∞龍(むげんりゅう) ゲンムエンペラー》 [編集]

∞龍 ゲンムエンペラー KGM 水/闇文明 (∞)
クリーチャー:∞マスター・ドラゴン/チーム零 ∞
<ムゲンクライム>4(自分のクリーチャーを4体タップして、[水/闇(4)]支払って、このクリーチャーを自分の手札または墓地から召喚してもよい)
∞ ブレイカー(「∞ブレイカー」を持つクリーチャーは、相手のシールドを好きな数ブレイクできる)
ブロッカー
コスト5以下のクリーチャーの能力とコスト5以下の呪文の効果を無視する。

DMRP-15で登場した/∞マスター・ドラゴン/チーム零

ムゲンクライム4で出せる∞ ブレイカーブロッカーであり、コスト5以下のクリーチャー能力呪文効果無視する能力を持つ。

真っ先に眼につくのはコストパワーの両方が無限という規格外のサイズだろう。

コスト無限であるため普通にマナを支払って出すことはできない。その代わり、新能力ムゲンクライム>を使って自分のクリーチャーを4体タップすれば、4マナでの召喚ができる。自分のクリーチャータップする分スキが生まれるが、自身がブロッカーを持つのでささやかながらムゲンクライム後の反撃も受けづらくなっている。これだけ巨大なクリーチャーが4ターン前後で場に出れば、相手のプレッシャーも相当なものとなる。
場に出す制限は特にないため、ムゲンクライムでなくとも、コストの高さに制限のないコスト踏み倒し《龍覇 ザ=デッドマン》のような代替コストでも出すことが可能。後述の通りドラゴンであること、ブロッカーを持つことにも注目すれば、バトルゾーンに出す方法は意外と多い。

そして最大の目玉と言えるのが互いにコスト5以下のクリーチャー呪文の効果を無視する能力である。
ビートダウンGRクリーチャー主体のデッキなど、相手次第ではこのカード1枚で詰ませる事すらあり得る。
コスト6以上のカードには干渉しないが、いくらヘヴィ級のカードを多数採用した【ゲイル・ヴェスパー】DMBD-06でも、デッキの潤滑油としてコスト5以下の呪文を使うことは多々ある。
早期召喚出来ればあらゆるデッキを鈍化させられるだろう。

そして、コストパワーだけでなく、ブレイク数もである。相手のコスト5以下のブロッカーを無視しつつ、∞ ブレイカーを叩き込めるので高い突破性能を持つ。特に採用率の高い《光牙忍ハヤブサマル》で邪魔されないのは優秀である。

根本的な除去耐性は持っていないが、ムゲンクライムによる墓地召喚や実質的にバトルに必ず勝つパワーのおかげで場持ちもいい。ただし過信は禁物で、ムゲンクライムが届かないマナ送りシールド送りにされると再度バトルゾーンに出すことが難しくなる。文明の得意なマナ回収シールド回収でカバーしたい。
《ゲンムエンペラー》を除去すると能力無視が解除されてしまうことを利用して、心理的に除去されにくくもできる。相手も同じことが言えるので、自分が有利な状況で詰めの一手として出すのも一つの方法である。

注意点はいくつかある。
まず、自分も無視能力の対象となる。ムゲンクライムでこのカードを出すために低コストクリーチャーを多く採用した場合、それらがすべてバニラ同然になってしまう。低コスト呪文に至ってはほぼ使い物にならないので、スピードアタッカー付与等のパワーアップも同一ターン中に行うのは困難となる。
また、無視されるのは能力だけであり封印のように存在自体が無視される訳ではない。数で押されているようなときに出しても効果は薄いため、出すタイミングには注意したい。

/らしいクセのあるカードではあるが、能力自体は強力かつロマンに溢れている。専用デッキを組んで是非活用したい。

  • ドラゴンなので、ドラゴンを踏み倒す手段の多い【連ドラ】で使用するのも手。【連ドラ】は高コストのカードが多いため、このクリーチャーの無視能力にも引っかかりにくい。

ルール [編集]

  • パワー∞は、それよりも大きい数を選ぶことのできない数字として扱われる。
    • パンプアップパワー低下をどれだけ受けても変更されることのない値(「状態」のほうが実態に近い)として扱う。ただしパワーがマイナス∞された場合はルールによって破壊される(108.1c)。
    • パワー固定によって∞から別の値に変更はできる。∞に足したり引いたりしているわけではないため。
    • パワー∞同士のバトルは、一般的な同じパワーを持つバトルと同じく、両方がバトルに負けることになり、どちらも破壊される。
  • 《あたりポンの助》の例から、クリーチャーの能力を無視するのは、バトルゾーンのクリーチャーのみ対象である可能性が高い。その場合、その他のゾーンにある、コスト5以下のクリーチャーの能力は問題なく使える。
  • 問題は呪文の効果を無視する方。これは、呪文を唱えている間のその効果だけを無視するのか、それとも呪文を唱え終わった後にその呪文によって生成された継続的効果や、呪文能力以外の能力による効果も無視されるのかは不明。

コスト5以下無視で起こる現象 [編集]

  • 《零龍》全体除去ができなくなるばかりか、耐性を失い零龍卍誕した瞬間に破壊される。当然、《零龍》を使用しているプレイヤーも即座に敗北する。またこの能力はバトルゾーンに出た時から発動する常在効果である。あまりないことではあろうが《零龍》が既に卍誕している状態であってもこのクリーチャーを出した瞬間に《零龍》の能力が無視されバトルゾーンを離れる為、やはり《零龍》側のプレイヤーは即座に敗北する。
    • つまりこのクリーチャーはどのタイミングで出しても《零龍》へのメタカードとなるのである。
  • 互いのコスト5以下のクリーチャーはブロッカーを失いブロック出来なくなる。
  • コストが低いかわりにデメリットを持つクリーチャーをバニラとして使うことができる。

その他 [編集]

  • また、『4体のクリーチャーをコストに手札または墓地から特殊召喚』というのは無月の門に通じる物がある。
  • カード上に∞の文字が6箇所も記載されている。∞と対極にある右上のがよりいっそう目立って見えることだろう。
  • DMRP-14発売以前に開発段階と思われる画像がリークされた。雑誌媒体以外からのリークは前例がほとんどなかったため、Twitter等で話題になった。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]