零獄接続王(れいごくせつぞくおう) ロマノグリラ0世(ゼロせい) [編集]

零獄接続王 ロマノグリラ0世 KGM 光/闇/自然 (11)
クリーチャー:ディスペクター/ダークロード/ガーディアン/ナイト 17000
EXライフ
マッハファイター
T・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を見てもよい。そうしたら、その中から1枚を墓地に置き、残りをマナゾーンに置く。
このクリーチャーが攻撃する時、コストの合計が、自分のマナゾーンにあるカードの枚数以下になるよう、自分のマナゾーンと墓地からクリーチャーを最大1体ずつ選び、出す。
このクリーチャーがタップしていれば、自分は攻撃されない。

DMRP-19で登場した//自然ディスペクター/ダークロード/ガーディアン/ナイト

cipで任意のマナブースト墓地肥やしをし、アタックトリガー墓地マナゾーンから最大1体ずつコスト踏み倒しを行い、タップしている間自分への攻撃を封じる常在型能力を持つマッハファイター

cipマナゾーン墓地それぞれにカードを置く能力《ライマー・ドルイド》と似ている。
とはいえ、このクリーチャー自身非常に高コストなので、マナブースト墓地肥やしというよりは、もっぱらアタックトリガーによるコスト踏み倒しの下準備として使うことになるだろう。

そのアタックトリガーで行うコスト踏み倒しでは、マナ墓地から任意のクリーチャーを好きな組み合わせで最大1体ずつ呼び出すことが出来る。
cipでもマナブーストが可能なこともあり、普通にマナを溜めて召喚していれば13マナササゲールなどを使用していても8マナ程度なら溜まっていることが多く、呼び出せる対象は非常に多岐に渡る。
また、ササゲールを使用したディスタスを自力で再利用できるため、後続のディスペクターを呼び出し易くなる。

合成元の《「無情」の極 シャングリラ》譲りの攻撃制限は「プレイヤー攻撃させない」ものへと変化している。
クリーチャーへの攻撃は許すものの、ダイレクトアタックは防ぐことができる。
これがあるため、マッハファイターアタックトリガーが腐ってしまうもののタップイン効果にもある程度強く、EXライフと共にある程度延命することが可能。

広い範囲からコスト踏み倒しを行うアタックトリガーを持ち、マッハファイターによって即時に発動可能であり、さらに自力でコスト踏み倒し対象をある程度工面できるなど、単体で能力が綺麗に完結している。
中でもパワー12000以上に除去耐性を与える《龍装者 ジスタジオ》と相性が良く、《あたりポンの助》などで無視されたり、エクストラウィンでも狙われない限り無敵の布陣が完成する。

大きな難点としては、能力の性質上どうしても相手クリーチャー頼りの運用になってしまうこと。
マッハファイター攻撃制限は共に相手のクリーチャーがいない局面では即座に効力を発揮できず、マナ墓地を軽く増やすだけのファッティで終わってしまう。
コストの高さから「相手クリーチャーが全くいない」という場面で出すことはほぼ無いだろうが、【カリヤドネループ】などこのクリーチャーそのものが腐ってしまう対面があることは意識しておきたい。

【5色コントロール】に入れるとしたら、スピードアタッカーを呼び出しつつ相手への攻撃制限能力を活かして雑殴りするというのが1つの使い方になるか。

自身の能力を活かして2体から3体並べるのもアリで、そうすると地味にマナも伸びるので後続の展開にも役立つ。山札掘削を《神の試練》での追加ターン獲得に活かすのも悪くない。

環境において [編集]

DMRP-19で登場するなり、通常の【5色コントロール】との折衷型【5色ディスペクター】で活躍。20マナ近く貯めてから詰めに《地封龍 ギャイア》を呼び出し、オマケに墓地から《霊宝 ヒャクメ-4》を釣るのが常套パターン。

その他 [編集]

超獣王来烈伝で予告されていたディスペクター
煉獄王《邪眼皇ロマノフIと「矛盾に満ちたゼロの心」《「無情」の極 シャングリラを合成した『接続』ディスペクター

+  合成元との関係

DMRP-19CMでは、《ロマノフ》が座している《シャングリラ》部分がレースマシン状に変形し低空飛行している。《ロマノフ》と比して《シャングリラ》が小さく、直前に登場したデコトラ型《禁断竜王 Vol-Val-8》の存在もあって非常にコンパクトな印象を受ける。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

