魔帝連結(まていれんけつ) ガイゼキアール》 [編集]

魔帝連結 ガイゼキアール VR 光/闇/火文明 (6)
クリーチャー:ディスペクター/デーモン・コマンド/レッド・コマンド・ドラゴン 9000
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
カードが自分のシールドゾーンから墓地に置かれた時、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶カードを1枚引く。
▶相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
▶相手のクリーチャーを1体選び、タップする。

DMRP-17で登場した//ディスペクター/デーモン・コマンド/レッド・コマンド・ドラゴン

自分のシールドゾーンのカードが墓地に置かれた時にドローハンデスタップから1つ選んで使うことができる。

EXライフシールドを身代わりにして能力誘発させるデザインと思われるが、相手の除去を待つ必要があるためやや後ろ向きな能力と言える。

他のカードと組み合わせて能力を能動的に誘発させられるが、墓地送りでなければ能力誘発しないため、組み合わせられる能力も限られてくる。
また、能力が地味で物足りないかつ鬼札王国月光王国シールド回収と合わない点も気になる。
エンジェル・コマンド《デュアルショック・ドラゴン》などと組み合わせるのがベターか。特に《偽りの星夜 スター・イン・ザ・ラブ》は全体除去を掻い潜りつつハンデスできるため相性が良い。また、《黙示録、それはラグナロク》EXライフの残機が失われる事になるが、シールドを増やしつつ大量にこのクリーチャーの能力を使える。

いっそのこと「着地しやすい準バニラ」というような感覚で《蒼き守護神 ドギラゴン閃》ファイナル革命先に使うのも良いかもしれない。ただし、メジャーな型の【ドギラゴン閃】においては色が合わないのが難点。

  • モードを持つ能力を使う際、使用宣言のタイミングでどの効果を使用するか選択するのだが、このクリーチャーの場合、それが誘発型能力である。そのため、シールド墓地に置かれた瞬間、解決中の能力・効果を差し置いて、まず1番にこのクリーチャーの能力で何を適用するか、選択し宣言する必要がある
    +  公式Q&A
    • なお、実際に選んだ能力を解決するのは、従来通り現在解決中の能力の処理が終わってからになる。

その他 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]