《キリモミ・ヤマアラシ》 [編集]

キリモミ・ヤマアラシ R 火文明 (1)
呪文
このターン、次に召喚する自分のクリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。そのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このターンの終わりまでそのクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。

DM-29で登場した呪文

疑似的にマナを消費せずにスピードアタッカーを作ることができる。手札を1枚消費してスピードアタッカーを作る、と言い替えることもできる。

《スクランブル・ブースター》のほぼ上位互換というわけでもなく、こちらは召喚したクリーチャーのみに対応、あちらは召喚以外でバトルゾーンに出たクリーチャーにも使用できるという特徴がある。
《マッハ・ドライブ》などと含め、それぞれ微妙に違う動きをするので、デッキと相談しよう。

手札消費が非常に激しいが、3ターンキルができる呪文の1つである。
通常は【速攻】に積まれるだろうが、多色の2コストクリーチャー召喚コストは下げられないため、【赤単速攻】がメインの活躍場所となりそうである。

テクニック [編集]

他のカード・デッキとの相性 [編集]

環境において [編集]

登場当時は異次元の速さであった3ターンキルを実現するためのパーツになれるという個性があった。

革命編環境では初期型の【赤単レッドゾーン】において、3コスト帯から4コスト帯にかけて存在する諸々の貧弱な非スピードアタッカー侵略元をサポートするために使われた。

《蒼き団長 ドギラゴン剣》の殿堂入り後は【赤青ドギラゴン剣】において《蒼き団長 ドギラゴン剣》本体をサーチしながら現実的に3ターンキルを達成するための手段として考察されたが、後に高い汎用性を持つ《龍装05号 イヴィルヴィ/イーヴィル・フォース》《瞬閃と疾駆と双撃の決断》が登場。

両者は3コストかかるがスピードアタッカー化以外にも仕事が出来、特に《瞬閃と疾駆と双撃の決断》で手札のコスト3のクリーチャーをスピードアタッカーにするとこのカードと全く同じコストパフォーマンスになる。

類似スペックのカード [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-29
    魂さらして一刀両断!これぞサムライの刀なり!
  • DMC-51
    その加速で時空さえも突き抜けろ!
  • DMX-22
    横のカギ5(β)
    ポリフェノールがたくさん含まれるブドウから作るお酒は○○○○○。

収録セット [編集]

参考 [編集]