ビビッドロー [編集]

<ビビッドロー>[文明(X)](自分のターン中、攻撃の前にこの(カードタイプ)をドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこの(カードタイプ)を[文明(X)]支払って召喚して(唱えて)もよい)

DMRP-15で登場したキーワード能力

自分のターン開始ステップからメインステップの間に、「ビビッドロー」を持つカードを引いた時、引いたそのカードを公開することで、メインステップ代替コストにより本来のコストと異なるコストで使うことができる。
つまるところ「引いたターン中のみ本来のコストと異なるコストで使うことができる」という能力である。多くは本来のコストより低いコストで使うことができるが、一部コストより高いビビッドローコストが設定されたカードも存在し、その場合は本来のコストで使った場合より強力な成果が得られるようになっている。

メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ KGM 水/火 (7)
クリーチャー:フェニックス/美孔麗王国 12000
<ビビッドロー>[水/火(5)](自分のターン中、攻撃の前にこのクリーチャーをドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーを[水/火(5)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚引く。
このクリーチャーはブロックされない。
このクリーチャーの攻撃中、自分の手札の枚数以下のコストを持つクリーチャーを、相手はバトルゾーンに出せない。
「祝え!この物語の終幕を!」 R 水/火 (6)
呪文:美孔麗王国
<ビビッドロー>[水/火(4)](自分のターン中、攻撃の前にこの呪文をドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこの呪文を[水/火(4)]支払って唱えてもよい)
カードを1枚引く。その後、水または火のコスト7以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。このターンの終わりに、そのクリーチャーを山札の上に置く。

重要なのは、キリフダッシュの様に「アンタップマナを残したままクリーチャーで攻撃すれば、攻撃前に1枚引けて、そのタイミングでマナを支払えば引いたカードをプレイできる」という能力ではないという点である。

ルール [編集]

説明が特殊で、非常に紛らわしいが、公開した瞬間と、マナコストを支払うタイミングは別である。そして、前述した通り、メインステップにカードを使う時に発動する能力である。

  • 「…してもよい。そうしたら、〜」というコストを支払うタイプの能力の書式だが、「表向きにする」というコストに加え、そのターン中、表向きにさせておく(表向きで待機させておく)ことも要求される能力である。
  • 「ビビッドロー」という能力そのものにはドローする効果はないドローステップやカードの効果で行ったドローに反応する能力である。
  • 上述の通りドローして公開した瞬間にすぐ使わないといけない、というわけではない。表向きにさえしておけばメインステップ中いつでも代替コストで使用することが可能。例えばドローステップ今引きで公開した際にはマナが足りなくても、マナチャージしてから改めて使用することは可能である。《フェアリー・ギフト》など別のカードを使ってから、公開したカードを使ってもよい。
  • ビビッドローを持たないカードを引いた場合には、この能力はトリガーしない。
    • この能力が使われる可能性があるため、お互いのプレイヤーは現在の手札と今から引くカードを厳密に区別する必要性がある。
  • ビビッドローで手札を表向きにするという効果が働いている間に、「手札を見ないで選ぶ」という効果が発動しても、ビビッドローの効果は継続する。

テクニック [編集]

何も考えず軽減効果を最速で使用するには今引きに期待することになるので安定感は極めて低い。しかもビビッドロー能力で軽減できるのは1、2コスト程度。そのため、DMRP-15期は山札操作をするよりも、普通に正規コストを払って使うことを前提に考えて、ビビッドローが使えればラッキーくらいの感覚で、自然を入れてマナブーストした方が動きが安定させていた。
ビビッドローを使うたびに、山札操作をしていてはテンポアドバンテージの損失に繋がってしまうため、これではせっかくのコスト軽減の恩恵が減っていく。また、最序盤ではビビッドローを以ってしてもコストが足りないことはあるため、いつドローしても能力を使えるようにするという意味でもマナブーストは有効である。

DMRP-16にビビッドローに特化したサポート能力を持つ、《結晶龍 プロタゴニスト》が登場。以前から考えられていた《ブレイン・ストーム》のようなドロー山札操作を兼ねるカードと組み合わせると最低でも3コストの軽減ができる為自然文明に頼らずとも比較的安定した動きが取れる様になった。

山札操作はせずに、《海底鬼面城》《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》などの置きドローを使って、手札補充をしながらビビッドローの発動確率を上げる構築が主流になってきている。

その他 [編集]

  • 表向きと裏向きのカードが混ざった状態で手札として扱うのは難しいため、使うまでの間に対戦台に表向きにして置いておくほうがいいだろう。
  • 名前の由来は、「鮮やかな、躍動的な」という意味を持つ「ビビッド (vivid)」+「ドロー」。また、美孔麗王国(ビックリおうこく)の能力であるため、大きな衝撃を受けた時の感情を表す「ビビッとくる」の意味も入ってると思われる。
  • デザインの元になったのはMagic:The Gatheringの能力「奇跡」。
    あちらは事実上ターン開始時のドローで引いた時にしか誘発せず、引いた直後に使う必要があるが、その分コストの軽減幅が大きい。
    • 相手のターンに能動的に動くことが可能なMagic:The Gatheringでは、相手ターンにドローカードを使うことで「奇跡」を起こすことができる。そのため使用感は大きく異なる。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.ビビッドローはどういう能力ですか?
A.自分のターン中、攻撃ステップに入る前にビビッドローを持つカードを引いた時、表向きにしても良く、表向きにしている間ビビッドローコストで使用できる能力です。表向きにした後で使わなかった場合は、ターンの終了時に裏向きにし、手札に残ります。
引用元

Q.ゲーム開始時の5枚のドローで、《子役者 ショニチラクビ》を引いた場合、そのビビッドロー能力の使用を宣言できますか?
A.いいえ、できません。ゲーム開始時の手順はどちらのターンでもありません。
引用元

Q.ビビッドロー能力表向きにしていたカードマナゾーンに置いたり、捨てたりした場合、そのカード手札以外のゾーンからビビッドローコストで使えますか?
A.いいえ、ビビッドロー能力表向きにしていたカード手札以外のゾーンに移動してしまった場合、それをビビッドローコストで使うことはできません。
(総合ルール 400.5)
引用元

Q.《一撃奪取 トップギア》などが持つ、召喚コストを少なくする能力で《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》ビビッドローのコストを少なくできますか?
A.はい、召喚コストを少なくする能力でビビッドローを使うのに必要なマナコストを少なくできます。
引用元