十王篇(じゅうおうへん) [編集]

デュエル・マスターズ19番目のシリーズ。

特殊な読みはせず、そのまま「じゅうおうへん」と読む。過去のジョー編エキスパンションシリーズ名と同様に『編』ではなく『』なので表記には注意。
ブロックマークは「十王」(=十王篇)。

このセットに当てはまる通常のエキスパンションは

特別弾のDMEX-14 「弩闘×十王 超ファイナルウォーズ!!!」は通常のエキスパンションではないが事実上の第5弾となっている。

背景ストーリー超天篇と地続き。このシリーズでは、2文明が陣営を組み、10の陣営のチームバトルで物語が進んでいく。
それぞれの陣営には「キング[1]」と呼ばれるリーダーのキャラクター、チーム名、必殺技、使用する文明がそれぞれ定められている。

またマスターカードが廃止されて、新たなレアリティであるキングマスターカードが登場した。

  • チームは以下の通り[2]

上記のチーム・王国はゲーム上では種族にあたる。
また、各チームの必殺技は通常のキーワード能力能力語と異なり、六角形の地で記載される。

背景ストーリーや漫画・アニメにおいては基本的に『チーム〇〇』となっている陣営が味方で、『〇〇王国』となっている陣営が敵である。革命ファイナルと違って必ずしも友好色が味方陣営ではないのも特徴。同様に敵対色が敵陣営とも限らない(チームボンバーチームウェイブ鬼札王国暴拳王国が該当)。

通常のエキスパンションでは1つのパックに全てのチーム・王国は収録されておらず、6つのみの収録になっている。パックのパッケージには収録されるチーム・王国のシンボルが描かれている[3]

ジョー編背景ストーリーは漫画・アニメのストーリーと連携していたのが特徴だったが、このシリーズからは合致しない部分が増えている。

また、通常のエキスパンションはDMRP-16が最後にあたるが、その後の最終決戦を描いた事実上の第5弾としてDMEX-14が発売され、背景ストーリーが特別弾で完結するという珍しいシリーズになった。

  • このシリーズからデュエマゴールデンリストが廃止された。
    • 理由については前シリーズの超天篇で誤掲載やリストに入っているカードの再録などのミスが多く、信頼性が落ちてしまったからだと思われる。
  • 超天篇に引き続き、過去に登場した種族も収録されているが、既存カードのパロディで実用性も低かったこれまでとは異なり、上記のチーム・王国を持った実用性のあるカードが多くなっている。
  • 2文明で構成された陣営というのは革命ファイナルに登場したハムカツ団などの○○団シリーズに似ている。しかし、あちらは友好色のみだったのに対し、こちらは敵対色の陣営も登場している。また、2色の組み合わせで構成される10つの勢力という設定はMagic: the Gatheringにおける『ラヴニカのギルド』を彷彿とさせる。
  • このシリーズでは前シリーズの反省(詳細は超天篇超天篇環境参照)を活かした改革が多く行われている。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けたシリーズとなった。
    • 多くの大会が中止となり、感染の予防措置としてオンラインを用いた新たなるフォーマットとしてのリモートデュエマカップが誕生した。
      その影響かフリー対戦でもリモートデュエマが爆発的に流行した。
    • 商品展開にも大きな影響が及んでおり、多くのカードショップが休業を余儀なくされ、商品の出荷数も全体的に抑えられた。その影響で、売上が伸び悩んだエキスパンションや、強力なカードが多いために売り切れが相次いだエキスパンションなどが見受けられた。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大や高レアリティのカードに環境で活躍できるカードが少ないなどの様々な事情が重なり全体的に不人気のシリーズになってしまった。

このシリーズに発売された商品 [編集]

参考 [編集]


[1] 「キング」は男性を指す言葉だが、女性であるチョウキもこう呼ばれている為、ここでは性別を問わない称号のようである
[2] このうち美孔麗王国月光王国暴拳王国は初めから名称は明らかになっていたものの登場はDMRP-15と遅れ、チーム零は謎の陣営として名称がDMSD-16まで伏せられていた
[3] 逆に言えば描かれていないチームはその拡張パックには収録されていないことになる。
[4] 革命編(かくめいへん)は公式でもそう呼ばれることがあるが、厳密には「革命(かくめい)」が正式名称。