鬼札(おにふだ) アバク [編集]

漫画及びアニメ「デュエル・マスターズ キング」に登場するキャラクター。
アニメ版の担当声優は木村良平氏。

漫画での活躍 [編集]

デュエマアプリ[1]でオリジナルカードを使い連勝無敗記録を更新している謎のデュエリスト。
アプリ内で切札 ジョーと対戦した後、現実世界の方でもデュエマをする。

アニメ「デュエル・マスターズ キング」での活躍 [編集]

第1話では画面越しにメガネ切札 ジョーのデュエマを観戦。
デュエマ終了後、『デュエルマスターズキング』を決める大会『キング・オブ・デュエマッチ』の開催を宣言した。第2話では「腕慣らし」と称してモヒ男を倒した後、メガネキラへの挑戦状を渡させた。第3話ではキラとデュエマッチの初戦として戦う。キラはギャラクシールド鬼タイムを遅らせるも《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》で盤面を破壊しシールドを削り切る。そのままキラを倒し、ポイントを200ポイントにした。(その後ポイント0になり敗退したキラを復帰させるため、20ポイントをキラに与えた。)

決めゼリフは「俺はきれい好きなんだ」。
彼の切札である《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》バトルゾーンクリーチャーを一掃する様を表現した台詞である。
コニーが部屋を散らかしているのに苦言を呈しており、実生活でもきれい好きであるようだ。

第27話の切札 ジョー戦においては、既にジョーのシールドが尽き防御手段もないにも関わらず、「1体でもクリーチャーを残しておくと、そこから逆転してくるかもしれない」という理由から《モモダチ キャンベロ》《モモダチ モンキッド》《モモダチ ケントナーク》を破壊するというオーバーキルを行った。このプレイングは決して悪意があったわけではなく、ジョーの土壇場での逆転を懸念しての行為であり、むしろジョーのことは評価していた。

自身が強くなることにかなり執着しており、強者と戦うことでより自身の実力を上げようとしている。しかし第33話にて、向上心の裏には何か恐ろしい企みがあるのではないかと、大長老から勘ぐられる。

そして、大長老の勘は的中。アバクの真の目的は、キング・オブ・デュエマッチの参加者が集めた魂ポイントを吸い取って、世界中の人々を鬼化することだった。

第39話ではSDP(すんごいデュエマプレイヤー)に選ばれたキラ達に誘導と見せかけて、誘き出す形で遺跡の最奥にあるで彼らを洗脳に近い能力で鬼化させる。鬼化された者は普段よりハイテンションになり、《凄惨なる牙 パラノーマル》《龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 〜土を割る逆瀧〜》などといったガチ戦術を活かすようになる。更にはキングマスターカードもシークレット版に変化することがある模様。
第45話ではボルツがジョーの活躍によって元に戻った上で正気に戻ると怒り爆発し、その槍で人々をポイント0にしからの鬼化を拡大させるという野望がついに動き出す中、キラ達から託したジョーに決勝戦で挑む。
第46話では槍でさらに鬼化を拡大させ、続く第47話で今引きした《鬼ヶ王魔 エンド・ジャオウガ》の鬼エンドによる追加ターンでジョーを敗北寸前に追い詰めるがS・トリガー《下町のナポレたん》の能力にダイレクトアタックを阻止される。だが勝つためなら手段を選ばす、完全な鬼へと化し、今度はジョーに「お前は良い鬼になれ。今から楽しみだ、あっははは!!」と言いながらも絶望を陥れようとする。しかし《爺モン&婆ファンクル》のcipとキリフダッシュを発動した《弩闘!桃天守閣》によって《極悪!獄鬼夜城》が張り替えられてしまい、《百鬼の邪王門》でリアニメイトした《「魂狩」の鬼 ガシャド髑髏》《スパダチ ケントナークR》キリフダReVoでカウンターが封じられ、最終的にアバクは初めての敗北を喫する。
その後、ジョーがアバクに勝利したことで決着・・・と、思われた瞬間、最後の悪あがきとしてその槍で鬼タワーを崩壊、さらに町を消しかける程の威力を持つ時限爆弾でジョーを道連れにしようとするが、魂ポイントの軌跡によりジョーとモモダチは無事に無傷だった。その後の消息は不明になっている。

  • 自然文明を支配下に置いた際に大長老からレインボーの力を得ているが、ジョー達同様に尻に触手を刺されて力を得ている[2]
  • 鬼札王国一番隊隊長であるメガネは鬼札アバクのことを「鬼強い鬼デュエリスト。切札を超える『鬼札』の使い手」と評している。
  • パックや構築済みデッキのパッケージイラスト等でよく見られる上半身裸の姿、開催した大会の名前が『キング オブ デュエマッチ』などの点から格闘ゲーム『餓狼伝説』シリーズ並びに『ザ・キング・オブ・ファイターズ』シリーズの登場キャラクター『ギース・ハワード』がモデルだと思われる。

戦績 [編集]

「デュエル・マスターズ キング」 [編集]

使用カード [編集]

切り札 [編集]

その他 [編集]

関連キャラクター [編集]

関連デッキ [編集]

参考 [編集]


[1] 画面に《凶戦士ブレイズ・クロー》コタロウが確認できるため、恐らくデュエル・マスターズ プレイス
[2] ただしワンカットでシルエットのみなのでどのような表情をしていたかなどは不明になっている