マナ回復(かいふく) [編集]

カード能力効果アンタップしたマナを生成すること。

使用したマナより回復したマナのほうが多ければ、実質手札の消費だけでカードを使えたことになる。

回復量が消費量より多いものは、ループするデッキで使われやすい。

1.マナゾーンのカードを直接アンタップするタイプ [編集]

特捜兵クロード C 火文明 (4)
クリーチャー:ヒューマノイド 2000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンまたはマナゾーンにある自分の多色カードを1枚アンタップしてもよい。
ボルバルザーク・エクス SR 火/自然文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン/ハンター 6000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンにあるカードをすべてアンタップする。
※殿堂入り

自然あるいはそれらの多色が得意としている。

回復量に上限がなかった《ボルバルザーク・エクス》が暴れたことから、マナ全回復は基本的に厳しい条件が課せられるようになっている。
条件が緩いものは、自身のコストまでを回復できる。

代表的なマナゾーンのカードを直接アンタップするカード [編集]

2.マナゾーンのカードを入れ替えてアンタップマナにするタイプ [編集]

カラフル・ダンス UC 自然文明 (4)
呪文
自分の山札の上から5枚を、マナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンのカードを5枚、墓地に置く。
※殿堂入り
ハリケーン・クロウラー SR 水文明 (5)
クリーチャー:アースイーター 4000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の手札をすべてマナゾーンに置く。その後、それと同じ枚数のカードを自分のマナゾーンから手札に戻す。
ダイヤモンド・ブリザード SR 自然文明 (3)
進化クリーチャー:スノーフェアリー 5000
進化−スノーフェアリー
バトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンから《ダイヤモンド・ブリザード》以外のスノーフェアリーを、手札の上限枚数になるまで手札に戻す。その後、こうして手札に戻したスノーフェアリーの数だけ、自分の山札の上からカードをマナゾーンに置く。
デュエル・マスターズ プレイスのテキスト

このタイプの場合、回復量が消費量より少ないものでも、「カードをゾーン移動させることのできる疑似コスト軽減」として利用されることが多い。

代表的なマナゾーンのカードを入れ替えてアンタップマナにするカード [編集]

3.その他のマナ回復 [編集]

参考 [編集]