《“R-夢(リズム)”ララッタ》 [編集]

“R-夢”ララッタ UC 火文明 (3)
クリーチャー:ビートジョッキー 2000
G・G・G:自分の手札が1枚以下なら、自分のビートジョッキーの召喚コストは2少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。

DMRP-07で登場したビートジョッキー

G・G・Gで自分のビートジョッキーを2コスト軽減する。

同様のコスト軽減効果を持つ《DB“ファンク”C-軍》と比べると、こちらの方が出しやすい。
【速攻】はクリーチャーを召喚するためのマナが少なくなることが弱点として挙げられるため、手札が一枚だけ残った時点で召喚できるコストを下げられるのはありがたい。

ただ、常時コストを下げられる《一番隊 チュチュリス》と比較すると、条件を満たさなければ発揮できない点が真っ先に上がり、このカードの価値がより低く見られるというジレンマを抱えている。
しかも、G・G・Gの条件上、対象にできるのは残った手札の1枚だけでありさらに腐りやすい。この点ではコスト軽減に加え、後続を引き連れるためのドロー効果を持つ、《DB“ファンク”C-軍》に軍配が上がる。

一番の懸念はやはり手札を貯め込む《“罰怒”ブランド》との相性が最悪である点であろう。また3コストなので普通は3ターン目に出すことになり、そうなると仮に《“罰怒”ブランド》による1ショットキルを阻害しないとしても、そもそも《“罰怒”ブランド》で動き始めるまでが4ターン目以降と遅くなる。

ビートジョッキーでは完全に非主流だが、《養卵類 エッグザウラー》等でキャントリップ、あるいは墓地召喚マナ召喚を与えられるカードと組み合わせれば、弱点は解消できる。カードプールの拡大に期待したいところ。

  • カードイラストにはリコーダーを吹いてリズムを刻む炎ネズミが描かれている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-07
    ゴキゲンなリズムに乗れば、魔導具の脅威なんてへっちゃらッス! ― “R-夢”ララッタ

収録セット [編集]

参考 [編集]