《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》 [編集]

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン SR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがシールドをブレイクする時、相手はそのシールドを手札に加えるかわりに墓地に置く。

DM-06で登場したアーマード・ドラゴン

シールド焼却クリーチャーの元祖。
シールドブレイクする代わりに墓地に送るので相手の手札を増やさず、S・トリガーS・バックも使わせず、安全に相手を追いつめられる。

このカード自体に除去能力はないので、ブロッカーを一掃するなどバトルゾーン制圧してから使いたい。また、スピードアタッカーを持たないので、返しのターン除去されやすく、ハンデスによるサポートも必須。攻撃までの隙のカバーが非常に重要。

闘魂編環境以降、【ターボメビウス】【ボルメテウスコントロール】などコントロールデッキドラゴンデッキフィニッシャーとして活躍した。

カード中トップクラスの知名度と人気を誇る、デュエル・マスターズのシンボル的ドラゴンのひとつ。漫画や雑誌で新たな目玉カードとして積極的にフィーチャーされ、斬新で強力な能力も相まってスターカードとなっていった。闘魂編のCMでもタカラのロゴで火を噴くシーンがあるなど代表格的なクリーチャーとして扱われていた。
覚醒編以降の環境の高速化で一気に消えたが、未だ根強い愛好家が存在している。DMC-36発売まで再録が少なく、シングルカード市場で高価だった。

そんな愛好家の声に応え、環境にそぐわない状況を憂慮してか、DMD-24で三枚、三種類のカードイラスト再録。専用サポート《希望と勝利の伝説》も登場し、5コストコスト踏み倒し可能となり、超次元呪文で出す中型のサイキック・クリーチャー並みに早く出せるようになった。

その後、更なる環境の激化に対抗するため、DMEX-04《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン/ボルメテウス・レジェンド・フレア》としてツインパクトカードにバージョンアップを果たした。
しかし、こちらがお役御免になったかと言えばそうでもなく、ツインパクト版と併せて8枚体制にすることで、《希望と勝利の伝説》で《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》が出しやすくなった。また、墳墓避けになったり、《拷問ロスト・マインド》が効かない利点もあることを忘れてはいけない。

ルール [編集]

その他 [編集]

  • 半ホログラフィック仕様のWINNERカードがあり、かなりの高価で取引される。
  • DMX-12版のイラストには『アフロ田中』シリーズの主人公・田中広が描かれているが、低年齢層向けのカードゲームではご法度となるタバコも一緒に描かれている。公式ではこれについて「お香をたいているカードです」と回答されている(タカラトミーお客様サポート2014/07/16正式回答)。フレーバーテキストにも「お香を焚いたら」とあるので、後付けの設定でもないようだ。
  • 漫画版無印72話の外伝では勝舞がバトルアリーナ決勝の不亞 幽戦に向けたデッキ作りに悩んでいた中でカードから実体化して現れたが、太ったオッサンの様な姿をしており、「おれ1人で、楽勝」「(友人だからという理由か)ボルシャックくんバザガジールくんを(デッキに)入れろ」「(《悪魔神バロム》を目の当たりにして立ち向かえと言う勝舞へ逆ギレ気味に)こわいんじゃ、オラ」等々の発言を繰り出し、中々好き勝手に振る舞っていた。
    これらのやり取りを含めてしばらく勝舞はボルメテウス・ホワイト・ドラゴンや途中で割って入ったクリーチャー達とデッキ作りに関するドタバタを繰り広げていたが、実は実体化したかに思われたクリーチャー達は勝舞だけに見えていた幻影で、勝舞がカードに向かって熱弁したり怒鳴りつける現場を見てしまったれく太は、勝舞の気が触れてしまったのかと狼狽していた。
  • ボルメテウスの由来はボル[1]プロメテウス[2]か。

戦績 [編集]

アニメ「デュエル・マスターズV3」 [編集]

  • 通信戦績:1戦0勝1敗
    話数対戦相手勝敗
    5話切札 勝太敗北

関連カード [編集]

ボルメテウス」の名を持つカード

同じ能力を持つカード

類似した能力を持つカード

サポートカード

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-06DMPP-01
    気高き怒りに触れる者、百万回死んでもおかしくない。
  • DMC-27DMC-42
    その輝く炎は希望の光。夢にまで見た、勝利がここに!
  • DMC-36
    希望と勝利が炎となって吹き荒れる時、伝説の竜が舞い降りる。――いにしえより伝わりし竜族の伝説
  • DMC-53DMC-65
    その悪しき心ごと、聖なる炎で焼き尽くさん!!
  • DMX-12
    お香を焚いたら伝説の竜がみるみるアフロにつつまれていった!!って、えーーー。
  • DMX-14
    伝説は、いつまでも語り継がれるから伝説なのだ。
  • DMX-16
    いつだって、ドラゴンは頂点の象徴。
  • DMD-24
    その白き肌に刻まれし英雄の記録。悪を働く者で、ボルメテウスの名に怯えぬ者はいない。
  • DMD-24
    ボルメテウスは何度でも帰ってくる。地獄の淵からも記憶の彼方からも。そこに英雄を求める声があるかぎり、帰ってくる。
  • DMD-24
    見よ、堂々と空を舞う姿を、栄光を手にした者のみに見せるその姿を。そのボルメテウスが、今、ここに降り立つ。
  • DMX-22
    伝説となった白と青の龍。その横にも常に《コッコ・ルピア》の姿があった。
  • プロモ(P3/Y11)
    聖なる炎は、今も変わらず燃えさかり続けている。
  • DMPP-01(シークレット)
    数多の龍の頂点に君臨する、白き伝説。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》で攻撃し、相手のシールドをブレイクする時、能力により相手のシールドが手札に加わるかわりに墓地に置かれました。この攻撃の終わりに《アーサー・ポンアタイム》の「キリフダッシュ」を使えますか?
A.いいえ、使えません。《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の能力はブレイクを置換しているため、シールドのブレイクを発動条件としている「キリフダッシュ」も使うことができません。
引用元


[1] ボルシャックをはじめとする勝舞期の看板ドラゴンに共通する冠詞
[2] ギリシャ神話に登場する神、人類に神の火を与えた