我我我(ガガガ)ガイアール・ブランド》 [編集]

我我我ガイアール・ブランド KGM 火文明 (8)
スター進化クリーチャー:ビートジョッキー/レッド・コマンド・ドラゴン/レクスターズ 9000
このクリーチャーを、コストを3少なくし、さらに、このターン、自分の他の火のクリーチャーを召喚していれば、追加で3少なくして召喚してもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーは可能なら攻撃し、その攻撃の後でこのクリーチャーを破壊する。
スター進化:レクスターズまたは火のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このカードが離れた時、自分のクリーチャーをすべてアンタップし、このターンそれらに「スピードアタッカー」を与える。

DMRP-18で登場したビートジョッキー/レッド・コマンド・ドラゴン/レクスターズスター進化クリーチャー

任意で、このクリーチャーを5マナあるいは2マナ(同ターンに自身の他の火のクリーチャーを召喚していた場合のみ)で召喚でき、そのデメリット攻撃強制付与攻撃の後自壊が発動してしまう。

ただし、自壊と離れた時効果、スター進化クリーチャーの性質が凶悪なシナジーを形成している。
その離れた時効果とは、自分のクリーチャーを全員アンタップかつスピードアタッカー化させるというもの。

具体的には、1マナ《凶戦士ブレイズ・クロー》と2マナ《ガイアール・ブランド》と召喚すれば、まず《ガイアール・ブランド》が2打点、攻撃後に退化して、スピードアタッカーを付与された《ブレイズ・クロー》による1打点とわずか3マナでタイムラグなしに3打点が生成できる
自分のクリーチャーをアンタップさせる性質上、他に打点がいたら3点どころではない打点も生成でき、進化速攻にもワンショットにも適性がある優秀なカードといえる。

このカードを入れるような【赤単速攻】だと、ハナから攻撃するつもりで打点を出すため、可能であれば攻撃するという制約もまったくもってデメリットにならない。

極めつけに、打点増加は《“魔神轟怒”ブランド》のようなアタックトリガーではないため、「攻撃前にS・トリガー除去されたせいで……」という不安すらもケアできてしまう。
無論、G・ストライクプリン効果、攻撃前にタップされた場合など、除去をせずに妨害する手段まではケアできないため、相手のデッキタイプや採用カードの傾向を見て攻撃タイミングを判断していきたいところ。

コスト8というのも優秀であり、《リーリィ・ペロル》など高コストに反応するカードと相性が良かったり、《時の法皇 ミラダンテXII》召喚ロックに引っ掛からない他、《ドンドン火噴くナウ》などの山札から捲ったカード依存のコスト火力に対しても強固。相手のマナゾーン枚数が増えていない状況なら《百族の長 プチョヘンザ》によるタップインも掻い潜る。

ただ、入るデッキが【赤単速攻】か、2色以上のデッキであっても多色クリーチャーを殆ど使用しない構築となるのが自然なので、スター進化による耐性さえ消費させれば、《襲来、鬼札王国!》《灰燼と天門の儀式》などからの《聖魔連結王 ドルファディロム》呼び出しによる全体除去発動で案外解決されてしまうことも。

ビートジョッキーシナジーを活かし、【赤単ブランド】【“B-我”ライザ】のサブフィニッシャーにしても良い。
《一番隊 チュチュリス》《ダチッコ・チュリス》などがいれば、1マナで《ガイアール・ブランド》を召喚できる。

自壊するドラゴンなので《黒神龍グールジェネレイド》との相性も抜群。スピードアタッカー付与できるのでそちらの打点を活かしやすい。

【テスタ・ロッサ】とも構築次第で好相性と言える。《百万超邪 クロスファイア》を採用している場合そちらがタダ出し進化元になる上に、《灼熱連鎖 テスタ・ロッサ》での大量展開によって過剰打点での3ターンキルを狙うことも可能。

ルール [編集]

一見、特に難しいことを書いていないようで、裁定がなかなかややこしい1枚。詳しい裁定が出るまで物議を醸したほどなので、今一度ルールを確認されたし。

  • 回数の指定がない「可能なら攻撃する」というテキストは、このターン中すでに一度攻撃している場合、召喚酔いがなくアンタップであっても攻撃しないことも選ぶことができる。
    • なお、《ニドギリ・ドラゴン》のように、攻撃回数が指定されていた場合は、その回数攻撃をしていたのなら攻撃しないことを選べる。
  • このカードの「その攻撃の後」とは、「コスト軽減を使ったことで発生した『可能であれば攻撃する』の攻撃の後」である(公式Q&A)。
    なので、このターン中すでに一度攻撃している場合、攻撃したクリーチャーは破壊されない。

その他 [編集]

  • スター進化による耐性で場にとどまってしまうため、革命チェンジとの相性は最悪。比較的簡単に3ターン目に出すことができる火の5コスト以上のドラゴンなので、悪用されまいとこのようなデザインにされるのは当然か。
  • シールド戦では一たびピックしたなら3以上のデッキの構築をこのカード仕様に歪めても良いぐらいであり、DMRP-18発売直後のチャンピオンシップではこのカードのために無理矢理構築をウィニーに寄せた白青赤構築のデッキが4位入賞を果たしていた。
  • キングマスターカードでありながら一見名称に『王』を持つ言葉を含まないように見えるが、力を借りている存在が《ガイアール・カイザー》であるため、名称ルールに沿っていると言えなくもない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]

+  公式Q&A

[1]
ターン・プレイヤーは、自分のクリーチャーに何らかの強制(そのクリーチャーは攻撃する、あるいは何らかの条件を満たした場合そのクリーチャーで攻撃するという効果)がある場合、そのターン中にそのクリーチャーを攻撃させなくてはいけません。強制の働いているクリーチャーが攻撃に参加する順番は任意です。