∞龍(むげんりゅう) ゲンムエンペラー》 [編集]

∞龍 ゲンムエンペラー KGM 水/闇文明 (∞)
クリーチャー:∞マスター・ドラゴン/チーム零 ∞
<ムゲンクライム>4(自分のクリーチャーを4体タップして、[水/闇(4)]支払って、このクリーチャーを自分の手札または墓地から召喚してもよい)
∞ブレイカー(「∞ブレイカー」を持つクリーチャーは、相手のシールドを好きな数ブレイクできる)
ブロッカー
コスト5以下のクリーチャーの能力とコスト5以下の呪文の効果を無視する。

DMRP-15で登場した/∞マスター・ドラゴン/チーム零

ムゲンクライム4で出せる∞ ブレイカーブロッカーであり、コスト5以下のクリーチャー能力呪文効果無視する能力を持つ。

真っ先に目につくのはコストパワーの両方が無限という規格外のサイズだろう。

普通にコストを支払って出すことはできないが、自身のムゲンクライムか、他のカードによるコスト踏み倒し効果を使って比較的容易出すことができる。

ムゲンクライムの条件は厳しいものではなく、ノーコストでリアニメイトする手段の多いため、4ターン目に出すことも容易。
踏み倒しに関しても、特に制限やペナルティはない上にドラゴン種族を持つため、【連ドラ】を含む、様々な踏み倒しを利用したデッキで採用が検討できる。ご丁寧にブロッカーも持つため、《天門ノ裁キ》で出すこともできる。

ムゲンクライムかコスト踏み倒し、どちらの手段を使って出しても強力なクリーチャーのため、コスト無限という癖が強そうなステータスに反して汎用性は高め。

幅広い範囲の能力、効果無視に加えて、高パワーを持つため、早期に出されるとこのクリーチャーを除去するのはなかなか大変。

ビートダウンGRクリーチャー主体のデッキなど、相手次第ではこのカード1枚で詰ませることもあるだろう。
コスト6以上のカードには干渉しないが、いくらヘヴィ級のカードを多数採用した【ゲイル・ヴェスパー】DMBD-06でも、デッキの潤滑油としてコスト5以下の呪文を使うことは多々ある。
早期召喚出来ればあらゆるデッキを鈍化させられるだろう。

しかも、高パワーのブロッカーでもあるため、ムゲンクライムを使ってタップした自分のクリーチャーを殴り返しから守ることができるのはもちろんのこと、自分への攻撃も牽制できる。

パワーは定義上これより高いものが存在しない、最高の値である。当然《大樹王 ギガンディダノス》《龍の極限 ドギラゴールデン》極限ファイナル革命の影響も受けない。

単純に、攻撃制限デメリットがある味方の低コストムゲンクライム元のサポートとしても優秀。

アタッカーとしても優秀で、無限のパワーを持つがゆえにあらゆるクリーチャーを悠々と殴り返しでき、シールドをブレイクする時も∞ブレイカーによって状況に応じてブレイク数を選べる。

コストに対する除去耐性は持っていないが、パワーの高さと低コストカードの能力・効果を封じられるため場持ちがよく、ムゲンクライムによって手札と墓地から再召喚が狙えるため、バウンス破壊にも強い。ムゲンクライムが届かないマナ送りシールド送りには弱いが、近年ののカードはマナ回収シールド回収をする手段が増えていっているため、それでリカバリーできる。にも、自分のシールドを焼却する能力を持つカードがある。
《ゲンムエンペラー》を除去すると能力無視が解除されてしまうことを利用して、心理的に除去されにくくもできる。相手も同じことが言えるので、自分が有利な状況で詰めの一手として出すのも一つの方法である。
ブロッカー除去も5コスト以下のクリーチャー呪文によるものなら自身の能力で無効化できる。卑近な例では《ガイアール・カイザー GS》《叡智の聖騎士 スクアーロ》が効かない。《トゲ玉・キャノンボール》《メガ・ブレード・ドラゴン》などの抜け道が存在するため、それらは使用率は低めだが警戒はするに越したことはない。

