勝熱百覇(ジョーネツヒャクパー) モモキングReVo(レヴォリューション) [編集]

勝熱百覇 モモキングReVo KGM 火/自然文明 (7)
クリーチャー:ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札 11000
<キリフダッシュ>[火/自然(8)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火/自然(8)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
自分の手札にあるチーム切札すべてに「キリフダッシュ[火/自然(2)]」を与える。
<キリフダReVo>このクリーチャーが「キリフダッシュ」能力によってバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置き、自分のマナゾーンから3枚まで手札に戻し、自分のマナゾーンのカードをすべてアンタップする。

DMRP-16で登場した/自然ヒーロー・ドラゴン/ジョーカーズ/チーム切札

チーム切札全てにキリフダッシュ[火/自然(2)]を与えるため、チーム切札であれば元のコストにかかわらずコスト2で使用可能。
チーム切札であればクリーチャーだけでなく呪文も対象となる。
キリフダReVoとの相性もよく、本来なら重いコストを払わないと使えない能力コスト2で発動できる。また、通常キリフダッシュを持たないカードであってもキリフダッシュを付与できるのが特徴。
《モモダチトレーニング!!!》のような手打ちするには重すぎるS・トリガーや、《パンヌダルク》のように名目コストよりキリフダッシュコストの方が高いカードと組み合わせても良いだろう。

キリフダReVoマナブーストマナ回収マナ回復
マナ手札を増やし、自身の能力キリフダッシュを付与したチーム切札を大量召喚できる。《スパダチ ケントナークR》《スパダチ モンキッドR》など、他のキリフダReVo能力も発動させ放題。さらに、2体目の《勝熱百覇 モモキングReVo》を召喚して、再びマナブーストとマナのアンタップし、さらなる大量召喚ができる。

キリフダッシュによる大量展開に加え、厄介なシステムクリーチャーがいても《スパダチ モンキッドR》キリフダReVoで一掃でき、S・トリガー獣などのクリーチャーによる防御札《スパダチ ケントナークR》キリフダReVoでケアできるため、高い1ショットキル性能を発揮できる。
呪文はケアに関しては、ジョーカーズ統一にこだわらなければキリフダッシュ《轟壊!切札MAX》を使い、マナから《お騒がせチューザ》を出すという手もある[1]。もし、S・トリガーをすべてケアしきれない場合は、アンタップマナを残しておいて、後続のキリフダッシュとスピードアタッカーを持ったクリーチャーを出せるように準備しておくなど、細心の注意は払いたい。

難点は、このクリーチャーのキリフダッシュのコストの高さ。4ターン目以内に安定してキリフダッシュで召喚したければ、同弾で登場した《モモモスモモモ・ダッシュ》の存在は必須。

  • 《勝熱百覇 モモキングReVo》の効果で得たキリフダッシュ能力の使用宣言して、それを解決する前に《勝熱百覇 モモキングReVo》がバトルゾーンからいなくなった場合、どうなるかは不明。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] G・ゼロを持つ《ジョジョジョ・マキシマム》攻撃ステップのため使えず、《オラマッハ・ザ・ジョニー》もチーム切札ではないため、キリフダッシュ付与の対象外