キリフダッシュ [編集]

<キリフダッシュ>[文明(X)|無色(0)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、この(カードタイプ)を[文明(X)]支払って|コストを支払わずに(使って)もよい。)

DMRP-13で登場したキーワード能力

勝熱英雄モモキング KGM 火/自然文明 (8)
クリーチャー:ヒーロー/ジョーカーズ/チーム切札 12000
<キリフダッシュ>[火/自然(6)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火/自然(6)]支払って召喚してもよい。)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、その攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。
多色ではない呪文の効果、または、多色ではないクリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。
モモダチパワー!!! R 火文明 (5)
呪文:ジョーカーズ/チーム切札
S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
<キリフダッシュ>[火(1)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、この呪文を[火(1)]支払って唱えてもよい)
相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。
弩闘!桃天守閣 R 火/自然文明 (5)
D2フィールド:ジョーカーズ/チーム切札
<キリフダッシュ>[火/自然(2)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このD2フィールドを[火/自然(2)]支払って展開してもよい)
自分のクリーチャーがブロックされた時、相手のシールドを1つブレイクする。
相手の呪文の効果またはクリーチャーの能力によって、自分のクリーチャーはタップされない。
自分のクリーチャーがタップしてバトルゾーンに出る時、かわりにアンタップして出る。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)
キタカゼマンA C 火/自然文明 (2)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 2000
<キリフダッシュ>[無色(0)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい)
自分のマナゾーンに火のカードと自然のカードがそれぞれ1枚以上なければ、このクリーチャーは攻撃できない。

自分のクリーチャー攻撃中にシールドブレイクすれば、指定された文明と指定された数のマナを支払うことで召喚または詠唱または展開できる能力
[無色(0)]の場合もあり、その場合は「0マナを支払う」のではなく、「コストを支払わずに」という処理になる。

マナさえあれば一度に複数枚のキリフダッシュを発動させる事も可能。
当然ブロッカー等で攻撃を止められて、シールドをブレイクできなければ能力も使えないため、あらかじめそれを除去できるカードを用意したいところ。

この能力を使うには、当然ながら使えるマナを残しておく必要があるが、この能力を使うためにメインステップ中にマナを温存したにもかかわらず、シールドブレイク前に何らかの方法で攻撃クリーチャーが除去されるなどしてこの能力を使えなかった場合は、温存した分が無駄になってしまうため注意。
また、《ミラクル・ルンバ》《メガ・マナロック・ドラゴン》の様にマナを縛ってくる相手も天敵。

ルール [編集]

  • キリフダッシュ能力は誘発型能力である。他の誘発型能力によって解決を待機している効果があれば、それを先に解決することができる。
  • キリフダッシュ能力を誘発させるには、使用宣言が必要である。他の「攻撃の終わり」の能力が誘発するタイミングで使用宣言しなければ、解決できない。
  • 使用宣言タイミングが過ぎた時点でキリフダッシュを持ったカードが手札に来ても、そのキリフダッシュ能力を解決することはできない。
  • 《バングリッドX7》などの効果によってマナ召喚できる状態であれば、マナゾーンのクリーチャーのキリフダッシュを使って召喚することもできる。
  • キリフダッシュの使用宣言しても、解決の前に別のゾーンに移動してしまうと解決できなくなる。例えば、自分の《バングリッドX7》がいる状態で、マナゾーンにあるクリーチャーのキリフダッシュ能力の使用宣言をして、それを解決する前に手札に戻したりしてもそのキリフダッシュ能力は解決できない。
  • 支払うマナが足りなくても、能力の使用宣言自体はできる。
    • キリフダッシュ能力を解決する時点で、支払うマナが足りていれば解決できる。
  • 1回の攻撃で、複数のカードの「キリフダッシュ」を同時に使うこともできる。
  • 勘違いしてはいけないが、この能力の発動条件は「クリーチャーが攻撃中にシールドをブレイクする」ことではなく、「攻撃クリーチャーがブレイクする」ことが条件である。攻撃クリーチャー以外がシールドをブレイクしても、キリフダッシュは発動しないため注意。
  • 「攻撃の終わり」のタイミングが来る前に、攻撃クリーチャー除去されても、そのクリーチャーがシールドをブレイクしていれば、キリフダッシュ能力を使うことができる。
  • 自分のシールドをブレイクしても、それが攻撃クリーチャーによるブレイクなら、キリフダッシュは発動する。
  • 召喚ロックされている、唱えることができない、展開できない、出せない、といったロックを受けている状態でもキリフダッシュの使用宣言じたいはできる。
    • 解決のタイミングで、ロックが解けていればその能力を解決することができる。
  • ブレイク」することが条件のため、シールド焼却したり、「シールドを手札に加える」効果で手札に加えてもキリフダッシュの発動条件の達成にはならない。などもちろん、ブレイクしようとしたシールドがブレイク置換効果で別の処理をされてもキリフダッシュの発動条件は達成しない。
  • 誘発タイミングは、攻撃の後ではなく、「攻撃の終わり>攻撃終了ステップ」である。「攻撃の後」は、「攻撃の終わり」の後のタイミングを指すので、混同しないように注意。
+  公式Q&Aまとめ

テクニック [編集]

一見すると条件付きのコスト軽減だが、攻撃ステップ中に能力を使えるのがミソで《タイク・タイソンズ》Jチェンジしてバトルゾーンを離れた時の能力で増えたマナも使えるという利点がある。

攻撃中にシールドをブレイクしたクリーチャーが除去されても発動できるのはブレイク・ボーナスにはなかった魅力で、S・トリガーを踏んで自分のクリーチャーがオールタップされてもそこから追撃できることも評価点。

ブロック攻撃曲げ、攻撃中止などでシールドブレイクできないとこの能力を使えないため、その点は念頭に入れておくべきである。

キリフダッシュの弱点として、あらかじめアンタップしているマナを残しておく必要があること。もし、マナを温存しておいてキリフダッシュが不発に終わった場合、その温存していたマナが無駄になってしまう。
攻撃中に除去されてもブレイクさえしていればいいので、攻撃クリーチャーなどがS・トリガー除去されても能力は発動できるが、ブロッカー攻撃曲げを持つクリーチャーを突破できないとキリフダッシュできず、もし除去してもニンジャ・ストライクなどで止めらる可能性はある。しかも、もし攻撃が通ったとしても、S・トリガーから《猟奇と耽美の人形劇》のようなハンデスでキリフダッシュ持ちのクリーチャーが手札から落とされたり、《マナ・クライシス》などでマナを削られてコストが足りなくなったり、《終末の時計 ザ・クロック》でターンをとばされたりなどの危険が潜んでいる。なので、キリフダッシュ不発のリスクは常に念頭に置いておき、できる限りそのリスクを下げるようなプレイングを心掛けたい。

ブレイクするのは相手のシールドでなくてもよいので、《モモダチ ケントナーク》《燃えろ!アポロソくん》などでクリーチャーを攻撃中に自分のシールドをブレイクした場合、S・トリガーブロッカーに邪魔されずにキリフダッシュを発動できる。

その他 [編集]

  • デザインの原型はMagic:The Gatheringのキーワード能力「絢爛」と思われる。こちらはラヴニカのの勢力「ラクドス教団」の能力として登場しているが、開発段階ではの勢力「グルール一族」の能力として開発されていたという経緯を持ち、ある意味先祖返りした形となる。
  • 名前の由来は「切り札」と「ダッシュ(走る)」。

「キリフダッシュ」に関連する効果を持つカード [編集]

参考 [編集]