しかし、自分も無視能力の対象となるのは気を付けなければならないところ。ムゲンクライムでこのカードを出すために低コストクリーチャーを多く採用した場合、それらがすべてバニラ同然になってしまう。低コスト呪文に至ってはほぼ使い物にならないので、スピードアタッカー付与等のパワーアップも同一ターン中に行うのは困難となる。
また、無視されるのは能力だけであり封印のように存在自体が無視される訳ではない。さらに《幻龍 ゲンムエンペラー》と違いバトルゾーンからクリーチャーを離す効果を持ってはいない。この様に数で押されているようなときに出しても効果は薄いため、出すタイミングには注意したい。

/らしいクセのあるカードではあるが、能力自体は強力かつロマンに溢れている。専用デッキを組んで是非活用したい。

ルール [編集]

未だかつてない能力であるがゆえに、ルールが非常にややこしいため、しっかりと確認したいところ。また、現時点で裁定不明なルールもあり、そこは大会によってジャッジの判断も異なることもあるため、大会に出場する場合は予めジャッジに確認を取るなどしたい。

クリーチャーの能力を無視する能力に関するルール [編集]

常在型能力バトルゾーンに出た瞬間から適用されるため、その能力が同時に解決するが、このクリーチャーの「無視する」の常在型能力が優先され、能力が無視されるためである。

呪文の効果を無視する能力に関するルール [編集]

  • 呪文の効果を無視するので、呪文を唱えている時だけでなく、唱え終わった後にその呪文の解決によって発生した継続的効果も無視される。ここが、クリーチャーの能力が無視されるのとは違うポイント。
    • 例えば、相手が《ジャミング・チャフ》を唱え、次のターンに自分が《∞龍 ゲンムエンペラー》を召喚した場合、《ジャミング・チャフ》の「相手に呪文を唱えられなくする」効果は無視され、自分は呪文を唱えられるようになる。
  • 呪文が持つG・ストライクの効果は、それがコスト5以下なら使うことはできない
    • 宣言をする段階では無視されていないため、手札に加わる時点でG・ストライクである証明のために相手に見せ、宣言を済ませることはできる。ただし、「相手に見せてからクリーチャーを選んでそれを攻撃できなくさせる」という処理は効果であるため、それ全体が無視されることになる。つまり、宣言のため見せていたとしてもG・ストライクを使ったことにはならない。
  • 上記の裁定から、《完全防御革命》などが持つ、効果により自身をディスカードすることも無視の対象に含まれる。適正なタイミングで使用宣言を済ましても、「捨てる」という効果が実行されるタイミングには無視されているため、結果として何も起こらない。

裁定不明のルール [編集]

コスト5以下の呪文の呪文能力解決中に、このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、残存している呪文能力は解決されるのかは不明。

補足 [編集]

このクリーチャーの登場によって、能力効果の違いを、より強く認識する必要が生まれた。過去にもダイヤモンド状態に関して、能力効果の違いをはっきり認識していなかったがために、大会でトラブルになることもあったため、このカードもそれの二の舞にならないようにしたい。

コスト5以下無視で起こる現象 [編集]

  • 《零龍》零龍卍誕時の全体除去ができなくなるばかりか、耐性を失い卍誕した瞬間に破壊される。当然、《零龍》を使用しているプレイヤーも即座に敗北する。またこの能力はバトルゾーンに出た時から発動する常在型能力である為、あまりないことではあろうが《零龍》が既に卍誕している状態であってもこのクリーチャーを出した瞬間に《零龍》の能力が無視されバトルゾーンを離れる。その為やはり《零龍》側のプレイヤーは即座に敗北する。
    • つまりこのクリーチャーはどのタイミングで出しても《零龍》へのメタカードとなるのである。
  • 互いのコスト5以下のクリーチャーはブロッカーを失いブロック出来なくなる。
  • コストが低いかわりにデメリットを持つクリーチャーをバニラとして使うことができる。
    • 《はずれポンの助》など相手プレイヤーを攻撃できないコスト1クリーチャーはそのデメリットを失ったクリーチャーになり、《界王類七動目 ジュランネル》ワールド・ブレイカーも失うがパワー24000のバトルに非常に強いクリーチャーとなる。
    • 軽量ブロッカーは攻撃できない能力を持つことが多いが、その能力も無視される。これは状況によって自分のメリットにも相手に使われるデメリットにもなるので注意。特にこのクリーチャーを出した時に相手にコスト5以下の攻撃できないクリーチャーが複数体いた場合、相手にターンを明け渡したそのターンにこちらが敗北する可能性がある。

