出せない [編集]

1.ルールによる禁止事項のこと。
進化クリーチャーの進化元が存在していない状況(デッキ進化や手札進化など、召喚手順の中で条件を満たすか否か決定する場合を除く)が該当する。

2.カードテキストにある「出せない」のこと。
ルールに影響を及ぼす継続的効果であり、1.に加えて指定されたオブジェクトの移動が禁止される。
十王篇までは、「バトルゾーンに出せない」というテキストだったが、王来篇からは「出せない」と簡略化されている。

ルール(2021年4月14日以降) [編集]

  • 出せない状況のクリーチャー召喚されず、コストを支払うこともできない。
    • クリーチャーのギャラクシールドは、出せない状態ではその能力を使えない。出せない状態では召喚できないことから、召喚コストを支払う代わりに使う能力も使えない[1]
  • カードの下に、バトルゾーン以外のゾーンからカードを置く行為は、バトルゾーンに出す扱いにはならないため、「出せない」の効果の対象にならない。

「出せない」状態でも使用宣言ができる場合 [編集]

+  詳細

  • 召喚しようとする能力 例:《終末の時計 ザ・クロック》などのS・トリガー
    • 「出す」と「召喚する」は区別するという裁定のため、出せないクリーチャーに「召喚する使用宣言」をすることができる。
    • これは、元来「出せない」と「召喚できない」は別の処理が行われていたことに由来する。以前の裁定では《バリバリ・ケドケド》がいる状態で《陰陽の舞》マナ爆誕を使おうとすると、「総合ルール 301.2. クリーチャーは、召喚したらバトルゾーンに出ます。」を上書きして「出せないクリーチャーは、『召喚した』という事実だけが残り、カードは元のゾーンにとどまる」という処理になっていた。裁定変更により、「出せないクリーチャーが召喚されそうになった場合、コストを支払う前まで巻き戻し、『召喚できなかった』として処理を終える」こととなった。
    • その裁定の名残で、クリーチャーをバトルゾーンに出せない状況で「S・トリガー」や「ニンジャ・ストライク」など、クリーチャーを召喚する能力の使用宣言をすることは可能となっている。
+  詳細

  • 「出せない」とは書かれていない能力が働いている 例:《封鎖の誓い 玄渦》墓地召喚
    • 特定のゾーンを「離れない」効果によって結果的に出せない場合は、召喚することができる。《封鎖の誓い 玄渦》の効果で、クリーチャーが墓地から離れない場合でも、結果的に出ないが召喚をすることはできる。

その他 [編集]

  • 2021年4月14日の裁定変更前は出せないクリーチャーも召喚できた。
    • これにより、バトルゾーンにクリーチャーが出ることはないが、召喚したことによって起こるイベントが発生することがあった。具体的には《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》の封印を外すことや【ケドケドベラドマイ】などのコンボがある。変更後は「クリーチャーをバトルゾーンに出せない」=「クリーチャー・カードを使用することができない」と定義された結果、召喚そのものが不発となる扱いになり、それらができない挙動となる。

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ジェイ-SHOCKER》の「Jトルネード」でコスト6のジョーカーズを手札に戻しました。次のターン、相手が《りんご娘はさんにんっ娘》を唱えた場合、効果で《スゴ腕プロジューサー》をバトルゾーンに出すことは出来ますか?
A.はい、バトルゾーンに出すことが出来ます。クリーチャーをバトルゾーンに出す際、ツインパクトカードであってもクリーチャー側のコストのみが参照されます。
引用元

Q.《ジェイ-SHOCKER》の「Jトルネード」でコスト2のジョーカーズを手札に戻しました。次のターン、相手は《卍 新世壊 卍》の下にコスト2の魔道具を持つ呪文を置くことが出来ますか?
A.はい、置くことが出来ます。カードの下にカードを置く行為は《ジェイ-SHOCKER》の能力で制限されません。
引用元

Q.相手の《ジェイ-SHOCKER》の効果で、自分はコスト4のクリーチャーをバトルゾーンに出せなくなっています。この状況で《暗黒鎧 ザロスト》の「自分のターンのはじめに」の能力を使えますか?
A.はい、使えます。ただし、シールドを墓地に置くことはできても、《暗黒鎧 ザロスト》をバトルゾーンに出すことはできません。
「そうしたら」とある能力の後半部分を行うことが禁止されていても、前半部分を行うことが禁止されていなければ、能力を使いはじめることはできます。
引用元

Q.相手の手札は3枚です。相手の《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》が攻撃し、自分のシールドを3枚ブレイクした際、自分は《終末の時計 ザ・クロック》《スパイラル・ゲート》の「S・トリガー」を宣言しました。先に《スパイラル・ゲート》を唱えて《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》を手札に戻してから《終末の時計 ザ・クロック》を召喚できますか?
A.はい、召喚できます。
引用元

Q.相手の手札は3枚です。相手の《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》が攻撃し、自分のシールドを3枚ブレイクした際、自分は《終末の時計 ザ・クロック》《ゴースト・タッチ》の「S・トリガー」を宣言しました。先に《ゴースト・タッチ》を唱え、相手の手札を1枚捨てさせてから《終末の時計 ザ・クロック》を召喚できますか?
A.はい、召喚できます。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》があり、相手は《封鎖の誓い 玄渦》が1体います。自分が墓地にいる《恒河沙 ベゴマ壊ン》の「ムゲンクライム」能力を使用する場合、《封鎖の誓い 玄渦》の能力でバトルゾーンに出すことはできませんが、コマンドを持つ闇のクリーチャーを召喚したことによって、封印を1つ外しますか?
A.はい、封印を外します。
引用元

Q.相手は《ジェイ-SHOCKER》のJトルネード能力でコストが7のジョーカーズ・クリーチャーを手札に戻しました。自分は、次の相手のターンのはじめまでコスト7のカードをバトルゾーンに出せませんが、コストが7の《ボルシャック・ドギラゴン》の「革命0トリガー」能力の宣言はできますか?
A.はい、宣言できます。山札の上から1枚目がコスト7以外の火の進化ではないクリーチャーだった場合、そのクリーチャーをバトルゾーンに出し、《ボルシャック・ドギラゴン》は手札に残ります。
引用元

Q.《検問の守り 輝羅》がバトルゾーンにいる状況で、自分のクリーチャーに封印は付きますか?
A.いいえ、付きません。バトルゾーンにあるカードの上に置くことは、カードを出すことです。
引用元

Q.《検問の守り 輝羅》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《時空工兵タイムチェンジャー》を使って、山札から進化クリーチャーの下にカードを重ねられますか?
Aはい、重ねられます。
カードの下にカードを置いても、そのカードはバトルゾーンに出たことになりません。ですので、《検問の守り 輝羅》がいても問題なく進化クリーチャーの下にカードを重ねられます。
引用元


[1] 2021年4月14日の裁定変更前は、バトルゾーンに出せなくても召喚コストを支払うことができたため、シールドゾーンに置くことができた。同変更により、バトルゾーンに出せないなら召喚コストを支払えないことになり、シールドゾーンに置くことはできなくなった。