《ガイアール・カイザー》 [編集]

ガイアール・カイザー VIC 火文明 (8)
サイキック・クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 6000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
自分のシールドがブレイクされる時、そのシールドを見る。それを手札に加えるかわりに自分の墓地に置いてもよい。そうしたら、こうして墓地に置いたカードのいずれかと同じコストのハンター・サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンから出す。
《ドラゴニック・ピッピー》《ブーストグレンオー》覚醒リンク後⇒《激竜王ガイアール・オウドラゴン》

DMR-01で登場したビクトリーを持つサイキックレッド・コマンド・ドラゴン/ハンター

最初のビクトリーの1枚であり、Victory(勝利)の称号に相応しいスペックを持つ。

このカードの特長はサイキック・クリーチャー唯一のW・ブレイカー持ちのスピードアタッカーであること。召喚酔いが無いW・ブレイカーの優秀さは過去の《ボルシャック・大和・ドラゴン》などで証明済みであり、それが超次元ゾーンから手軽に呼び出せるのは非常に強力。
特に《超次元シューティング・ホール》から呼び出せば1マナ軽い擬似的な《爆竜 GENJI・XX》として扱え、このコンボは「シューティングガイアール」としてビートダウンの定番となっている。

またスピードアタッカー以外にも、自分のブレイクされたシールド墓地に置く事で同コストハンターサイキック・クリーチャーを呼び出す能力を持つ。使い勝手としては、自分の超次元ゾーンハンターS・トリガー化することに近い。

受動的な能力だが、《ドラゴニック・ピッピー》《ブーストグレンオー》を呼び出して覚醒リンクを狙える。《アルプスの使徒メリーアン》《流星のフォーエバー・カイザー》《勝利のプリンプリン》などを出せれば、相手のクリーチャーによる攻撃を防ぐことができるのでなかなか器用。

総じて非常に優秀なサイキック・クリーチャーであるが、唯一のデメリットとしてそのサイキックコスト重さが挙げられるだろう。超次元呪文で最も使用率の高い《超次元ボルシャック・ホール》からは呼び出せないため、前述の《超次元シューティング・ホール》などのカードを別に用意する必要がある。

ビートダウンではよく見かける1枚なので、超次元ゾーンに見えたら、相手の超次元呪文に警戒していきたい。

登場時からだいぶインフレが進んだ現在でもそのスペックは健在。単色で自前でスピードアタッカーを持ったW・ブレイカー持ちのドラゴン・サイキック・クリーチャーは今でも貴重である。

  • 「ガイアール(Ganhar)」はポルトガル語で「勝利」、「カイザー(kaiser)」はドイツ語で「皇帝」の意味であり、直訳すると「勝利皇帝」となる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《ガイアール・カイザー》《The ジョギラゴン・アバレガン》、相手の《モモキング -旅丸-》がバトルゾーンにいる状況です。
自分の《The ジョギラゴン・アバレガン》の「攻撃する時」の能力で自分のシールドをブレイクする際、《ガイアール・カイザー》の置換効果を使い、そのシールドを手札に加えるかわりに墓地に置きました。超次元ゾーンから墓地に置いたカードと同じコストのハンター・サイキック・クリーチャーを出す際、《モモキング -旅丸-》の置換効果はどうなりますか?
A.置換効果が適用され、出そうとしたサイキック・クリーチャーはマナゾーンに置かれます。
《ガイアール・カイザー》の能力は置換効果ですが、「そうしたら」以降の文章は置換効果として扱いません。サイキック・クリーチャーを出す効果は置換効果ではないので、それに対して《モモキング -旅丸-》の置換効果が適用され、マナゾーンに置かれます。
(総合ルール 101.5a[1]
引用元


[1] 置換効果が句点で区切られる文章の一部を変更したとき、その句点で区切られる範囲の文章はそれ以上置換されることはありません。同じ能力内でも「そうした場合、」などで表される別の句点で区切られる文章であればそれは別のイベントとみなし、その部分は置換されているものとして扱いません。もともとの効果は置換された箇所を含めてひとつの効果として処理します。