環境において [編集]

DMSD-16の発売直後からDMSD-16のカードを用いた【青黒ゲンムエンペラー】の優勝報告が多数挙がり、ムゲンクライムの強さが周知された事で、DMRP-15発売前からこのカードもムゲンクライム能力を用いた【青黒ゲンムエンペラー】での活躍が期待された。
そして、DMRP-15が発売後、その期待通りこのカードを投入した【青黒ゲンムエンペラー】も早速優勝報告が上がることになる。

このカードの獲得により、DMRP-15発売前から環境トップの強さを誇っていた【連ドラグナー】がさらに手を付けられなくなった。
この時期の【連ドラグナー】では《勇者の1号 ハムカツマン蒼》を採用し、早期に強力多色ドラゴンを踏み倒すのが主流であり、このカードもその踏み倒し先として使われた。

さらには発売前に有力視されていた《天門ノ裁キ》ではなく、《闘門の精霊ウェルキウス》を利用してこのクリーチャーを踏み倒す戦法を取る【ヘブンズ・ゲート】の入賞も報告されている。

また、それまでに環境で暴れていた【カリヤドネループ】《零龍》は、このクリーチャーの着地が事実上の死刑宣告となる上に着地ターンが予想外に早い事も相まり、一転してかなり厳しい立場に立たされる事となる。特に《零龍》卍誕後に即敗北する危険性が増す点は事前に危惧されていた通りである他、零龍の儀を1つ潰される影響が非常に大きい。
【青魔導具】《卍 新世壊 卍》ドルスザク達は効果対象外で完封とまでは行かないものの、やはり大半のパーツが効果を失う点は無視できないダメージとなった。
2ターン目等早い内に《卍 新世壊 卍》を展開できていた場合ならばまだしも、《卍 新世壊 卍》展開に手間取っている間にこのクリーチャーの降臨を許してしまうと、カウンター札が全滅した状態でこのクリーチャーの攻撃を受ける事となりほぼ負け確定である。

総じて登場と同時に環境へ与えた影響は凄まじく、それまで厳しい立場にあったコスト6以上のカードの重要性を再認識させるに至った事が大きい。
特にこのクリーチャーへの有力な対策札として《ZERO ハンド》の需要が急増し、多くのデッキが枠を割く事となった。

2020年12月18日殿堂レギュレーション改訂を経て採用先の1つであった【連ドラグナー】は環境から姿を消した。

王来篇環境が始まると、一旦環境から姿を消した【連ドラグナー】が、《ブレイン・ストーム》軸の【白青赤ドラグナー】のみに限ってこのカードごと環境に戻った。

オリジナルでは [編集]

2021年2月頃のオリジナル環境【ゼロ・ルピアループ】フィニッシャーとして使われるケースが見られるようになった。《無量大龍 トゥリナーツァッチ》と比べると安全性は劣るが、これを活かして雑殴りするプランはソリティアの時間が短く時間切れになりにくいという利点がある。

2021年7月1日殿堂レギュレーション改訂により【オカルトアンダケイン】が事実上消滅すると【ゼロ・ルピアループ】が環境のトップに立ち、ロック能力がミラーマッチで刺さる点が目立つようになった。ソリティアを支える枝葉となるカードが5コスト以下に集中しているためである。

アニメでの活躍 [編集]

