呪文(じゅもん) [編集]

カードタイプの一つ。

ゲームに何らかの影響を及ぼす使い切りのカード。
相手のクリーチャー破壊したり、マナゾーンカードを増やしたりと、様々な効果をもたらす。主にゲームのサポート役を果たす。

現在、クリーチャーに次いで種類が多い。

デーモン・ハンド R 闇文明 (6)
呪文
S・トリガー
相手のクリーチャーを1体破壊する。

ルール [編集]

ゲームにおいて [編集]

その他 [編集]

+  「○○と××の△△」
  • 旧デザインのカードでは、テキスト欄の形やカードの模様が他のカードタイプと異なる。またテキスト欄の中央に大きな文明マークが存在しない。
  • アニメでは主に「呪文「〇〇〇(カード名)」」と台詞を使うことが多い。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《魔王と天使のカナシミ》《無慈悲な取り立て》はシールドが1つも無くても上の能力を解決することができますか?
A.はい、解決できます。
引用元

Q.バトルゾーンに相手の《奇石 ミクセル》がいて、自分のマナゾーンにカードが6枚あります。自分は《超次元リュウセイ・ホール》を唱えて、《勝利のガイアール・カイザー》をバトルゾーンに出した後、山札の上から一枚目をマナゾーンに置きました。この時点でマナゾーンのカードは7枚になりますが、《勝利のガイアール・カイザー》《奇石 ミクセル》の効果で山札の一番下に置かれてしまいますか?
A.はい、呪文はテキストに上から書かれている順番で処理を行いますので、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く前に《勝利のガイアール・カイザー》がバトルゾーンに出ます。《勝利のガイアール・カイザー》が出た時点では6マナしか無いので、《奇石 ミクセル》の効果で山札の一番下に置かれてしまいます。
引用元


[1] 2018年10月正式解答