希望(きぼう)勝利(しょうり)伝説(でんせつ) [編集]

希望と勝利の伝説 P 水/火文明 (5)
呪文
カードを2枚引く。その後、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

DMD-24で登場した/呪文

カードを2枚引いた後、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》と名前にあるクリーチャー1体を手札からコスト踏み倒しできる。

インフレの波でカードパワーが相対的に低くなっていた《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》、ないしそれを使った【ボルメテウスコントロール】の強化カード。5コストで2枚ドローしつつ《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》バトルゾーンに出すことができる。

ハンドアドバンテージフィールドアドバンテージを同時に得ることができ、スペックの高さは超次元呪文にも引けを取らない。

対象となる《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》手札にあって初めてコストに見合ったアドバンテージが取れるようになるため、デッキに3〜4枚積んでこの呪文を唱えるまでに確実に手札にキープしておきたい。万能サーチ《クリスタル・メモリー》や他のドローソースと併用すると確実だろう。

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》は今までコストの重さ故にドラゴンデッキ【除去コントロール】ぐらいにしか入らなかったが、この呪文の登場で従来よりも格段に素早く出せるようになった。

とはいえ、この呪文を唱えたターンは、テンポアドバンテージが全く取れず、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》が手札に来るとも限らないため、決して強力なカードとは言い難い。
《超次元ボルシャック・ホール》《超次元フェアリー・ホール》などの超次元呪文から《勝利のガイアール・カイザー》を出すなどして、除去やマナブーストに徹した方がその後のゲームを掌握しやすくなることは、これまでの環境が立証している。

このカードが登場した後も《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を実践級レベルまで押し上げたと言えず、結局【ボルメテウスコントロール】ファンデッキ止まりのままだった。

革命編革命ファイナルに入ると侵略革命チェンジが登場。スピードアタッカーすぐに侵略できる《勝利のガイアール・カイザー》を出せる5コストの超次元呪文が強化を得たため、さらにこのカードはそちらに大きく見劣りするようになる。

さらに新章に入ると、コスト踏み倒しメタが急増し、それに引っかかるこのカードは弱体化を余儀なくされる。

  • コスト踏み倒しメタの存在は昔のカードをサポートするコスト踏み倒し手段にメタを張る性質がある。言い換えると、元来からデュエマはシステム上古いカードを後の環境に復帰させることが困難である。

《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》のサポートとしてはかなり良質な呪文ではあるが、現在の【ボルメテウスコントロール】では、やはり超次元呪文GR召喚呪文が優先され、しかもツインパクト版を含めて《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》が投入されないことがざらという憂き目にあっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]