタデッキのエースたちと共に、大量殿堂入りの一員となった。
【ドラゴンランデス】【連ドラ】はトップメタから転落。【ドラゴンランデス】【黒ランデス】型の【ヘヴィ・デス・メタル】へと発展し、《超竜バジュラ》を抜く構築も見られるようになった。

戦国編に突入するとDMC-44にて《インフェルノ・サイン》が登場、【ターボロマネスク】と融合して【ロマネスクリアニメイト】が成立。そちらのフィニッシャーとして環境に顔を出す程度に収まっていた。
DM-30にて《闘龍鬼ジャック・ライドウ》が登場すると、それを軸にした【闘龍鬼ジャック・ライドウ】が誕生。1枚しか詰めなくなった《超竜バジュラ》をサーチして、確実に早出しする流れは非常に強力だった。

神化編に入ると《エンペラー・キリコ》が登場し、《龍仙ロマネスク》はそちらと融合して【星域キリコドラゴン】が成立。フィニッシャーとしての株を奪われ、《超竜バジュラ》は立ち位置を失うことになる。
《龍仙ロマネスク》《龍神ヘヴィ》は次々に殿堂入りし、優秀な進化元達を失った《超竜バジュラ》のメタ上での居場所は消失した。

それ以降は度々環境で名を聴くことはあれど、明確な採用デッキは登場していない。
新章デュエル・マスターズ以降のランデス系統のデッキフィニッシャー《ジョリー・ザ・ジョニー Joe》《水上第九院 シャコガイル》などのエクストラウィンが主流となっている。

《超竜バジュラ》の立場はランデス要員である以上にフィニッシャーであり、環境で活躍していた当時からフィニッシャーの席取り合戦には巻き込まれがちであった。カードプールが増えフィニッシュ手段に困らなくなった後は、コストと進化元指定のハンデが重く響いている。
効果がランデスである以上、早期に出されたり、何度も出されるのは脅威的だが、ここで1枚しか使えないのが響く。また除去札も多様化しており、早出しはより妨害されやすくなっている。
種族指定の進化かつ1枚しか使えない以上、フィニッシャーとして活躍させるには的確な使い方をする必要があり、なんらかの工夫を必須だろう。

双極篇最終盤の2019年3月のチャンピオンシップでこのカードを投入した【5色フェアリー・ミラクル】がチャンピオンシップ4位入賞を果たしたことをウィザーズ・オブ・ザ・コースト日本支部代表の真木孝一郎が伝えている。(参考)このことから、用途が非常にピンポイントになっており、このカードを使って結果を残すことが稀になったことも分かる。

以上のことから、将来の殿堂解除候補としても名が挙げられるようになっている。

その他 [編集]

  • DMX-01まで再録されなかったため、一説にこのカードの殿堂入りは資産ゲーの是正のためであったとも言われる。ともあれ、1枚制限になって供給が需要に追い付いたためライトユーザーにとっては助かる状況となった。
  • DM-08では「選ぶ」と書いてあったが、再録された際、「選んでもよい」に変更された。ただし、元のテキストでも「2枚まで」なので任意であり、枚数も選べる。
  • 殿堂入りしてもしばらくの長い間シングルでの相場は高額なままだったが、数度の再録を経て、多少落ち着いてきた。
  • 背景ストーリーでは1大陸を支配するほどの強力なクリーチャーだが、《英霊王スターマン》に一撃で倒されている。《バジュラ》の方がパワーが4000も高いため、この時どのように倒されたのかについてプレイヤー間で話のネタになることが多い。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

DMPP-02にて登場。ランデスできるカードがランダム指定になった。特定の文明のカードを除去してその文明のカードを封じることは難しくなったものの、それ以外の弱体化部分がなく、依然として2枚ランデスできることに変わりはない。

登場時点では進化元のドラゴンがそこそこ重く、ブロッカー持ちも《黒神龍ゾルヴェール》しかいないため、速攻相手だとほぼ出す前に負けてしまうことが多く、出せても既に手遅れだったり、S・トリガーを踏んで返しのターンに負けてしまう事態も目立っている。

  • 黎明期の環境を踏襲しているデュエル・マスターズ プレイスの環境で、2020年時点でも殿堂入りしているこのクリーチャーの参戦は大きな反響を呼び、2020年2月21日には「バジュラ」がTwitterでトレンド入りした。しかし、「環境において」で説明したようにTCG版では登場した当初は活躍できておらず、プレイスの方でも同様の結果となった。
  • 同ゲームで《超竜バジュラ》を使用する時には、ランデスを行う際に相手のマナゾーンを鎖で縛り付けるような演出が見られる。
  • イラスト違いのシークレットカードが存在する。

サイクル [編集]

DM-08進化ドラゴン

DMPP-02進化ドラゴン

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-01
    10年の歳月を経て、未だ頂点に在り。是、歓喜の極みなり。
  • DMX-19
    撃滅の原点にして、頂点。
  • DMPP-02
    破壊の化身が、世界を変える。
  • DMPP-02(シークレット)

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]