天災(ディザスター) デドダム》 [編集]

天災 デドダム P 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:トリニティ・コマンド/侵略者 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分の手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。

DMBD-10で登場した//自然トリニティ・コマンド/侵略者

cip山札の上から3枚を見て、その中から1枚ずつ手札補充マナブースト墓地肥やしを行う。

3色とはいえ、わずか3コスト《無敵死神ヘックスペイン》の能力が使えるという破格のスペック
内容としては《フェアリー・シャワー》《パイレーツ・チャージャー》《ダーク・ライフ》などの上位能力であり、マナブーストドロー墓地肥やし、加えて山札を3枚も掘り進むことが出来るサーチ的側面まで持っている。そのうえ、パワーは3000と申し分なく、しかも//自然コマンドであり、これ1枚で全てのS級侵略者侵略に対応する。マナ基盤封印を外すカードとしても便利。
そのスペックの高さから、このクリーチャーを基準にデッキの構築が考えられる程である。

3コストの3色カード全般に言えることだが、3色であるが故に普通に3ターン目に召喚するのは難しいため、《フェアリー・ミラクル》を使用する時のように2ターン目までは多色カードチャージして色を揃えるのに専念するくらいでも良いだろう。もちろん4ターン目以降に出しても強力であり、終盤で出した場合でもドローサーチは腐ることがない上、消費したマナ墓地のリカバリーができる。初動を担う立場でありながらも、長期戦にも優れたクリーチャーといえる。

3コスト以下ということでコスト踏み倒し手段も豊富。《激天下!シャチホコ・カイザー》《守護炎龍 レヴィヤ・ターン》《凶鬼03号 ガシャゴズラ》《禁断V モードス》、後に登場した《瞬閃と疾駆と双撃の決断》など多岐に渡る。《蒼き団長 ドギラゴン剣》ファイナル革命で2体出しできるラインであることも注目すべきポイント。
《禁断V モードス》は同構築済みデッキ(デュエル・マスターズ)《悪魔妖精ベラドンナ》も呼び出し範囲内のため、無理なく採用できるだろう。

《超次元リバイヴ・ホール》《法と契約の秤》《インフェルノ・サイン》の3コストマナブースト墓地肥やしとしても相性が良い。ドローサーチによって、キーパーツを手札に呼び込めるなどのシナジーがある。
cipを使い終えた後は、自身を進化元にして《法と契約の秤》により《闇鎧亜キング・アルカディアス》《悪魔神グレイトフル・デッド》なども出せる。

他にも《生魂転霊》とも相性が良く、ウィニーを残すことに拘らないデッキであればそちらの種にするのも1つの選択肢になる。【青黒緑シャコガイル】など過剰なマナブーストが必要なデッキでは、こうした組み合わせも候補になるだろう。

強いて欠点を挙げるならば、《無敵死神ヘックスペイン》同様に能力強制であること。ライブラリアウトには注意。

3ターン目にこのカードを使うと、4ターン目の《獅子王の遺跡》が安定する。そのため、【5色蒼龍】にも悪くない。【黒刃鬼】で考えると、これに加えて墓地肥やしによって《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》コスト踏み倒し先を補充することができる。手札補充によって2枚目以降の《獅子王の遺跡》が加わりやすいので、マナブーストを4枚積み《獅子王の遺跡》に一任した型とも相性が良い。

《Mの悪魔龍 リンネビーナス》でのリアニメイト圏内である上に《音精 ラフルル》革命チェンジ元になるため、【5色ドギラゴン剣】で使っても強力。

侵略どころかあらゆるデッキで採用できる汎用性があり、ポテンシャルは極めて高い。
3色必要とはいえ1枚で圧倒的なアドバンテージを生むクリーチャーとしては《アクアン》に通じるものがある。

【ターボドルバロム】【バイオレンス・サンダー】【3軸ガチロボ】【カイザー「刃鬼」】【コギリーザ】など、ありとあらゆるファンデッキにも入る。

環境において [編集]

能力判明当初は、【青黒緑ドルマゲドン】の強化パーツとしても注目され、他にもを入れた【チェンジザドンジャングル】において、《怒流牙 佐助の超人》素出しマナブーストとして使う感覚で利用するのも悪くないと見られた。

ところが実際の登場後の超天篇環境では予想に反して専用デッキの【青黒緑デッドダムド】が成立。【ドルマゲドンX】系列では使われない結果となった。他にも、前述の性質から【5色ドギラゴン剣】で使用されるに至っている。このカードのおかげで【青黒緑デッドダムド】と【5色ドギラゴン剣】の両者のデッキを折衷した型も登場するに至った。

【青黒緑デッドダムド】において強いところと言えば、低コストでデッキの潤滑油になる上に手軽に封印を外せる侵略元という点も然ることながら、デッキビルディングを考えると無駄な4枚積みを避けることができるサーチ手段として見ることができる。そちらのデッキの主要侵略元である《虹速 ザ・ヴェルデ》ですら3枚に抑えられることが多いのを考えると、このカードの影響の程が分かるだろう。

他にも、【サンマックス】【ミッツァイル】【5色蒼龍】【ドッカンデイヤー】【バーンメアジョーカーズ】など、とにかく色が合えば必ずと言っていいほどデッキに投入される。それどころかこのカードを投入するためにデッキカラーをこのカードに合わせられることも珍しくはなかった。

その汎用性は折り紙付きではあったが、DMRP-12以降【バーンメアジョーカーズ】にて《グレープ・ダール》マッハファイターの的になることで、クリーチャーであることがデメリットとして見られるようになった。とはいえ、3枚の中から柔軟に手札とマナを選べるこのクリーチャーの使用率は依然高かった。

《ウマキン☆プロジェクト》が登場してからは、墓地肥やしを必要としないデッキでは、後半戦に強いあちらに枠を取られるケースが増えていった。

DMRP-15期になると《爆熱天守 バトライ閣》をループさせる手段として【連ドラグナー】《第二種 タマネギル》採用されることが目立っていったため、たとえ相手がループしなくとも《ヘブンズ・フォース》から防御札としてぶん投げてこのクリーチャーを焼くケースが憂慮されるようになった。

その他 [編集]

  • Wizards of the Coast開発部の射場本正巳によると、「開発部のザックが出した最初のデザインではcipと同様の効果の4コスト呪文であった」とのこと。参考
  • DMBD-10発売以降、汎用性の高さに反して、1年以上再録しておらず、2021年初頭にはシングルカードの値段は2000円を超えていた。
    • CSプロモも登場しているが、そちらは新型コロナウイルスの影響で多くのCSが中止したことで流通も止まり、2021年1月中旬には現在5万円以上に値段が上っている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]