ゲームオリジナルカード [編集]

コンピュータゲーム(以下「ゲーム」)が初出となったカードのこと。

デュエル・マスターズはタカラトミーがバックについているので、多くのゲームが発売された。
一口にゲームオリジナルカードといっても堅実な能力を持つもの、ゲーム性を損ないかねないもの、独自の世界観が反映されたものが存在している。

  • ゲームオリジナルのキーワード能力ハンターが存在する。後にカードゲームでは同名の種族が登場したため逆輸入は難しいだろう。
  • デュエル・マスターズ プレイスでは、TCG版より大幅な変更が加えられたカードもゲームオリジナルカードと呼ばれる事がある。
    • 完全新規のゲームオリジナルカードや魔改造カードが環境で猛威を奮う事を「古参のための思い出のデュエマではない」と批判する者もいる。これは運営も理解しており、2021年6月2日〜6月3日に行われたアンケートの《連珠の精霊アガピトス》《幻獣竜機ボルパンサー》の好感度調査の項目に「ゲームオリジナルカードだから嫌い」という欄が用意されていた。

実際に使えるゲームオリジナルカード一覧 [編集]

ゲームオリジナルカードとして初登場したが、後にTCG版にも収録されたカードを掲載する。

旧ゲームシリーズのリスト [編集]

参考として、各タイトルに収録された、ゲームオリジナルではないカードについても記述する。

「GBA デュエル・マスターズ」
「ゲームキューブ デュエル・マスターズ 熱闘!バトルアリーナ」 [編集]

DM-04までのカードすべてが収録。
ゲームオリジナルカードはなし。

「GBA デュエル・マスターズ2 インビンシブル・アドバンス」 [編集]

DM-06までのカードすべてが収録。

「GBA デュエル・マスターズ2 切札 勝舞Ver.」 [編集]

上述の通常版に以下の1枚のゲームオリジナルが追加。

「GBA デュエル・マスターズ3」 [編集]

闘魂編のカード全てとそれ以前のカードの一部を収録が収録。カードプールは比較的多い。
前作のゲームオリジナルカードもすべて収録。
《沈黙の使徒カザミラ》を除き、今作のゲームオリジナルカードはランダムで発動する能力を持つ。

「PS2 デュエル・マスターズ -邪封超龍転生-」 [編集]

闘魂編から聖拳編DM-12までのカードすべてと、それ以前のカードの一部が収録。
ゲームオリジナルカードは以下の5枚のみ。今回もランダムで発動する能力を持つ。

デュエル・マスターズ プレイス」に収録されたカードのリスト [編集]

BASIC [編集]

ボスバトル時実装 [編集]

DMPP-01 第1弾「超獣の始動 -MASTER OF DUEL-」 [編集]

DMPP-02 第2弾「伝説の再誕 -RETURN OF LEGENDS-」 [編集]

DMPP-03 第3弾「英雄の時空 -ETERNAL RISING-」 [編集]

DMPP-04 第4弾「混沌の軍勢 -REBELLION SYMPATHY-」 [編集]

DMPP-05 第5弾 「永遠の戦渦 -VORTEX OVERLOAD-」 [編集]

DMPP-06 第6弾「超獣の転生 -INVINCIBLE RAGNAROK-」 [編集]

DMPP-07 第7弾「超神星爆誕 -GATE OF DISASTER-」 [編集]

DMPP-08 第8弾「極神創世譚 -VIOLENCE FUSION-」 [編集]

DMPP-08EX「覇竜咆哮 -TRIBAL EXTREME-」 [編集]

  • 《烈流神》
    • 《流神ウンギョウ》/《烈神アギョウ》/《烈流神アギョウ・ウンギョウ》

DMPP-09 「武者聖戦伝 -ARCADIA OVERDRIVE-」 [編集]

参考 [編集]