《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》 [編集]

メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ KGM 水/火 (7)
クリーチャー:フェニックス/美孔麗王国 12000
<ビビッドロー>[水/火(5)](自分のターン中、攻撃の前にこのクリーチャーをドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーを[水/火(5)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚引く。
このクリーチャーはブロックされない。
このクリーチャーの攻撃中、自分の手札の枚数以下のコストを持つクリーチャーを、相手はバトルゾーンに出せない。

DMRP-15で登場した/フェニックス/美孔麗王国

初となる非進化フェニックスである。また、《ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン》に続くブロックされないスピードアタッカーであり、T・ブレイカーなので突破力は非常に高い。cipの3枚ドローも便利で単なる手札補充にとどまらず、攻撃中は手札の枚数以下のコストを持つクリーチャーをバトルゾーンに出せないようにしてしまう。

ビビッドロー5により、早期召喚も可能。
マナゾーンに余裕があればcipの手札補充で更にビビッドローを発動できる。

ブロッカーに邪魔されず、クリーチャーによるS・トリガーニンジャ・ストライクによる反撃を大幅カット出来る為、フィニッシャーとしては十分。《サファイア・ウィズダム》ファイナル革命を発動させた《時の法皇 ミラダンテXII》の様に安心してブレイク出来るだろう。

手札が全くない状態で出してもcipで3枚引けるため、このクリーチャーの攻撃中、(手札を減らしていないのなら)確実に《終末の時計 ザ・クロック》をケアできる。

一刻も早くビビッドローを発動させるため、《テンペスト・ベビー》《ロスト・ウォーターゲイト》などで確実に山札へセットしておきたい。

多色のカウンター封じ持ちとして【5色ドギラゴン剣】のフィニッシャーにしても良いだろう。ロックに必要な手札《アクアン・メルカトール》によって供給できる上に、1ショットキルに必要な打点もこのクリーチャーが呼び出し範囲内に収まる《DOOOPPLER・マクーレ》を絡めれば何とかなることも。

【クラッシュ“覇道”】に使うにはビビッドローを考慮しても若干重いが、《海底鬼面城》を複数枚要塞化したり《三・騎・繚・乱》ギャラクシーGOを使ったりすることで大量ドローと終盤にマナをフルに使える状況を両立して何とかビビッドローで召喚しよう。

そしてこのクリーチャーのもう1つの注目点は、やはり唯一の非進化フェニックスであること。《究極銀河ユニバース》に進化させれば、すぐさまエクストラウィンを決められる。これまで《究極銀河ユニバース》特殊勝利させるには、メテオバーンで一気に進化元を消費できる《超神星DEATH・ドラゲリオン》《超神星グランドクロス・アブソリュートキュア》で一度は攻撃してから進化、《神滅翔天ポッポ・ジュヴィラ》を立てて墓地のフェニックスから進化など一工夫を噛ませたものが主な運用だったが、このクリーチャーはバトルゾーンに出してから、何もせずにそのまま《ユニバース》へ進化・攻撃することで即座にエクストラウィンする事が可能になった。また、このクリーチャーの登場によって【強欲ユニバース】抜き4色で構築できるようになった。

  • キングマスターカードだが、「王」に関係する名前を冠していない。(無理やり解釈するなら「ヲヲ」の部分の語感が「王」を連想させる。)
    • それゆえか使い手であるキングも女性であるチョウキである。ちなみにキングは男性に使われ女性の場合はクイーンである。
  • どぎついメイクをした顔が超アップで……というより顔しかないクリーチャーが描かれており、初見ではぎょっとする様なイラストである。所々に蛇や羽の装飾があるので、モチーフは「メドゥーサ」と「孔雀」だろう。まさにビックリなキングマスターである。
  • 読み辛いカード名だが、恐らく「メテオシャワー・オーロラシアター」という言葉の「オ」を「ヲ」に、「ー」を「ァ」に変換した名称だと思われる。
    • 「メテオシャワー」は流星群、「オーロラシアター」はオーロラ写真を動画にしたもののことである。

アニメでの活躍 [編集]

20話で初登場。声優は粟津貴嗣。

背景ストーリーでは [編集]

美孔麗王国キングマスター
美孔麗王国の劇を突然「祝え、この物語の終幕を!」のセリフとともに降臨し、世界を滅亡させる事で終わらせる所謂デウスエクスマキナ的存在。
いつ降臨するかはランダムで、1幕のダンスシーンで降臨する事もあるらしい。

人々の「美」への憧れがイデア・フェニックスと一体化することで永遠の存在となったものだが、《鬼ヶ覇王 ジャオウガ》に敗れ美学を奪われた事で刹那の美を永遠に求め続け、真のエンディングを迎えられなくなった。

かつてハッキングで自爆させる事に失敗したInstant Waveを物理的に破壊すべく、火の玉になってチームウェイブを襲撃。手下に着弾までの時間稼ぎをさせるも、《∞龍 ゲンムエンペラー》に着弾を止められ失敗。

  • この着弾失敗後、本日の公演終了のアナウンスと共にオーロラへと姿を変えている事からフェニックスの種族通り何らかの再生能力を持っていると思われる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《一撃奪取 トップギア》などが持つ、召喚コストを少なくする能力で《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》の「ビビッドロー」のコストを少なくできますか?
A.はい、召喚コストを少なくする能力で「ビビッドロー」を使うのに必要なマナコストを少なくできます。
引用元

Q.相手の手札は3枚です。相手の《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》が攻撃し、自分のシールドを3枚ブレイクした際、自分は《終末の時計 ザ・クロック》《スパイラル・ゲート》の「S・トリガー」を宣言しました。先に《スパイラル・ゲート》を唱えて《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》を手札に戻してから《終末の時計 ザ・クロック》を召喚できますか?
A.はい、召喚できます。
引用元

Q.相手の手札は3枚です。相手の《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》が攻撃し、自分のシールドを3枚ブレイクした際、自分は《終末の時計 ザ・クロック》《ゴースト・タッチ》の「S・トリガー」を宣言しました。先に《ゴースト・タッチ》を唱え、相手の手札を1枚捨てさせてから《終末の時計 ザ・クロック》を召喚できますか?
A.はい、召喚できます。
引用元