ナイト・マジック [編集]

ナイト呪文だけが持つ能力。

「その能力の解決時に、バトルゾーンに自分のナイトがあれば、KM(ナイト・マジックアイコン)の呪文能力をもう一度実行する。」を意味するキーワード能力である。

DM-28で初登場。

魔弾オープン・ブレイン C 水文明 (5)
呪文:ナイト
S・トリガー
KM−カードを2枚まで引く。
ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文のKM能力をもう一度使ってもよい)

もちろん、自分のナイトが2枚以上あろうが、ナイト・マジックを使えるのは一度だけである。
また、ナイト・マジックはあくまで「能力」なので、呪文をもう一度唱えたことにはならない。

  • 勘違いされやすいが、このWikiにおいて"NM"ではなく"KM"となっているのは、「ナイト・マジック」のつづりが"Knight Magic"だからである。Nで始まるのは夜のナイト("Night'')である。
  • DM-31の魔弾~とつく呪文は、それ以前と違い、『魔弾○○』ではなく『魔弾 ○○』と空白がある。詳細は不明だが。
  • 能力との組み合わせの関係上、かつては唱える前からナイトがいないと必ず不発になるかのような能力だった。しかし、《煉獄魔弾グレイテスト・ゲート》の登場により、唱える前にナイトがなくても、唱えた結果ナイトがバトルゾーンに存在するようになることでナイト・マジックを使うことができるというケースが誕生した。

ナイト・マジックを持つ呪文 [編集]

ナイト・マジックに関連する効果を持つカード [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のターン中、相手の《ジョギラゴン&ジョニー 〜Jの旅路〜》と自分の《氷牙の魔筆マクシミリアン王》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《魔弾バレット・バイス》を唱えました。効果で相手が手札を捨てた後、「ナイト・マジック」の効果と《氷牙の魔筆マクシミリアン王》の効果でさらにもう2回使えますか?
A.はい、使えます。「ナイト・マジック」や《氷牙の魔筆マクシミリアン王》の能力は、呪文の能力をもう一度使うだけなので、呪文を再度唱えたことにはなりません。
引用元(2021.9.24)