高貴なる矛盾強欲無欲支配の鉄鋲で留められた存在。それこそが、零獄接続王。

魔弾を撃ち込んだ他者に同士討ちを強制し、その者の平和を望む心との矛盾でゼニス化させる能力を持つ。
レクスターズ達と交戦中だった《極世接続 G.O.D.Z.A.》の中から顕現。レクスターズ達に同士討ちを強いゼニス化させるも、駆け付けたガイアハザードメテヲシャワァゴリオ・ブゴリ魔王と天使ギガンディダノス達から「戦いによる相互理解」というヒントを得た事でレクスターズはゼニス化を克服。今度は自分が一斉に攻められると、「戦いながらも相互理解を試みる者たちが存在する」という矛盾に耐えられず自身が崩壊。「煉獄王」の魂は超獣王来烈伝へと還っていった。

  • 他者に争いを強い矛盾を利用して第二第三の《シャングリラ》を生み出すという行為、矛盾に耐えきれず崩壊するという最期など、平和と争いの矛盾に対する苦しみの果てに超克を果たしたオリジナルの《シャングリラ》を徹底して「ディスペクト」する活躍を見せている。
    また、同族間で無益な戦いを強いる能力は、ナイトのプライドをかけてサムライとの戦いに挑んだ《ロマノフ》を侮辱する行為でもあり、やはりこちらも「ディスペクト」されている。

アニメ・漫画での活躍 [編集]

アニメ「デュエル・マスターズ キング!」第23話にて登場。
切札 ジョーが過去の世界でロマノフを入手し帰還したところをジェンドルが待ち伏せし、既に回収していた《「無情」の極 シャングリラ》ジョー一行の目の前で合成し生み出した。
同話のデュエルでもそのままジェンドルが使用。直前のジョーターンS・トリガーで場に出ていた《霊宝 ヒャクメ-4》ササゲールコスト軽減召喚した。
cipによって2体目の《霊宝 ヒャクメ-4》墓地に置きつつマナを伸ばし、アタックトリガーによって墓地マナゾーンからそれぞれ《霊宝 ヒャクメ-4》《腐聖 ブラッドウ-2》を呼び出し《パーリギリス》バトル破壊した。
タップ状態能力によってジョーの攻撃を牽制したが、返すジョーターンに「《キャンベロ <レッゾ.Star>》」の連続侵略によって《禁断英雄 モモキングダムX》禁断解放し、パワーマイナス99999されてEXライフごと破壊されてしまった。

  • 事前に「《ロマノグリラ0世》の攻撃によってジョーが敗北する」というビジョンとして登場していたものの、実際の初戦ではダイレクトアタックを担うどころか《モモキングダムX》禁断解放に敗れるという展開となってしまった。
  • アニメのCGモデルが、モデリングの為の簡略化を兼ねてかカードイラストとはデザインがかなり変わっている。
    • 具体的には、《ロマノフ》の足が靴からDMC-58版を思わせる竜足に変わり、座乗している竜頭のデザインがほぼ元の《シャングリラ》と同じになっている。また、《ロマノフ》のマントをつらぬく棘が無くなり、上記のビジョンでは竜頭の上に膝立ちしているなど、カード版以上に接合箇所が見当たらなくなっているのがわかる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《零獄接続王 ロマノグリラ0世》が攻撃する時、《零獄王秘伝 ZERO×STRIKE》の「アタック・チャンス」と《侵略者 デカペンタ》の「侵略」を宣言しました。先に《侵略者 デカペンタ》に進化してから、「アタック・チャンス」で《零獄王秘伝 ZERO×STRIKE》を唱えられますか?
A.はい、唱えられます。「アタック・チャンス」の使用宣言をした後で、攻撃クリーチャーがその条件に合致しなくなったとしても効果を解決できます。
引用元(2021.9.24)

Q.《零獄接続王 ロマノグリラ0世》の「攻撃する時」の能力は、可能な限り墓地とマナゾーンの両方からクリーチャーを出す必要がありますか?
A.いいえ、どちらか片方からだけクリーチャーを出すこともできますし、墓地からもマナゾーンからもクリーチャーを出さないこともできます。
例えば、自分のマナゾーンにあるカードが9枚である場合に、墓地からコスト9のクリーチャーを1体だけ出すこともできますし、墓地からコスト4、マナゾーンからコスト5のクリーチャーをそれぞれ出すこともできます。
引用元(2021.9.24)


[1] 余談だが、「座った姿勢のまま完全に固定する」というのは、いわゆるエコノミー症候群にも繋がる危険な状態である。そもそも、「姿勢を完全に固定する」という行為は歴とした拷問の一種である
[2] 火は少し特殊な事情だが