妖艶(ようえん)夫人(ふじん)ドゥエス》 [編集]

妖艶夫人ドゥエス P 闇文明 (6)
クリーチャー:ダークロード 6000
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、ランダムな相手クリーチャーを1体を破壊する。
他に自分のクリーチャーがなければ、攻撃できない。
攻撃する時、ランダムな自分の他のクリーチャー1体、破壊する。
※プレイヤー入手不可能

デュエル・マスターズ プレイスボスバトルにて登場したダークロード

cipで相手クリーチャーランダム1体破壊し、アタックトリガーで自分クリーチャーランダム1体破壊W・ブレイカー。他の自分クリーチャーがいなければ攻撃できないデメリットも持つ。

パワー6000のW・ブレイカーを着地させつつ、アンタッチャブルを貫通する《デーモン・ハンド》を放っているようなもの。
対象がランダムとはいえ、確実に自分のクリーチャーが減らされてしまうのが凶悪である。

攻撃時に味方を犠牲にし、それができないと攻撃できないデメリットもあるが、攻撃を嫌って召喚酔いしているうちに除去してしまえば、デメリットを使うことなく終わってしまう。
相手にデメリットを使わせるには、シールドに攻撃させるか、チャンプブロックするか、タップクリーチャーに攻撃させるかになるが、どれを選んでも自分の身を削ることになりかねない。
《ポチザウルス》の存在によりブロッカーを採用しづらい点も向かい風となる。

デッキによっては《ポチザウルス》よりも強敵に感じられることだろう。

  • 名前の由来は「ドS(ドエス)」と思われる。ドSなんて表現では到底収まり切らない超絶バイオレンスなお方だが…。

フレーバーテキスト [編集]

  • ボスバトル
    生きて帰りたいのなら、決して怒らせてはならない。彼女にとって客人も召使いも全て他人だ。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]