タップイン [編集]

カードタップ状態でバトルゾーンまたはマナゾーンに置かれること。

マナのタップイン [編集]

全ての多色カードは、マナゾーンにタップして置かれる

カードタップしてマナゾーンに置かれると、マナの使用が1ターン遅れてしまう。
多色がメインのデッキでも単色カードを入れることによって、デッキマナカーブどおりに動かない事故色事故)を回避するのはよくある事。

逆に言えば、このタップインを多色に限らず意図的に、相手に対して要求できれば、疑似的なランデスのように働きテンポアドバンテージを奪うことができる。
《停滞の影タイム・トリッパー》《勝利のリュウセイ・カイザー》などがこの類の能力を持つ。

また、一部のマナブーストカードにおいて、ブーストするマナをタップインするものも存在する。置いたマナがそのまま使えると強力になりすぎる場合の調整だろう。《社の死神 再誕の祈》《トップ・オブ・ロマネスク》など、殿堂入りカード調整版は特にこれになりやすい。

  • 多色カードは、1枚で複数の文明マナを出し分けられ、かつ単色よりスペックが高めに設定されているため、このルールによってバランスを取っている。

バトルゾーンのタップイン [編集]

バトルゾーンにタップインするクリーチャーは存在するが、マナのタップインと違い、位相や状態を変更する効果は置換効果であり、その数は限られている。

《緊縛の影バインド・シャドウ》ミルクボーイのようにデメリットととして扱われるものもあれば、《星龍グレイテスト・アース》《黒神龍オドル・ニードル》のように自身の能力をサポートするためのものもある。後者は特に攻撃誘導によってプレイヤーや他のクリーチャーを守る性能のものが大部分を占め、それ以外はアンタップを別の動作として使うものや攻撃曲げのためなど個性的なものが揃う。

相手クリーチャーをタップインさせる置換効果も非常に強力である。スピードアタッカーブロッカーがそのメリットを打ち消されるだけでなく、次のターンでの殴り返しを許してしまう。結果、クリーチャーを出してもすぐに破壊されることになり、戦線の維持が困難となる。
こちらは《永遠のリュウセイ・カイザー》《閃光の神官 ヴェルベット》《聖霊王エルフェウス》などが有名。殴り返しができなくなるものの、《スベンガリィ・クロウラー》は手軽で使いやすい。

自分のクリーチャーコスト踏み倒しする際にタップインさせるタイプのものも存在する。《ロック“SPK”スピーカー》などは大量展開であるためにスピードアタッカーと組み合わせると強力すぎるというところから取られた措置だろう。一方で《オヴ・シディア》のように攻撃曲げなどと相性が良くメリットとして利用できるものもある。

  • pig持ちのリクルーターや大量展開は、クリーチャーをタップインする能力持ちに対する返しとなる。タップイン能力持ちを出された後にこのようにクリーチャーを出せば、相手のタップキルが間に合わなくなってそのままとどめまで持って行けることもある。
    侵略ZEROリベンジ・チャンスといったエンドステップでのコスト踏み倒しも返しとしては優れており、この場合は攻撃ステップが終わった後のタイミングでバトルゾーンに出るため、ルール上タップキルをそのターン中にもう行うことはできない。
  • アニメ「デュエル・マスターズ キング」3話でこの用語が使われた。半ば公式用語になったようである。

いずれにせよ基本的なルールに干渉するものなので、タップインが戦局に与える影響は決して少なくないと言えるだろう。

カードをタップインさせる能力を持つカードの例 [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに相手の《「非道」の鬼 ゴウケン齋》がいて、お互いのシールドが6つ以下です。 この状況で、タップしてバトルゾーンに出た《天神兵ユーアイ》の「タップした時」の能力を使えますか?
A.いいえ、使えません。
バトルゾーンに出た時にタップされるのではなく、タップされた状態でバトルゾーンに出ます。(総合ルール110.4f)
引用元