《ネオ・ボルシャック・ドラゴン/ボルシャックゾーン》 [編集]

ネオ・ボルシャック・ドラゴン P 火文明 (8)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 11000+
パワーアタッカー+4000
T・ブレイカー
ボルシャックゾーン P 自然文明 (2)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

DMBD-16で登場した/自然アーマード・ドラゴンツインパクト

クリーチャー面は《ネオ・ボルシャック・ドラゴン》、呪文面はS・トリガーの抜けた《フェアリー・ライフ》となっている。
デザインとしては《イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ》に近く、あちら同様クリーチャー側は準バニラなため、専ら「クリーチャー側の特性を持つマナブースト呪文」としての運用になる。

初動マナブーストでありながら、ドラゴンかつボルシャックであるため、【連ドラ】には持ってこい。
《メンデルスゾーン》がライバルになるが、あちらの2マナブーストが失敗する事故を割り切れないプレイヤーにとっては、このカードにとってかわるだろう。近年は、4コストでも《大爆龍 ダイナボルト》《モモキング -旅丸-》といった強力なドラゴンが増えているため、【連ドラ】では1マナブーストでも十分なアドバンテージである。
無論、《メンデルスゾーン》と併用してもいいだろう。

クリーチャー面は腐ってもドラゴンのため、《爆熱剣 バトライ刃》《爆銀王剣 バトガイ刃斗》などで捲れてそのままそららの龍解条件を達成できるため、【連ドラグナー】にも採用できる。

クリーチャー面がドラゴンかつ低コストのマナ加速呪文のツインパクトは、《摩破目 ナトゥーラ・トプス/ストンピング・ウィード》《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》に続き4枚目。それらは呪文面が3コストだが、このカードは2コストという点で勝る。

また、の非進化クリーチャーなので《ボルシャック・ドギラゴン》革命0トリガー進化元になれる。
メインデッキにおけるドラゴンの比率を下げずに済むので、【モルト NEXT】にも採用する価値がある。《決闘者・チャージャー》での手札補充範囲内でもあるのも魅力。
《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》《ボルシャック・ドギラゴン》、このカードでボルシャック12枚体制を現実的に行うことができ、デッキ革命チェンジ軸にすれば《ボルシャック・サイバーエクス》を足した16枚体制にもできる。
コスト踏み倒しでカードをバトルゾーンに出すことになったのなら、《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》と同じく準バニラとはいえ、それよりも殴り返し範囲と打点で上回る。

  • 射場本氏のTwitterによると、元々呪文側は《メンデルスゾーン》になる予定だったという。もし初期案が実現していれば、《メンデルスゾーン》の上位互換(自身を《メンデル》で墓地に落とさないカード)が4枚、下位互換を4枚の計8枚まで投入でき、【連ドラ】デッキマナブーストが非常に強力になっていただろう。
    • また、単色+単色の組み合わせしかなかったのがツインパクトであり、もし登場していれば初の単色+多色で合わさったツインパクトにもなっていた。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMBD-16
    ボルシャック、それは決闘の中に真実を見出し、強敵を戦友とできるものに受け継がれていく名前。

収録セット [編集]

参考 [編集]