《ゾンビポンの(すけ) [編集]

ゾンビポンの助 P 無色[ジョーカーズ] (0)
クリーチャー:ジョーカーズ -5000

DMEX-08で登場した無色ジョーカーズ
テキストに注釈文しか書かれてないバニラである。

コスト0の無色クリーチャーのため、別のカードによるコスト加重がない場合には、マナタップすることなく召喚できる。
ただし、元々のパワーがマイナス5000であり、どうにかしてパワーを0より大きくしないと、即座に状況起因処理で破壊されてしまう。まともにバトルゾーンに存続させようと思うなら、常在型能力によるパンプアップで0より大きいパワーにするか、何かしら方法で耐性をつけさせれるしかないが、そこまでして運用したいクリーチャーではないだろう。

しかし、「ノーコストで召喚でき、自壊する」という性質は唯一無二であり、「pig疑似付与の活用」「召喚でトリガーする能力とのコンボ」「墓地肥やし」など、様々な用途で活躍が見込める。その組み合わせ次第では凶悪なコンボを起動できるクリーチャーにも化けるため、決してネタカードの一言では片付けられないスペックではある。

《救済のサトリ ミルク》がバトルゾーンにいれば、破壊されるこのクリーチャーを手札に戻して無限に召喚することができる。この状況は《虹速 ザ・ヴェルデ》などの5色レインボー《五連の精霊オファニス》を用意する事でも再現できる。この時、バトルゾーンに「自分の(他の)クリーチャーがバトルゾーンに出た時」にトリガーする能力を持ったクリーチャーがいれば、その能力を何度も使うことができる。

無限に召喚できる下地さえあれば、バトルゾーンに《アクア・ティーチャー》《雷鳴の守護者ミスト・リエス》と組み合わせて好きなだけカードを引くことができる。
また《音奏 ジュリドゥ》《魚籠びっくん》がいれば、超GRが空になるまでGR召喚できる。cip自壊するGRクリーチャーを入れておけば、無限ループもたやすく行える。

《滅亡の起源 零無》と一緒に使えば、ノーコストで《破壊の儀》《手札の儀》《墓地の儀》の条件達成に貢献してくれる。

コスト0で自壊するため《超神星ペテルギウス・ファイナルキャノン》《死神の魔龍虫ビャハ》メテオバーンの弾補充にも使える。

ルール [編集]

上述のように、コストを支払わずに召喚できるが、コストを支払っていないため、《ポクチンちん》《百発人形マグナム》などのメタカードには引っかかる。

暫定回答 [編集]

  • 《ヤッタレマン》がいる状態でも、コスト0で召喚できる。《ヤッタレマン》の「ただし、コストは0以下にならない」というのはあくまでもコスト軽減した場合のみ発生する効果である。
  • 《凶星王ダーク・ヒドラ》がバトルゾーンにあれば、このクリーチャーがバトルゾーンに出てすぐに自壊しても《ダーク・ヒドラ》の能力ですぐに回収できる。

暫定回答なし [編集]

その他 [編集]

  • 初の素のパワーが0未満で、かつ《零龍》以来のコスト0のクリーチャーである。メインデッキに投入可能なものとしては初。上述の通り、他のパワー低下系のカードにも挿入されていた「パワー0以下で破壊される」という旨の注釈文が書かれている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-08
    ゾンビよのぅ~ ― ゾンビポンの助

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに自分の《イッスン・スモールワールド》のみがいる時に、相手が《ゾンビポンの助》をバトルゾーンに出しました。《ゾンビポンの助》のパワーは‐5000ですが、《イッスン・スモールワールド》は自身の能力によってパワーが0以下になり、破壊されてしまいますか?
A.はい、破壊されます。《ゾンビポンの助》が出た場合、《イッスン・スモールワールド》はパワーが-5000されて破壊されます。
引用元