超神龍(ちょうしんりゅう)アブゾ・ドルバ》 [編集]

超神龍アブゾ・ドルバ SR 闇文明 (6)
進化クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 11000+
進化−自分のドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、このクリーチャーのパワーは自分の墓地にあるクリーチャー1体につき+2000される。
T・ブレイカー

DM-08で登場した進化ドラゴン・ゾンビ

初の進化ドラゴン・ゾンビで、自分の墓地クリーチャーの数に応じてパンプアップする能力を持つ。

他のドラゴンから進化する進化クリーチャーと同様にコストパフォーマンスは優れているものの、ややオーバーキルかつ単純な能力であり、直線的な攻めしかできないのがネック。確定除去は勿論のこと、軽量ブロッカーを並べられるだけでもほぼ無力化しまうため、相手にとってそこまで対処しにくいカードではなく、これ1枚で勝負を決めることは難しい。

バトルにおいてはほぼ負けることはないものの、単調な攻撃以外でアドバンテージを取る方法が無いため、ドラゴン進化クリーチャーとしてはもの足り無さが残る。

《邪魂転生》《カラフル・ダンス》等で墓地を肥やしてやるとパワーが軽く20000を超えるが、ファッティが欲しいのであれば《緑神龍ディルガベジーダ》ほか候補はいくらでもあり、墓地肥やしと合わせるにしても《大邪眼B・ロマノフ》の存在が辛い。
高いパワーを利用するには《無限掌》チャンプブロックを阻んだり、《ドンドン打つべしナウ》シールドブレイクを封じることぐらいか。

何はともあれ、同じ文明の同じコスト、同じ進化元である《超神龍ルナーズベルグ》に、使いやすさの面でお株を奪われている感は否めない。
さらに同じコスト進化元ならばなんでも進化できる《悪魔龍王 キラー・ザ・キル》《S級不死 デッドゾーン》などの登場でT・ブレイカー持ちというお株さえも奪われている。

  • イラストレーター曰く、九尾の狐をモチーフにしたという。頭部の後ろあたりに葉っぱに似た物体があるのもそのせい。

サイクル [編集]

DM-08進化ドラゴン

DMPP-02進化ドラゴン

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-02
    死を司る超神龍の復活。全ての生命に等しく危機が訪れた。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]