《リツイーギョ #(さくら) #満開(まんかい) [編集]

※正式な表記は《リツイーギョ #桜 #満開》だが、ページ名はこのWikiの仕様上《リツイーギョ #桜 #満開》と表記する

リツイーギョ #桜 #満開 UC 自然文明 (2)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 3000+
相手のクリーチャーがバトルゾーンに出る時、そのターン、相手が自身の他のクリーチャーを2体以上バトルゾーンに出していれば、相手はかわりにそれをマナゾーンに置く。
相手のターン中、このクリーチャーのパワーを+4000する。

DMRP-13で登場した自然トリックス/チームウェイブ

相手がそのターン中、3体目以降のクリーチャーを出す時にそれを着地置換効果マナ送りにする能力と、相手のターン中に自身に+4000のパンプアップを行う能力を持つ。

GR召喚などで大量展開を行うデッキに対してのメタカードとして機能する。
一度に3体のクリーチャーをコスト踏み倒しする《ガチャンコ ガチロボ》《ロック“SPK”スピーカー》などの対策にもなる。
クリーチャーを大量に並べるデッキには他に【九極侵略】【カイザー「刃鬼」】もある。環境上位のガチデッキからファンデッキまで様々なデッキに影響が及んでいる。

着地置換効果による除去なので、除去を承知で踏み倒したクリーチャーのcipによって対処することはできない。
さらに相手ターンにはパンプアップするので、並の軽量除去手段では破壊されない。《DROROOON・バックラスター》などの除去と展開を同時に行えるクリーチャーを止められるのはうれしいところ。超天篇環境でパワー6000以下を対象とした除去が環境に定着していたことからこのようなパンプアップを持つデザインになったのだと想像できる。

ただし、《種デスティニー》の除去範囲内となる低コストであることから、その気になれば対策は容易。

《マツぽっくん》と組み合わせることでアンタッチャブルにできる。唯一の弱点であるコスト火力に対し耐性を得られるのは利点。

メタ能力に関しては、特に「相手のターン中」とは書かれていないため、自分のターン中にも影響を及ぼすことも忘れてはいけない。《父なる大地》などでクリーチャーを無理やり引っ張り出させることでS・トリガー獣ニンジャ・ストライクを封じるという荒業も可能。

  • 既存クリーチャーに付けるオーラには一切の制限がないため、1,2体のクリーチャーにオーラをガチガチに固めるオーラデッキには刺さりにくい。
  • 名前の由来はTwitterの機能「リツイート」。またこのカード名をTwitter上で直接打ち込むと「#桜」「#満開」の部分がハッシュタグになる。
  • フレーバーテキストの1行目は六歌仙の1人である小野小町が詠んだ歌『花の色は 移りにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに』が元。年老いた自身の姿を色あせた桜に照らし合わせた歌である。
    • しかし2行目以降は時代が一変。最後に至っては共に花見に行く者を募り始める。しかし3体以上がこの誘いにじると、桜花爛漫な木々の肥料にされてしまう

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-13
    #花の色はうつりにけりな
    #散り際マジ尊みあって儚い
    #一緒に花見してくれる人募集

収録セット [編集]

参考 [編集]