パワー [編集]

基本情報
計算方法

パワー(基本情報) [編集]

クリーチャー特性の一つ。

クリーチャーカードの左下に書いてある数字で、多くは1000の倍数。一部のクリーチャーには500の端数が付いているものもあるほか、《伝説の禁断 ドキンダムX》などの例外も一部存在する。

基本的に上限は設定されておらず、何らかの能力を使えば無限に上げることすら可能。
逆に、パワー0以下のクリーチャーは即時破壊されるというルールがあるため、基本的な下限は実質500である[1]

傾向としては、文明には標準よりやや高めのものが多い。初期はで低く設定される傾向があったが、そういった傾向は無くなりつつある。

クリーチャー同士でバトルが行われた時の勝敗判定に使用され、この数字の高い方がそのバトルに勝ち、同じか低い場合は負けとなる。パワーを上下する要因として、パワーアタッカーパンプアップパワー低下などが存在する。

また、クリーチャー破壊や他の効果の際にパワーを参照することもある。例として、パワーによって除去対象を決める火力、前述のパワー0が破壊されるルールを利用したパワー低下による除去、パワーによって攻撃制限をする《予言者マリエル》など、様々である。

DMでは、パワーがどんなに高くても相手プレイヤーに対する打撃力、すなわちシールドブレイク数には影響しないので、基本的にはクリーチャー破壊されにくさを示す値といえる。(《轟く侵略 レッドゾーン》のような例外もある)

また、強力な能力を持ったクリーチャーは、当然その分パワーが低く設定されるため、一概にパワーだけではクリーチャーの強さは決まらない。その逆も然りである。

あくまでステータスの一つと考えるのがいいだろう。

ゲームにおいて [編集]

パワーランキング [編集]

現在までにおける、全クリーチャー中の最高基礎パワーの順位は以下の通り。

使用禁止カード

25000以下は多数あるので割愛。

その他 [編集]

逆に、基礎パワーが0、もしくは0以下のクリーチャーも存在する。十王篇DMRP-13までのリストは以下の通り。

  1. 《ポンズ・DE・オイシイタケ》
  2. 《モエルグレンオー》
  3. 《紅神龍オグリストヴァル》
  4. 《黒神龍イゾリストヴァル》
  5. 《超神龍バリアント・バデス》
  6. 《無敵悪魔カースペイン》
  7. 《命運の守護者ティオス》
  8. 《黙示聖霊ラグナシア》
  9. 《勇気の爪 コルナゴ》
  10. 《緑神龍アンリストヴァル》
  11. 《フォー・ユー》
  12. 《零龍》
  13. 《ゾンビポンの助》(パワー-5000)
  14. 《ウマキン☆プロジェクト》

基本的にパワーは500の倍数だが、一部例外も存在する。具体的には以下の通り。

言葉や記号をもじったもの

数字をもじったもの

《禁断》禁断クリーチャー、種族に禁断を持つクリーチャーのいずれか

パワー(計算方法) [編集]

以下デュエル・マスターズ公式HPQ&Aから引用

まずカード左下に表記されているパワーの数字を見ます。それに、呪文やクロスギア、クリーチャーの能力で得た(+)パワーをすべて足します。(そのクリーチャー自身のパワープラス能力も含まれます。)次に、(−)パワーをすべてそこから引きます。最後に、「パワーが2倍になる」という効果があればこれを2倍します。パワー計算は必ずこの順番を守ってください。どの効果や能力が先に発生したかは関係ありません。

普通の数学の計算式とは順序が逆なので注意。効果発生の順番が関係ないため、例えば《パワード・スタリオン》クロスしてパワー2000になった《青銅の鎧》は、タップすると《古の羅漢バグレン》効果破壊されてしまう。

計算中はパワー0以下のルール破壊されることはない。計算が終わってからルールによる破壊が開始される。
例えば《爆竜凰ドラギリアス》《エメラルド・クロー》がクロスされていて、《S級不死 デッドゾーン》の-9000のパワー低下を使うと、

( 5000 + 2000 - 9000 ) * 2 = -4000

となるので、パワー-4000の状態で破壊される。2倍する前の-2000になった時点で破壊されるわけではない。

パワー計算のルール [編集]

  • ちなみにこのパワーという特性は、現時点ではクリーチャーのみが持つ。オレガ・オーラには、パワーが書かれているが、これは特性ではなく、クリーチャーのパワーに加算する数値である。

参考 [編集]


[1] ただし、場を離れないクリーチャーパワー低下を施せば、パワー0でもとどまることができる。また、《零龍》パワーが元から0だが、自身の能力によって場を離れない
[2] ただし、《メテオ・ドラゴン》《咆哮するグレート・ホーン》《爆竜凰ドラギリアス》など、自身の能力でパワー10000になるクリーチャーもいる。