ゼーロJr.が使うキングマスターカード
作中のデュエリスト達の間で噂になっていた「謎のデュエリストが使う黒いカード」の正体。
ゼーロJr.はこのカードを使ってキング・オブ・デュエマッチの予選を勝ち上がっていた。

デュエマシーンでの初登場は「キング」19話の「ゼーロJr.vsスマイル王子」。
自身のムゲンクライム召喚され、コスト4以下のカードを主体としたスマイル王子のデッキを完封した。

  • 能力を無視する際「コスト5以下のカードのテキストがこのクリーチャーの体に吸い込まれる」という演出がされていた。

背景ストーリーでは [編集]

チーム零キングマスターにして宇宙より先に存在していた無限の闇を統べる幻の零番目の王。
饒舌な「戯具」たちと違い一言も話さず、強者以外に興味がない。
異空間《夢幻の無》を用いた攻撃や、翼を用いた肉弾戦を得意とする。

  • 上記の様に背景ストーリーにおいても非常に強力で、明確な黒星は《エンド・ジャオウガ》のみと言えるほど様々な相手に勝利ないし優位を保っている。

その他 [編集]

  • 名前に含まれる『0(零)』と『』という点から、《零龍》との対比がうかがえる。余談ではあるが、これは《暗黒凰ゼロ・フェニックス》《龍炎凰インフィニティ・フェニックス》の構図と似ている。
    • また、前述の通り、《∞龍 ゲンムエンペラー》は《零龍》のメタカードになっている。息子の切り札が父親の切り札に強いのは、狙ってやったことだろうか。
    • 更に、『4体のクリーチャーをコストに手札または墓地から召喚』というのは無月の門に通じる物がある。
    • シークレットカードでは正面を向いており《零龍》と似たポーズをしている。
  • ムゲンクライム4は4体のクリーチャーと4枚のマナ(合計8枚のカード)をタップするため、「8を横向きにして∞」という意味があるのかもしれない。
  • カード上に∞の文字が6箇所も記載されている。∞と対極にある右上のがよりいっそう目立って見えることだろう。
  • 一見すると眼や口が確認できない顔とエイリアンの様な特徴を持つ風貌だが、アニメでのCGを見ると口が存在している事が分かる。
    もっとも、従来のドラゴンエイリアンの様に左右へ大きく裂けたものではなく、人間の様な小さく丸い口である。また、牙も存在しない。
    カードイラストでは一切描写されていなかったため、CGを見て驚いた人も多いだろう。
    また漫画版では普通のドラゴンらしい牙を持った口がある。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分は《イッツ・ショータイム》を唱えました。相手が手札から《∞龍 ゲンムエンペラー》を1体バトルゾーンに出した場合、自分は「その中でコストが一番大きいクリーチャー以上のコストを持つクリーチャー」であるとして、《∞龍 ゲンムエンペラー》手札からコストを支払わずに召喚できますか?
A.はい、《∞龍 ゲンムエンペラー》召喚することができます。
引用元

Q.バトルゾーン《武鍵の鎖 スピンパンダ》能力で「ブロッカー」を得た相手のクリーチャーが1体います。自分は《∞龍 ゲンムエンペラー》召喚しました。相手のそのクリーチャーは「ブロッカー」を得ているままですか?
A.そのクリーチャーは「ブロッカー」を得ているままです。ただしそのクリーチャーコストが5以下の場合、《∞龍 ゲンムエンペラー》効果によって得ている能力が無視されるので、ブロックすることはできません。逆にコストが5より大きい場合、そのクリーチャーブロックすることができます。
引用元

Q.バトルゾーン《∞龍 ゲンムエンペラー》が1体います。自分のマナゾーン文明がある状況で《夜露死苦 キャロル》《デーモン・ハンド》破壊されました。この《夜露死苦 キャロル》の「墓地に置かれる時」の置換効果解決しますか?
A.いいえ、《夜露死苦 キャロル》置換効果解決できず、墓地に置かれます。バトルゾーン《夜露死苦 キャロル》能力無視されており、移動する直前に能力無視されている場合はその移動に対する置換効果を適用できません。
(総合ルール 200.3 609.2)
引用元

