侵略(しんりゃく) [編集]

侵略―指定クリーチャー(自分の指定クリーチャーが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)

つかもうぜ6パック Vol.1で先行登場したキーワード能力
指定された文明種族を持つクリーチャーが攻撃するとき、その上に重ねて進化することができる能力

音速 ガトリング UC 火文明 (4)
進化クリーチャー:ヒューマノイド爆/侵略者 6000+
進化-自分の火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略-火の侵略者または火のヒューマノイド
パワーアタッカー+1000
W・ブレイカー

例えば上の《音速 ガトリング》の場合、ヒューマノイドである《無頼勇騎タイガ》《爆冒険 キルホルマン》などが攻撃する時に、コスト踏み倒し進化できる。

マナコストが不要なため、《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《鬼切丸》など、他のクリーチャーを出しつつ手軽に打点を強化できる。

当然ながらビートダウンにマッチした能力であり、進化元を用意しておけば素早く進化して殴ることができる。

大幅なテンポアドバンテージを稼げる強力な能力なので、うまく利用していきたい。

また、侵略によってバトルゾーンに出すことを「侵略する」と表現されることが多い。S級侵略SSS級侵略も同様。

ルール [編集]

  • 手札消費は激しくなるが、条件さえ満たしていれば一度の攻撃で2回以上侵略することができる。これは「連続侵略」と呼ばれたりする。例えばコマンド攻撃することで侵略した《復讐 ブラックサイコ》の上にさらに《ブラックサイコ》を重ねることで4枚ハンデスが可能になる。ただし、このように連続侵略を行う場合、cipなどはそれらを全て出してから解決する。決して、すべて出し切る前にcipを解決することはできない。
    • ただし、攻撃をするクリーチャーが侵略条件を満たしていなければ、1度重ねたクリーチャーが侵略条件を満たすとしても侵略宣言はできない。
    • アニメ「VSR」では、バサラのみがこの連続侵略を使っている。
  • メテオバーンと同時に誘発する。進化しても同一個体であることには変わらないため、コストとなる進化元を補充する名目で活用することもできる。当然恒久的な運用は無理だが、一時的に増やせるという観点から、進化元がなくなってしまったメテオバーン獣の最後の一撃に使ったり、メガメテオバーン6のように数が必要な時に使ったりすることができる。

その他 [編集]

  • 侵略という言葉は、S級侵略SSS級侵略という派生能力の総称として使われることもある。
  • 侵略は、進化元の攻撃時に行えるという性質から、自力でスピードアタッカーを持つクリーチャーが存在する火は、他の文明より一足早く侵略を行いやすい。特に《轟く侵略 レッドゾーン》は、その早さに見合わない打点とパワーの高さ、除去性能の優秀さから、革命編から急激に目立つようになった環境の高速化を象徴するカードとなっている。
  • 侵略は後の環境にも大きな影響を及ぼしている。一方、侵略と同時に登場した能力革命は、自分のシールドの枚数に依存するがために、かなり使いにくさが目立ち、環境に定着しなかった。革命軍より侵略者の方がよほど環境に革命を起こしているというのは皮肉な話である。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《兵繰凄の鎖 サイノ・ブサイ》が攻撃する時、《革命類侵略目 パラスキング》侵略しました。この《革命類侵略目 パラスキング》《兵繰凄の鎖 サイノ・ブサイ》の「アバレチェーン」能力によって、次の自分のターンのはじめまで破壊されませんか?
A.はい、はじめて攻撃するクリーチャーの上に重ねたクリーチャーも、そのクリーチャーとして扱います。
引用元

Q.自分の手札が5枚の状況です。《禅役者 ゲネプロリーハ》が攻撃する時、《革命類侵略目 パラスキング》侵略能力を宣言しました。進化する前に《禅役者 ゲネプロリーハ》の「攻撃する時」の能力を解決した場合、コスト5以下のクリーチャーを破壊できますか?
A.はい、「侵略」能力を解決する前であれば、そのカードは手札にある扱いですのでコスト5以下の相手クリーチャーを破壊できます。先に進化した場合、コスト4以下のクリーチャーを破壊します。
引用元

Q.《明日の鎖 ハヤブサツイン》がバトルゾーンにいる状況で、《轟速 ザ・レッド》が最初の攻撃を行い、《轟く侵略 レッドゾーン》侵略しました。この場合、《明日の鎖 ハヤブサツイン》の「攻撃する時」の能力で参照するコストはどうなりますか?
A.その場合、《轟く侵略 レッドゾーン》のコストを参照し、コストの合計が6より小さくなるようにマナゾーンからクリーチャーを選びます。
侵略より先に「攻撃する時」の能力を解決した場合、《轟速 ザ・レッド》のコストを参照します。
引用元

Q.《殺意の悪魔龍 マガンド》の「攻撃する時」の能力で、シールドから手札に戻したカードが侵略や「革命チェンジ」を持っていた場合、その侵略や「革命チェンジ」を使えますか?
A.いいえ、侵略や「革命チェンジ」は効果を解決する前に誘発型能力の使用宣言をしなければなりません。(総合ルール 506.3)
引用元

Q.相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分はコスト3のクリーチャーで攻撃する時、自分は《S級原始 サンマッド》を、マナゾーンか侵略能力を宣言しました。どうなりますか?
A.マナゾーンからバトルゾーンに出る《S級原始 サンマッド》のみが、《地封龍 ギャイア》の置換効果によってマナゾーンに残り、コスト3のクリーチャーで攻撃を継続します。侵略能力によってバトルゾーンに出すことは召喚ではありませんので《S級原始 サンマッド》は新たにマナゾーンに置いたカードとして扱いません。ゾーンの移動を行いませんので、位相も変わりません。
引用元

Q.「攻撃する時」の能力と「革命チェンジ」能力と「侵略」能力がトリガーするタイミングは同時ですか?
A.はい、同時です。効果の解決は、1つずつ行います。(総合ルール 506.3)
引用元

Q.「侵略」能力で重ねられたクリーチャーの「攻撃する時」の能力は、重ねた後に解決できますか?
A.はい、解決できます。(総合ルール 605.1)
引用元

Q.《グレート・グラスパー》が攻撃する時、《革命類侵略目 パラスキング》の「侵略」能力の宣言をしました。《グレート・グラスパー》のマナゾーンからクリーチャーを出す効果は、《グレート・グラスパー》《革命類侵略目 パラスキング》のどちらのパワーを参照しますか?
A.《グレート・グラスパー》の効果を解決する前に重ねて進化した場合、《革命類侵略目 パラスキング》のパワーを参照します。《革命類侵略目 パラスキング》を重ねて進化する前なら《グレート・グラスパー》のパワーを参照します。(総合ルール 605.2d)
引用元