任意(にんい) [編集]

「〜してもよい」もしくは「〜(ある数)まで…する」と書かれており、必ずしもその処理を行わなくてもよい効果の俗称。

浄化の精霊ウルス SR 光文明 (6)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 6000
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップしてもよい
ヘブンズ・ゲート R 光文明 (6)
呪文
S・トリガー
進化クリーチャーではない光の「ブロッカー」を持つクリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。

「〜してもよい」と書かれたテキストならば、敢えてその処理を行わなくてもよい。

例えば、相手が《地獄門デス・ゲート》手札に持っている場合、敢えて《浄化の精霊ウルス》アンタップさせないというプレイングをとり、《デス・ゲート》を回避することができる。

上記の《ヘブンズ・ゲート》は「〜する」というテキストだが、「〜まで」という言葉がある場合、「0枚、0体」という選択も取ることができるため、事実上の任意である。「好きな数」と書かれている場合も同様の選択が可能。

融通が効くので、テキストはよく確認するようにしたい。

  • 同一のイベントに適用できる複数の置換効果があり、それらの発生源の持ち主が異なる場合、適用はターン・プレイヤーから行う。
  • 同じ効果の任意の誘発型能力が同時に誘発した場合、使用宣言は必要ない。例えば、《クゥリャン》を2体同時にバトルゾーンに出した時、トリガーした段階で効果を使うか選ぶ必要はなく、この例では《クゥリャン》Aのcipを使ってカードを1枚引いてから《クゥリャン》Bのcipを使うかどうか選べる(2018/2/25正式回答)。
  • 対義語は「強制」。あちらは、自分が不利になる状況でも所定の処理を必ず実行しなければならない。

実質任意 [編集]

「○○する。」という強制テキストでも、任意と同じように扱える場合がある。

1.非公開ゾーンからカードを選ぶ場合

例えば、山札を見て特定のカードを移動させるという効果の場合、指定されたカードが1枚もない場合、山札を見せて「カードがない」ことを証明する義務はない。
そのことから、実際には該当するカードがあった場合でも、それを移動させたくないなら「カードがなかった」ということにして、可能なことを行わずに終わることがルールによって許されている。
もちろん、その後非公開ゾーンから該当するカードが出てきたとしても罰されることはない。

2.好きな数を選ぶ場合

「○体まで選ぶ。」というテキストなら、0体を選ぶこともできるため、《シン・ガイギンガ》などの選びたくないクリーチャーが存在していても、選ばずに済む。
ただし、「○体まで選んでもよい。」というテキストなら、「選ぶor選ばない」→「選ぶなら好きな数選ぶ」という順序になるため、先に「選ばない」ことを宣言すれば《「迅雷」の鬼 ライジン天》で強制的に《シン・ガイギンガ》を選ばれることはない。
逆に「○体まで選ぶ。」というテキストなら0体選ぶか選ばないかの選択権も相手に奪われてしまう。

参考 [編集]