ギャラクシールド [編集]

<ギャラクシールド>[光or水or光/水(X)](このカードを使うコストの代わりに、[光or水or光/水(X)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)

DMRP-13で登場したキーワード能力

「純愛の紅」 R 光文明 (6)
クリーチャー:メタリカ/チーム銀河 6500
<ギャラクシールド>[光(3)](このカードを使うコストの代わりに、[光(3)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが表向きでシールドゾーンに置かれた時、またはバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選びタップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。
三・騎・繚・乱 C 水文明 (5)
呪文:チーム銀河
<ギャラクシールド>[水(3)](このカードを使うコストの代わりに、[水(3)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)
自分のターンのはじめに、この呪文が表向きでシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして唱える。
カードを3枚引く。

指定されたコストを支払うことで、表向きの状態で新しいシールドとしてシールドゾーンに追加される。
そして、この能力を持つカードは、ギャラクシーGOを併せ持つ。

ルール [編集]

指定のコストを支払えば、表向きの状態でシールドゾーンにおける、という一見、初心者でもわかりやすいシンプルな能力だが、実際はルールが非常にややこしい能力である。

  • クリーチャー召喚呪文の詠唱がロックされている場合、この能力も使えない。これは、この能力がカードを使う時に支払うコストの代わりに、指定のコストを支払うことで使える能力であるため。カードをプレイできる状態でなければ、この能力も使えない
  • 置き換えるのはコストの支払いの方なので、コスト踏み倒しを使う時に、この能力を使うことはできない。
    • 例えば、《キング・マニフェスト》の能力で、ギャラクシールドを持ったクリーチャーのコストを支払わずに召喚する時に、そのギャラクシールド能力を使うことはできない。呪文を唱える場合でも同じ。
  • 置換効果として有効なのはコストを支払うまでなので、シールド追加の禁止を無効化はできない。

確認待ち [編集]

  • この能力を使用は、「使う」に当てはまるか(《完全不明》などの能力に引っかかるか)。
    • 「このカードを使うコストのかわりに」と、コストの支払いを置き換えており、「使う」ことを置き換えているようなテキストではないため、おそらく使うに当てはまると思われる。
  • プレイするためのコストに対する置換効果であり、コストを支払わずにギャラクシールドを持つクリーチャーをバトルゾーンに出す場合は、置換する前が存在しないため置換できないと思われる。

テクニック [編集]

ギャラクシーGOの存在からシールド追加としては一時的だが、相手の攻撃から身を守るだけでなく、ラビリンスと併用したり、鬼タイムの発動を遠ざけたりする目的で使える。
《音奏 ハイオリーダ》のようなシールドカードが増えると効果が発揮されるカードと併用するのもいい。

逆にギャラクシーGO目的で使う場合、シールドの状態の間にブレイクなどでシールドゾーンから離されるのは痛い。
ブロッカー攻撃曲げで防ぐのもいいが、《モモダチ ケントナーク》《アカカゲ・レッドシャドウ》などの効果によるブレイクなどには無力なので、《「古の守護者」》《「雷光の聖騎士」》なども使って、とことん守っていきたい。

その他 [編集]

  • 能力名の由来は、「ギャラクシー(銀河)」+「シールド」。
  • この能力でシールドに置くことを、Deadmanはコロコロチャンネルnextにおいて「ギャラクシールド、スタンバイ!」と呼んでいた。また、アニメでもキラがこの呼称を使っていた。
  • アニメ「デュエル・マスターズ!!」ではシールドに追加される時はクリーチャーが後ろを向いている状態で盾に並んでいたが、
    続編のアニメ「デュエル・マスターズ・キング」ではシールドに追加される時には結晶に包まれて盾に並ぶようになった。
    • この「後ろ向きでシールドゾーンに待機する」というイメージのためか、ギャラクシールドを持っているクリーチャーイラストには背中に盾を思わせる平たい翼が描かれていることが多い。
  • アニメ「デュエル・マスターズ・キング」9話ではメガネがギャラクシールドについて「バトルゾーンに出る前にシールドを割っちまえば、出てこられない~これが、ギャラクシールドの『最大の弱点』だ~よ」と評している。

参考 [編集]


公式Q&A

Q「ギャラクシールド」はどういう能力ですか?
Aカードを使う代わりに「ギャラクシールド」で指定されたコストを支払うことで、そのカードを表向きの新しいシールドとしてシールドゾーンに置くことができる能力です。
「ギャラクシールド」を持つカードは全て「自分のターンのはじめに、このクリーチャー(呪文)が表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する(唱える)。」という共通の能力を持っています。
引用元

Qクリーチャーを召喚できない時や、呪文を唱えられない時、「ギャラクシールド」を使ってカードをシールドゾーンに表向きで置くことはできますか?
Aいいえ、できません。クリーチャーの召喚や呪文を唱えることが禁止されている場合、その「ギャラクシールド」を使うこともできません。
引用元

Q相手の《ジェイ-SHOCKER》の能力によりコスト6のクリーチャーがバトルゾーンに出せない状態です。この時、コスト6の《「蒼刀の輝将」》の「ギャラクシールド」を使えますか?
Aはい、使えます。バトルゾーンに出すことが禁止されていても召喚は禁止されていないため、「ギャラクシールド」を使うことも可能です。
引用元

Q.バトルゾーンに相手の《無双の縛り 達閃》がいます。自分が既にクリーチャーを1体バトルゾーンに出している状況で、ギャラクシールド能力を使い、シールドゾーンにクリーチャーを新しいシールドとして表向きで置くことができますか?
A.はい、できます。《無双の縛り 達閃》が禁止しているのは、そのターンで2体目以降のクリーチャーがバトルゾーンに出ることです。「ギャラクシールド」は、カードを使用するかわりにシールドゾーンに置く能力ですので、問題無く置くことができます。
引用元

Qクリーチャーを召喚できない時や、呪文を唱えられない時、「ギャラクシールド」を持つカードの「自分のターンのはじめに、このクリーチャー(呪文)が表向きで自分のシールドゾーンにあれば〜」という能力はどうなりますか?
Aクリーチャーの召喚や呪文を唱えることが禁止されている場合、能力は不発になり、それらのカードはシールドゾーンに置かれたままになります。
引用元

Qメタリカを持つクリーチャーの「ギャラクシールド」で支払うコストを《一番隊 クリスタ》の能力で1少なくすることはできますか?
Aいいえ、できません。「ギャラクシールド」は、召喚したり唱えたりする代わりにカードをシールドゾーンに置く能力なので、コストを減らすことはできません。
引用元

Q自分のバトルゾーンに《極幻空 ザハ・エルハ》がある時、「ギャラクシールド」を持つクリーチャーの「自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば〜」という能力はどうなりますか?
Aシールドゾーンから手札以外への移動ができないため、バトルゾーンに出すことができず、能力は不発になります。
引用元

Q自分のバトルゾーンに《極幻空 ザハ・エルハ》がある時、「ギャラクシールド」を持つ呪文の「自分のターンのはじめに、この呪文が表向きで自分のシールドゾーンにあれば〜」という能力はどうなりますか?
A《極幻空 ザハ・エルハ》がいたとしても呪文を唱えることはできます。その後、唱えた呪文は墓地への移動を行えず、表向きでシールドゾーンに置かれたままになります。
引用元

Qカードの能力によってコストを支払わずに「ギャラクシールド」を持つカードを召喚したり唱えたりする際、その「ギャラクシールド」を使い、カードを表向きでシールドゾーンに置くことはできますか?
Aいいえ、できません。「ギャラクシールド」はコストを支払ってカードを使う時にのみ、使うことができます。
引用元