《ヤッタレマン》 [編集]

ヤッタレマン C 無色[ジョーカーズ] (2)
クリーチャー:ジョーカーズ 2000
自分のジョーカーズを召喚するコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

DMRP-01及びDMSD-01で登場したジョーカーズ

自分のジョーカーズ召喚するコストを1少なくする。

ジョーカーズ版の一撃奪取サイクルといった性能であるが、パワーが1000高く、最初に召喚するクリーチャー以外もコストを少なくすることができるため、より強化されている。

【ジョーカーズ】では展開の要を担う。このクリーチャー自身が軽減対象であり、2体目以降はコスト1で登場可能。
場に出ていればコスト軽減だけでなく《ゼロの裏技ニヤリー・ゲット》G・ゼロ条件も満たすため、マナ手札を2ターン目から潤沢に使うことができるのである。このため2体以上場に揃うことは珍しい事ではない。

2軽減できれば実質ノーコストとなる《パーリ騎士》、このクリーチャーが2ターン目に手札に来ない事故を防げる《ジョジョジョ・ジョーカーズ》もほぼ必須の組み合わせ。デッキの組み方を間違わなければ、大抵の場合は凄まじい速度でジョーカーズが並んでいく。

また、《破界秘伝ナッシング・ゼロ》の最軽量対象でもある。展開に先んじて相手のシールドを大きく削る要員となる。運が良ければ《超特Q ダンガンオー》《ジョリー・ザ・ジョニー》が出るまでもなく決着をつけてしまう事も可能。

登場当初はジョーカーズの初動役がこのカードしかいない事もあり、ジョーカーズ主軸のデッキではほぼ確実に採用されていた。
後に《タイク・タイソンズ》《ジョラゴン・オーバーロード》といった同コストの初動役の選択肢が増え、このカードを採用しないジョーカーズも見られるようになった。
それらに比べると除去に弱い代わりに複数体をコスト軽減できる可能性があるため、軽量除去が少ない環境であればこのカードが初動の候補として上がってくる。
また、キリフダッシュの登場以後はクリーチャーである点も評価され採用されることがある。

  • アニメ「デュエル・マスターズ(2017)」ではジョーが最初に想像したジョーカーズの1体として登場。声優はキラと同じく豊永利行氏が担当している。ジョーの部屋には《ヤッタレマン》の絵が複数飾られており、実際のデュエルでも複数積みされている事が確認できる。
    デュエル外ではひたすら応援に励んでいるが、切札 ジョーに怒られた時はすぐヘコむなど打たれ弱い性格である。
  • 「デュエル・マスターズ!」14話では黒い人によって殺されてしまう。
  • コロコロスペシャルデッキ40枚では「でんぢゃらすじーさん」でお馴染みの曽山一寿氏がイラストを担当した。《ヤッタレマン》の横でじーさんが旗を振って共に応援しているイラストとなっているが、旗は飼い猫(?)の「ゲベ」と「30円くれ〜〜〜」と描かれたシュールなものになっている。ちなみにイラストの左にいるのはじーさんの友達の「実写くん」。
  • 漫画「デュエル・マスターズ(2017)」5巻の巻末オマケ漫画によると、「デュエル・マスターズ(2017)」連載開始を控えて松本しげのぶが用意したこのクリーチャーの原画には「おうえん男」と仮の名前が書かれていたという。

サイクル [編集]

DMRP-01の一番隊サイクル。すべてコスト2パワー2000で、同種族クリーチャーコスト軽減する。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ジョット・ガン・ジョラゴン》の最初の能力で《ヤッタレマン》を戻す時、《ヤッタレマン》の持つコストを1下げる能力は使えるのですか?
A.はい、可能です。ただし、ヤッタレマンの能力を使う場合はコストが0以下にならないとあるので、何体戻したとしてもコストは最大で1までしか下がりません。
引用元

Q.自分のバトルゾーンに《ヤッタレマン》がいる時にジョーカーズを持つクリーチャーの「キリフダッシュ」を使った場合、「キリフダッシュ」のコストは少なくなりますか?
A.はい、《ヤッタレマン》の能力は「キリフダッシュ」で召喚する時にも適用されます。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《ヤッタレマン》が1体います。《キタカゼマンA》を「キリフダッシュ0」で召喚する際、《ヤッタレマン》の「コストは0以下にならない。」の能力で1コスト支払う必要はありますか?
A.いいえ、支払う必要はありません。
《ヤッタレマン》の能力はコストを下げた場合に適用されます。コストを支払わずに召喚する場合には適用されません。
引用元

Q.自分の《ヤッタレマン》《ゼロ・ルピア》がバトルゾーンにいる状況で、自分の《The ラー漢》を召喚する場合、支払うコストはどうなりますか?
A.コストは0以下にならない、が適用されますので、支払うコストは1です。
引用元