《ダチッコ・チュリス》 [編集]

ダチッコ・チュリス R 火文明 (2)
クリーチャー:ビートジョッキー 2000
このクリーチャーが出た時、このターン次に召喚する自分のビートジョッキーのコストを最大3少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

DMRP-01で登場したビートジョッキー

このクリーチャーの次に召喚するビートジョッキーを3コスト軽く出せる能力を持つ。

このクリーチャーコスト2のため、コスト4以上のビートジョッキーを出す前にこのクリーチャーを出すことで、出したいビートジョッキーコスト差し引き-1、打点+1で出すことができる。

特に《ドープ “DBL” ボーダー》のような4コストビートジョッキーを3ターン目に出したい場合は、《一番隊 チュチュリス》から繋げられなかった際に、次のターンでこのクリーチャーと同時に出すことで達成可能。

さらにこのクリーチャー自身も《一番隊 チュチュリス》コスト軽減することができる。その場合はコスト1で次のクリーチャーコスト軽減する、生きた《フェアリー・ギフト》となる。出すビートジョッキー《一番隊 チュチュリス》で軽減されることを鑑みると、コスト5以上のビートジョッキーコスト差し引き-3、打点+1で出すことになる。

《フェアリー・ギフト》と同様手札消費は激しいものの、クリーチャーであることから打点になる点は大きく、ビートジョッキーの爆発的な展開に貢献してくれる。【速攻】ビートダウンのどちらで組む場合でも、《一番隊 チュチュリス》と共にビートジョッキーデッキの要として、登場当初は注目された。

環境において [編集]

登場当初はビートジョッキーカードプールが狭いことから【赤単ブランド】にはほぼ必須のカードであったが、DMRP-03になるとすっかりビートジョッキーのラインナップが充実して、過剰なコスト軽減が不要になったことでこのカードは自然と必須カードとまではいかなくなるに至った。
とはいえ、このクリーチャーを召喚した後に《“罰怒”ブランド》召喚する際、このクリーチャー効果マスターB・A・Dを合わせることで召喚コストを『1』にすることができる。さらにマスターB・A・Dのデメリットをこのクリーチャーに適応できるため、そちらを使う場合だと優先的に入れたいカードではある。

後に【DB“ファンク”C-軍】が成立すると、2ターン目に《一番隊 チュチュリス》を召喚し、3ターン目にこれを召喚してから《DB“ファンク”C-軍》を召喚し、流れでG・G・Gを発動する動きが理想の動きとして定着。

DM・双マーク2ブロック構築環境では《“末法”チュリス》採用型の【クラッシュ“覇道”】が多い関係上、そちらのデッキでよく使われていた。

DMRP-10期あたりに【“B-我”ライザ】が台頭すると、そちらのパーツとして環境でよく使われるようになった。

その他 [編集]

  • アニメ『デュエル・マスターズ(2017)』ではボルツと行動を共にするクリーチャーとして登場。普段はボルツのラジカセの中に隠れている。
    カードイラストには複数体のこのクリーチャーが描かれているが、作中では「DM」なる謎の存在によって仲間が全滅してしまっている。
    声の担当は新谷真弓氏。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-01
    ビートジョッキーには、「チーム」を結成して戦っている「猿人」と、それらをサポートする炎ネズミのチュリスたち、そして強力な力を持つ戦車が存在している。
  • DMEX-02
    オイラとチュチュリスがいれば、“MSL”のアニキも速攻呼べるッス! アニキがいれば守りは完璧ッス! ―ダチッコ・チュリス
  • DMEX-11
    オイラのチームのキングが、今まで以上にマジで、そして史上最高にボンバーなキングッス! — ダチッコ・チュリス
  • カードグミ(P91/Y16)
    ミュージック、スタート! イェアァアアアーーッ!!! ―火の玉 ボルツ&ダチッコ・チュリス
  • DMEX-15
    「マジでBAD」が口癖の火文明のマスター。それが火の玉 ボルツだ! 最高の相棒はダチッコ・チュリス!今日も最強切り札が火を噴くぜ!
  • DMEX-16
    ボルツの最大の相棒、それがダチッコ・チュリス。ダチッコでコストを減らせば大型のマジボンバーを出すのも、即スター進化するのも自由自在だ!

収録セット [編集]

参考 [編集]