大樹王(だいじゅおう) ギガンディダノス》 [編集]

大樹王 ギガンディダノス KGM 闇/自然 (12)
クリーチャー:ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国 50000
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手は自身の手札をすべてマナゾーンに置く。
自分は、このクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーに攻撃されない。
<フシギバース>[闇/自然(14)](自分のクリーチャーを1体タップしてマナゾーンに置き、[闇/自然(14)]からそのクリーチャーのコストを引いた数のコストを支払って、このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。ただし、コストは[闇/自然(2)]より小さくならない)

DMRP-13で登場した/自然ジャイアント・ドラゴン/不死樹王国

フシギバースと、マナ送り型のオールハンデスを放つcip、このクリーチャーよりパワーが低いクリーチャーの自分への攻撃を制限する能力を持つワールド・ブレイカー
ジャイアントでありながらドラゴンでもある為、種族サポートも豊富。

cipオールハンデスは相手のマナを沢山増やしかねないのがネックだが、
パワーはなんと50000もあるため、ほぼすべてのクリーチャーの自分への攻撃を阻止できる。クリーチャーに対しての攻撃までは制限できないが、このクリーチャー自身はパワーは高いため、バトルで倒されることも早々ない。返しのターンで相手が今引き《勝利宣言 鬼丸「覇」》《ジョギラスタ・ザ・ジョニー》《ボルシャックライシス・NEX》《勝熱英雄 モモキング》のような強力なスピードアタッカーを召喚してきても、脅威になることはほとんどないため、制圧力はトップクラスであるといえる。
除去耐性は持たないが、オールハンデスによって除去手段がほとんど今引きに委ねられ、フシギバース墓地から戻ったりと自らある程度カバーすることはできる。
また、《光神龍スペル・デル・フィン》などの呪文ロック《龍世界 ドラゴ大王》《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》などの召喚制限を行えるクリーチャーと組み合わせることで除去耐性の付与をしながら安全に1ショットキルに持ち込むことができる。《無双と竜機の伝説》《コスパンダメソッド》などのカードで追加ターンを得て猛攻を仕掛けたりすると尚良い。

ただし、パンプアップでもしない限り相手の《大樹王 ギガンディダノス》の自分への攻撃を止められない点には注意。尤も、それは相手も同じことだが。

コストは12と超重量級なため、基本的にフシギバースで召喚したいところだが、それでも始値は14と重いため、このクリーチャーのフシギバースを狙うならば、他のクリーチャーのフシギバースを前もって挟んだり、《罠の超人》《閃光の守護者ホーリー》《深海の伝道師 アトランティス》のような重量級S・トリガー獣と組み合わせるなど工夫したい。

フシギバースで召喚することばかり目が行きがちだが、コスト踏み倒しで出すのもいい。このクリーチャーのスペックフシギバース抜きにしても、《偽りの王 モーツァルト》《勝利宣言 鬼丸「覇」》《古代楽園モアイランド》《龍世界 ドラゴ大王》《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》などのファッティと比較しても見劣りしない領域。

種族もジャイアントドラゴンを持っているため、入るデッキは多いだろう。

  • このクリーチャー以上のパワーを持つクリーチャーはこちらで確認できる。2020年現在、単体でこのクリーチャーの攻撃制限を突破できるクリーチャーは、《ギガンディダノス》自身を含めて6体いる。しかし十王篇時点で、その中で環境でよく使われているのは、《終焉の禁断 ドルマゲドンX》《伝説の禁断 ドキンダムX》、《ギガンディダノス》の3体のみであり、《ギガンディダノス》の攻撃制限が突破されることはほとんどない。

他のカード、デッキとの組み合わせ [編集]

【青黒緑デッドダムド】 [編集]

《SSS級天災 デッドダムド》にすれば6コストで召喚でき、オールハンデスと攻撃制限が、殿堂入りした《禁断機関 VV-8》追加ターンの代わりの能力として機能するだろう。このクリーチャーはコマンドを持たず、侵略元になれないが、進化しないほうが強いので大した問題ではないだろう。

【ドルゲーザ】 [編集]

ジャイアントといえばこのデッキ。これまでの【ドルゲーザ】は詰めに欠けていたので、それを補うことができる。コスト軽減コスト踏み倒しで召喚できる《剛撃戦攻ドルゲーザ》《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》などをにしたい。当然、《西南の超人》でさらなるコスト軽減ができる。これを組み込んだデッキは【不死樹ドルゲーザ】を参照。

【ミステリー・キューブ】 [編集]

前述した通り、踏み倒しで出しても強いため、《ミステリー・キューブ》《ホーガン・ブラスター》の踏み倒し先としては申し分ない。

【連ドラ】 [編集]

ドラゴンなので、が入るならばまず投入を検討してもいい。

【5色蒼龍】 [編集]

フシギバースはハンデス対策と割り切り、《蒼龍の大地》でのコスト踏み倒し素出しがメイン。

環境において [編集]

登場後の十王篇環境では【青黒緑デッドダムド】を中心に使われることとなった。
だが素出しの《轟く侵略 レッドゾーン》でパワーの大きさが仇となって簡単に焼かれてしまうので、事前にハンデスで《轟く侵略 レッドゾーン》を落としたり、このクリーチャーを出す前に相手が《轟く侵略 レッドゾーン》で侵略してくれたりしないとキツイ。

アニメでの活躍 [編集]

『キング』4話にて初登場。声優は粟津貴嗣氏。

『デュエル・マスターズ キング』4話 [編集]

大長老ボルツとのデュエマで使用。
《死滅の大地ヴァイストン》フシギバースの種にして登場し、ボルツの手札の《U・S・A・MAGIC》マナ送りにした。この時点でシールド0枚まで追い詰められていたが、攻撃制限能力でボルツダイレクトアタックを阻止した。次のターンワールド・ブレイクを叩き込み、勝利している。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》によって復活されたドラゴン。人質にされたを助け出さないように大長老を見張っている。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]