Q.《∞龍 ゲンムエンペラー》で攻撃し、「∞ブレイカー」により相手のシールドを全てブレイクしました。相手が「S・トリガー」で《DNA・スパーク》を唱え「自分のシールドが2枚以下であれば」の能力でシールドを1枚追加した場合、そのシールドもブレイクできますか?
A.いいえ、全てのシールドのブレイクが行われた後に「S・トリガー」を使用します。後から追加したシールドはブレイクされません。
引用元

Q.《∞龍 ゲンムエンペラー》の「コスト5以下のクリーチャーの能力とコスト5以下の呪文の効果を無視する。」はどんな能力ですか?
A.バトルゾーンにいるコスト5以下のクリーチャーの能力と、コスト5以下の呪文に書かれているルールテキストは、結果的に何もしないということです。「得る」や「与える」などで追加された効果も無視されます。
引用元

Q.《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンにいる時、「ニンジャ・ストライク」能力で召喚した《斬隠テンサイ・ジャニット》は、そのターンの終わりにバトルゾーンから持ち主の山札の一番下に置かれますか?
A.はい、山札の一番下に置かれます。
《∞龍 ゲンムエンペラー》の能力により、バトルゾーンの《斬隠テンサイ・ジャニット》は能力が無視されますが、使用した「ニンジャ・ストライク」の効果は無視されません。
引用元

Q.バトルゾーンに《∞龍 ゲンムエンペラー》が1体います。《カビパン男》をバトルゾーンに出しました。この場合、他のクリーチャーのパワーは全て-1000されますか?
A.常在型能力に適用順番はなく、基本的に同時に解決されます。
この場合は「無視する」効果が優先され、クリーチャーのパワーはマイナスされません。
引用元

Q.バトルゾーンに相手の《∞龍 ゲンムエンペラー》が1体います。この状況で、自分の水のクリーチャーを2体タップし、《シンクロ・スパイラル》を唱えることはできますか?
A.はい、タップして唱えることができます。ただし効果は無視されていますので何も起こりません。
引用元

Q.相手が《ジャミング・チャフ》を唱えました。次のターンに自分が《∞龍 ゲンムエンペラー》を召喚した場合、「コスト5以下の呪文の効果を無視する。」の能力で、自分は呪文を唱えられるようになりますか?
A.はい、《∞龍 ゲンムエンペラー》の能力は呪文が生成した継続的効果も無視するため、呪文を唱えることができるようになります。
引用元

Q.バトルゾーンに相手の《∞龍 ゲンムエンペラー》が1体いる状況で自分の《スゴ腕プロジューサー》が破壊された場合、《スゴ腕プロジューサー》の「離れた時」の能力は使えますか?
A.いいえ、使えません。カードがバトルゾーンを離れたことでトリガーする能力は、そのカード自身について移動する直前のバトルゾーンにあった状況を参照します。
バトルゾーンで《スゴ腕プロジューサー》の能力は無視されていたので、「離れた時」の能力も無視され、使えなくなります。
引用元

Q.バトルゾーンに《∞龍 ゲンムエンペラー》がいます。相手のターンのはじめに、相手は自身のシールドを1枚墓地に置き、墓地から《暗黒鎧 ザロスト》をバトルゾーンに出せますか?
A.はい、バトルゾーンに出せます。《∞龍 ゲンムエンペラー》の能力は、バトルゾーンにいるコスト5以下のクリーチャーの能力を無視します。
引用元

Q.自分の《聖武の鎖 レスラコーン》が攻撃して「アバレチェーン」が発動し、効果により自身が破壊されなくなりました。次のターンに相手が《∞龍 ゲンムエンペラー》をバトルゾーンに出した場合、《聖武の鎖 レスラコーン》の「破壊されない」効果はどうなりますか?
A.その場合でも、次の自分のターンのはじめまで《聖武の鎖 レスラコーン》は破壊されません。《∞龍 ゲンムエンペラー》はクリーチャーの能力を無視しますが、既に発動したクリーチャーの効果を無効にすることはできません。
引用元

