とこしえの超人(プライマル・ジャイアント) [編集]

とこしえの超人 UC 自然文明 (1)
クリーチャー:ジャイアント 4000
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
相手が自身の手札以外からカードを出す時、かわりにマナゾーンに置く。

DMRP-17で登場した相手プレイヤー攻撃できないジャイアント
G・ストライクと、手札以外のゾーンから出すことを着地置換効果マナ送りにする能力を持つ。

初となる、1コストという軽さのメタクリーチャーにして、防御札にもなるカード。
メタの対象になるのは「クリーチャー」ではなくカード全般が対象であり、「相手のターン中」という指定もない。

超次元超GRカードであれば相手のマナを増やすこともないため、それらをメインに使う相手であれば、《検問の守り 輝羅》以上に有用なメタカードになるだろう。

GR召喚手段は最軽量でも2コストからとなるため、原則全てのGR召喚に間に合うコストである。
例外として、《大罪より生まれし果実》《失罪 モグニ否フ》無月の大罪を使って使った場合のみ、先攻1ターン目にGR召喚はできてしまう。
ただしターン終わりに1体破壊するデメリットにより、基本的にはGRクリーチャーは残らない。

またパワー4000とコスト1にしては高めであり、《墓地の儀》で破壊されず、メタクリーチャーへの殴り返しにも期待できる。ただし《バングリッドX7》《イッコダス・ケイジ/種デスティニー》、そして同じくコスト1の《スチーム・ハエタタキ》で処理されるラインなのには注意。

  • 相手が自分のカードを封印するとき、封印は山札(手札以外)の場所から出すので、相手にマナブーストを許してしまう。
    • 例えば、《Black Lotus》を使われると、コスト0で3マナブーストを許してしまう。一応《Black Lotus》に封印が置かれるタイミングが存在しないため、《Black Lotus》のコスト軽減は発揮されないものの、長期的には利敵行為に繋がりかねない。
  • とこしえが「永久」に対してルビのプライマル(primal)は「原初」と、意味が異なっている。元ネタがエン(円)シェントに対してプライマル(丸)という言葉遊びだろうか。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-17
    振り下ろされた爪を刀で受け流したモモキング。咄嗟に反撃しようとするが、気づけばボルシャックの姿が炎の向こう側にいくつも見えていた。「炎の幻影。さて、本物の我を見破れるかな」それを聞くやいなや、モモキングは何と目を閉じた!

収録セット [編集]

参考 [編集]