DMEX-08 「(なぞ)のブラックボックスパック」 [編集]

2020年1月25日発売。
全308種。1パック6枚入り275円。新規カードは全99種類で、おまけカードが封入されている場合もある。
1BOX20パック入り。5500円。
2020年1月19日開催の「次世代WHF'20 Winter 名古屋大会」にて先行販売。

BBPシリーズ第3弾。
さらなる進化を遂げた「ブラック・ボックス・パック」で、収録カードの枚数は約300枚にまで増加。お遊びネタのレパートリーもさらに増えている。

一例を挙げると、

……等数知れず、前2弾以上にボリュームが膨れ上がっている。

その独自性溢れる能力故に公式裁定が複雑化したこともまた前回と同じであり、特に《英知ザクス・コット》に関しては公式の正式回答が問題を招き、公式サイトにも専用のルールページが作られるほどにまでなった。

再録カードにも、これまで一度も再録がなかった《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》《超次元キラーメガネ・ホール》、人気の高い《伝説のレジェンド ドギラゴン》などがあり、豪華さもかなりのもの。

前回で登場した実写カードやMtGとのコラボカード、前々回で登場した「Kaijudo」からの逆輸入カードなども再登場しており、総じてこれまでのBBPシリーズで登場した要素をさらに拡大しつつ、新たな要素も取り入れたパックとなっている。

  • CM動画には「ブラック」繋がりで「黒の帝王」こと松崎しげる氏を採用している。

能力、新たなギミック [編集]

Magic:The Gatheringの能力だった飛行が登場。

初のクリーチャーの下に裏向きでカードを置ける能力を持った《ガチャレンジ ガチャロボ》《英知ザクス・コット》《秩序の邪将 ビホルダー》が登場。

封入率 [編集]

ホイルカードの封入率は通常弾同様1箱に12枚となっている。単純計算で3パック買うと2枚当たる計算。

  • さらにホイルには2タイプあり、ほとんどがDMEX-03で使われていたホイルであり、1箱に10枚収録されている(全88種)。より出辛いホイルカード(こちらはDMEX-03の「シール」の光り方となっている)は2枚収録となっている(全38種)。
  • 後者のホイルカードには高レアのカードも含まれるが、殿堂入りカード再録枠や当パック収録のバージョン違いなども含まれるため必ずしもレアなカードが当たるとは限らない。

エラッタ [編集]

「このクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地に置かれたとき」または「このクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地に置かれるとき」から、「このクリーチャーが破壊された時」に能力テキストがエラッタされて再録されたクリーチャーが多数いる。

  • この背景には一時期、「このクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地に置かれとき」と書かれたカードは、封印のカードとして墓地に送られる時もその能力を使える裁定になり、後にその裁定が無効となったため、混乱を避けるためにこうしたエラッタがなされたと推測できる。
  • 中には「される」から「された」とテキスト修正され、破壊置換効果の能力がpigに変わったカードも存在する。

誤植 [編集]

上記エラッタとは別に、カード名・テキスト共に多くの誤植、もしくは誤植疑惑のあるカードが生まれてしまった。

あまりに誤植が多いため、《不死身の果実》の新テキストの強化や《炎舞闘士サピエント・アークGR》GR化に伴う弱体化は誤植ではないか?と疑われることもあった。

その他 [編集]

  • 従来のBBPと比較して、ブロックマークが無く、a枠とb枠の区別もない。また、イラストレーター無しのカードが非常に多い。
    • 新しく「photo」のカードが追加されたが、現状それを活かせるカードはない。
  • コラボカードの中には、競合他社系列であるバンダイナムコホールディングス系列からの出典も見られる(「太鼓の達人」「鉄拳」「塊魂」、アニメ制作がサンライズである「ケロロ軍曹」「カウボーイ・ビバップ」他)。ケロロ軍曹に関しては以前からコラボ経験があり、「魔神英雄伝ワタル」「絶対無敵ライジンオー」は共にサンライズが版権を持つものの、それぞれが旧タカラ・旧トミー(タカラトミー)が番組提供元であったコンテンツである。その他は旧ナムコのコンテンツであり、ホビー面で「バトルスピリッツ」と競合している純粋なバンダイのコンテンツは意図的に避けられている様子[1]
  • これまでぽつぽつと収録されてきたジャンケンカードが多数収録。ただ盛り上がるだけでなく、出した手によるコスト踏み倒しも合わさって真剣勝負でも引けを取らない強さになった。
  • 非特殊フォイルのカードは反りが強めで、パックを剥いた時点で反っている事も多い。
  • 従来のBBPと違い、パックの材質がツヤ消し仕様から普通のパックと同じ仕様になっている。

収録カード [編集]

New!=新規カード
◆=新規イラスト
★=特殊ホイル
●=ホイル

参考 [編集]


[1] ケロロ軍曹については劇中に出てくる「ガンプラ」が純粋なバンダイのホビー商品なので、これも危ない橋だが