Q.バトルゾーンに相手の《ツネキン☆ゲームス》が1体います。自分は《∞龍 ゲンムエンペラー》を召喚しましたが、この《∞龍 ゲンムエンペラー》はバトルゾーンに出すかわりにマナゾーンに置かれてしまいますか?
A.はい、《∞龍 ゲンムエンペラー》はバトルゾーンに出ずに、そのかわりにマナゾーンに置かれます。
引用元

Q.バトルゾーンに《∞龍 ゲンムエンペラー》が1体います。自分のマナゾーンに水と火の文明がある状況で《夜露死苦 キャロル》《デーモン・ハンド》で破壊されました。この《夜露死苦 キャロル》の「墓地に置かれる時」の置換効果は解決しますか?
A.いいえ、《夜露死苦 キャロル》の置換効果は解決できず、墓地に置かれます。バトルゾーンの《夜露死苦 キャロル》は能力が無視されており、移動する直前に能力が無視されている場合はその移動に対する置換効果を適用できません。(総合ルール 200.3 609.2)
引用元

Q.バトルゾーンに相手の《奇石 ミクセル》が1体います。自分は《∞龍 ゲンムエンペラー》を召喚しました。この場合、《∞龍 ゲンムエンペラー》《奇石 ミクセル》の効果で山札の一番下に置かれてしまいますか?
A.いいえ、《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンに出た時点で能力が無視されますので、能力は誘発せず山札の一番下に置かれません。
引用元

Q.バトルゾーンに自分は《∞龍 ゲンムエンペラー》がいる状況で、相手は《卍 新世壊 卍》があります。相手は《堕呪 ウキドゥ》を唱えました。《堕呪 ウキドゥ》の効果は解決されませんでしたが、《卍 新世壊 卍》の効果で《卍 新世壊 卍》下に置き、カードを1枚引けますか?
A.はい、効果を解決できませんが、唱えてはいますので《卍 新世壊 卍》の下に置き、カードを1枚引きます。
引用元

Q.《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンにいて、コスト5以下の呪文の効果が無視されている状況です。自分のブレイクされたシールドが《フェアリー・Re:ライフ》だった時、その「G・ストライク」は使えますか?
A.いいえ、使えません。呪文の能力は無視されていないので「G・ストライク」はトリガーし、その宣言をすることもできますが、効果は無視されているので、結果的に何も起こりません。
引用元

Q.リンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》がバトルゾーンにいる状況で、《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンに出ました。リンクは解除されますか?
A.いいえ、解除されません。リンクしている《龍神ヘヴィ》《龍神メタル》のコストは12です。
(総合ルール 803.1b[1]
引用元

Q.バトルゾーンに相手の《∞龍 ゲンムエンペラー》《腐聖 ベガ-2》がいる状況で、自分は《龍騎旋竜ボルシャック・バルガ》をバトルゾーンに出しました。コスト5以下のクリーチャーは《∞龍 ゲンムエンペラー》によって能力が無視されていますが、《龍騎旋竜ボルシャック・バルガ》の「出た時」の能力で《腐聖 ベガ-2》は破壊されますか?
A.はい、破壊されます。《∞龍 ゲンムエンペラー》の効果でコスト5以下のクリーチャーの能力は無視されていますが、能力そのものは失われていません。
結果的に、《∞龍 ゲンムエンペラー》《腐聖 ベガ-2》の両方が、《龍騎旋竜ボルシャック・バルガ》の「出た時」の能力で破壊されます。
引用元


[1] リンクしたゴッドは、1 体のクリーチャーとしてそれを構成する各ゴッドの名前、能力、文明などの特性をすべて持つものとして扱います。ただし、それを構成する各カードの個別の特性を変更させるものではなく、集合体として 1 体のクリーチャーとして扱うことに注意してください。