天災(ディザスター) デドダム》 [編集]

天災 デドダム P 水/闇/自然文明 (3)
クリーチャー:トリニティ・コマンド/侵略者 3000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分の手札に加え、1枚をマナゾーンに置き、残りの1枚を墓地に置く。

DMBD-10で登場した//自然トリニティ・コマンド/侵略者

cip山札の上から3枚を見て、その中から1枚ずつ選んで手札補充マナブースト墓地肥やしに当てることができる。
手札マナゾーン墓地にカードを1枚ずつ増やすというだけでも強力だが、それぞれに振り分けるカードを山札の上3枚から自分で選ぶことができるため、数と質の両方を高めることができる。

3色とは言え、3コストで得られるアドバンテージ量としては破格で、デュエル・マスターズプレイヤーなら誰が見てもおかしいと思うか、自分の見る目を疑うスペックである。

2色S・トリガー付きとは言え、呪文である《フェアリー・シャワー》が4コストであることから見れば、改めてその異常さがわかるだろうか。
このカードが出た後も、このカードの5枚目以降とはいえ、《不死妖精ベラドアネ》《眼鏡妖精コモリ》環境でしっかり使われるほどのスペックであるところを見れば、このカードがいかに壊れているかが分かるだろう。

強いて欠点を挙げるならば能力強制であること。ライブラリアウトには注意。

汎用性に関して [編集]

まず、3色カードの中では色の組み合わせは優秀な方で、1,2ターン目にも使える手札交換サーチが豊富な自然を含むことから、3ターン目に色事故で召喚できない事態が起きにくい。それに加えて、《デドダム》は自身がリソースと色基盤の確保に優れていることから、色事故要因どころか色事故の防止剤としても機能する。

能力が優秀なコスト3ながら//自然コマンドであり、侵略元や封印を外すカードとしても便利。特にS級侵略者侵略はその全てに対応する。

加えて、コスト3のカードだが「3ターン目にプレイできないとデッキコンセプトが崩壊してしまうカード」というわけでもなく、4ターン目以降スタートでも腐らない要素も持つ。実際にコスト4だが確実に《デドダム》を出せる《運命の選択》が脚光を浴びた。

それでいて、自身が山札を3枚掘削する能力を持つことから、4枚積みする場合は1ゲーム中に2枚以上プレイすることが大いに期待できる。

マナ基盤、3枚から選択するサーチ、リソース・色基盤の確保、進化元、と多くの側面を持つため、基本的に色が合うデッキなら侵略どころか墓地肥やしも必要としないデッキにも投入を検討できる。そのスペックの高さから、このクリーチャーを基準にデッキの構築が考えられることも多々ある程。

環境において [編集]

能力判明当初は、【青黒緑ドルマゲドン】の強化パーツとしても注目され、他にもを入れた【チェンジザドンジャングル】において、《怒流牙 佐助の超人》素出しマナブーストとして使う感覚で利用するのも悪くないと見られた。

ところが実際の登場後の超天篇環境では予想に反して専用デッキの【青黒緑デッドダムド】が成立。【ドルマゲドンX】系列でも一応使われたりもしたが、当時【ドルマゲドンX】は環境外だった。他にも、【5色ドギラゴン剣】でも使用されていた。このカードのおかげで【青黒緑デッドダムド】と【5色ドギラゴン剣】の両者のデッキを折衷した型も登場するに至った。

【青黒緑デッドダムド】では、デッキビルディング面で無駄な4枚積みを避けることができるサーチ手段としても機能したため、《虹速 ザ・ヴェルデ》ですら3枚に抑えられた。

とはいえ、やはり3色カードであるためしばらくは環境レベルで入るデッキと言えばその【デッドダムド】以外では【ドッカンデイヤー】5色デッキくらいしかなかった。

その汎用性は折り紙付きではあったが、DMRP-12以降【バーンメアジョーカーズ】にて《グレープ・ダール》マッハファイターの的になることで、クリーチャーであることがデメリットとして見られることもあった。それでも、超天篇末期には、【バーンメアジョーカーズ】にこのカードを入れるためだけに4色で組んだ【4色バーンメア】も登場するに至った。

《ウマキン☆プロジェクト》が登場してからは、墓地肥やしを必要としないデッキでは、後半戦に強いあちらに枠を取られるケースが増えていった。

DMEX-12期でビッグマナが環境に台頭始めると、ついに【5色蒼龍】《フェアリー・ミラクル》スロットを奪って採用されることが多くなった。無色《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》が入ったことによって、《フェアリー・ミラクル》の2マナブーストが難しくなったため、マナに置くカードをある程度調整できる《デドダム》が優先されるようになった。
さらに、チャンピオンシップで優勝・入賞を果たした【カイザー「刃鬼」】にも、このカードが普通に4枚積みされることが多かった。

DMRP-15期になると《爆熱天守 バトライ閣》をループさせる手段として【連ドラグナー】《第二種 タマネギル》採用されることが目立っていったため、たとえ相手がループしなくとも《ヘブンズ・フォース》から防御札としてぶん投げてこのクリーチャーを焼くケースが憂慮されるようになった。

2021年1月から導入されたオリジナルフォーマットでは、【青黒緑デッドダムド】【5色蒼龍】が一気に注目を集め始め、それに採用されるこのカードも需要が一気に高まった。

この頃には、【青黒緑デッドダムド】において、《運命の選択》でこのクリーチャーをリクルートする型が考案された。今まで環境で全く使われなかった《運命の選択》の地位を押し上げたことで、このクリーチャーのカードパワーの高さを再認識され、《運命の選択》は「超次元デドダム・ホール」と呼ばれるまでに至った。

DMRP-16発売から1ヶ月余りが経過すると自然が本来入らないはずの【白青黒オレガ・オーラ】に採用されるケースも目立った。マナ基盤が務まるのは当然のこと、4ターン目に《極幻空 ザハ・エルハ》を確実にプレイできるように引っ張り込んでくれるのが大きい。マナも伸びるので無月の大罪の試行回数も増える。しかも、三色要求するという欠点も、《希望のジョー星》を使って容易に打ち消すことができる。

2021年2月ごろには【4色ヴァイカー】が構築され、それにも採用されている…というよりは《デドダム》を入れるために【4色ヴァイカー】が構築されたという見方もある。

DMRP-17以降は、オリジナルで新たに誕生した【4色鬼羅.Star】で使われるようになる。リソース要員としては当然のこと、文明指定進化に幅広く対応する万能進化元という一面も見せるようになった。《SSS級天災 デッドダムド》は構築さえしっかりと気を付けていれば実質どんなクリーチャーにも乗っかるので、【青黒緑デッドダムド】成立当時は殆どのプレイヤーがこのクリーチャーの、侵略を考慮しない場合の純粋な進化元としての優秀さに気付かなかったことだろう。

このように着実に入るデッキを増やしていき、環境内の【青黒緑デッドダムド】【5色コントロール】【4色ヴァイカー】【4色鬼羅.Star】【オカルトアンダケイン】で3~4投されるようになり、すっかり環境の中心にいるカードとなった。

王来篇環境に流行する【5色グレンモルト】では《最終龍覇 グレンモルト》で呼び出した《邪帝斧 ボアロアックス》で呼び出すケースも珍しくない。一方で、【5色コントロール】が自身とコストの重複する《フェアリー・ミラクル》を基盤の1つとした型に回帰していくと、最速で召喚するよりも中盤以降の便利屋として使われる側面が強まった。

【5色コントロール】系統全般において、このクリーチャーはできるだけ召喚した方が得である。なぜなら、マナブースト手札補充重量級ニンジャ・ストライクと絶妙なシナジーを形成するためである。

2021年7月1日殿堂レギュレーション改訂により【オカルトアンダケイン】が事実上消滅すると【ゼロ・ルピアループ】アドバンス環境のトップに立ち、このカードも初動リソースとして使われるようになった。《困惑の影トラブル・アルケミスト》マナ回収すれば結果的には1マナブーストが1手札補充に変換され、このことからもソリティアの継続率が非常に高いデッキに仕上がっている。

その他 [編集]

  • ちなみに「3コストの軽さで3枚のカードに触れられる」という点を度外視すれば、コスト論をさほど逸脱しているわけではない計算となる。
    3色3コストのバニラの適正パワーを6000として、そこから手札補充マナブーストを差し引くと、(《アクア・ハルカス》《青銅の鎧》から査定)パワー3000になり、そこに墓地肥やし分を差し引けばパワー2500相当(光文明ではないので500の端数はありえないが)になるため、パワー500分くらいしか得していない。とはいえ、コスト3の1枚で「1ドロー+1ブースト+1墓地肥やし」を一気にできる点でスペックは尋常ではなく、加えて「3枚見て都合のよいゾーンにカードを動かせる」点によりさらにカードパワーが跳ね上がっている。
    • 後に同じく3コストで3枚のカードに触れられる《T・T・T》が登場。そちらも【スコーラー】を白青赤にする等デッキカラーに影響を与えている。
  • Wizards of the Coast開発部の射場本正巳によると、「開発部のザックが出した最初のデザインではcipと同様の効果の4コスト呪文であった」とのこと。
    またDMEX-16にてこのカードが再録された際、NWO的スペックの先駆けとして作ったカードと語っている。参考12
  • DMBD-10発売以降、1年以上再録されておらず、2021年1月初頭で《デドダム》の使用率が急増すると一気に高騰し、再録を望む声が急増した。CSプロモも登場しているが、そちらも新型コロナウイルスの影響で多くのCSが中止したことで流通数が減り相場が高止まりしている。2021年7月1日殿堂レギュレーション改訂の発表で殿堂入りを免れ、それを受けてシングルカードの価格が更に暴騰。その後、あまり間を置かずに再録が発表されたため、極端な暴騰が一時的なものに留まり、相場は以前のものに戻りつつある。
    • ただ、特定のカードの高騰化は双極篇以降よく見られることであり、《デドダム》だけが異常な値上がりをしているわけではない。どちらかと言えば、《デドダム》は汎用性が高いがゆえに4枚はおろか、8枚、12枚あっても足りないという1人当たりの要求枚数が多いことが問題だろう。
  • DMEX-16にてDMBD-10から約1年と11ヶ月越しでついに再録を果たした。多くのプレイヤーが再録を待望していた(及び一部のプレイヤーが資産価値が下がることを危惧した)ためか、再録が発表されたときは「デドダム再録」がtwitterでトレンド入りした。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《デュエマの鬼!キクチ師範代》がバトルゾーンにいる状況で、自分の《天災 デドダム》をバトルゾーンに出しました。「出た時」の能力で自分の山札の上から3枚を見て、そのうちの1枚を手札に加えられますか?
類似例:《禁術のカルマ カレイコ》
A.はい、手札に加えられます。見ている3枚のカードのうち1枚を手札に加えて、残りの2枚から1枚をマナゾーンに置こうとした時点で《デュエマの鬼!キクチ師範代》の置換効果が発生します。2枚のカードはゾーン移動を行えず、山札に加えてシャッフルし、処理が終了します。
引用元